カテゴリー「しごとにっき」の309件の記事

木製温室補修作業着手

171112onshitsuhosyu_02

 劣化の進んだ木製温室のリニューアル作業に着手。台風だ長雨だで延ばし延ばしになっていた。

171112onshitsuhosyu_04

 いきなりトンカンというところまでは至らず、たっぷりと木材に防腐剤を滲み込ませるところから。できるだけ木地の色を生かして仕上げていきたい。台風に負けない強靭な補強もしていくつもり。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長い会議の後はやっぱり

171110renrakukai_01

 ただでさえノートをチェックするのに時間を使うのに新横浜で長い缶詰状態に。金曜日はその後戸塚で仕事だったので移動の合間に雑務を済ませたりなんなりでバッタバタ。

171110renrakukai_03

 まあ当然、仕事が終わるとこうなるわけで・・・

171110renrakukai_04

 日本酒に合うチーズというのを頼んでみたら、台が油揚げをトーストしたものだった。これだけで食べても香ばしくて美味しい。

171110renrakukai_05

 あっ、地元のお酒。

171111syuden

 で、やっぱりこうなったcoldsweats01

 ま、今日は仕方ない。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛呂病(3/完)

171106moroyama_34

 自転車カバーもリニューアル。

171106moroyama_36

 外用ストッカーも重宝。今のところ仮に突っ込んでおいてある物も追々整理して処分していかなくては。

171106moroyama_40

 枯れ葉が舞い落ちると取り除くのが大変。ただ、冬場に大体分解されてしまうのは自然界の素晴らしいところ。

171106moroyama_44

 生活感が出てきた水周り。こちらの教室に出講する日があったらここから出勤するというのも乙。

171106moroyama_50

 冷蔵庫にはそれなりの備えあり。ひと仕事終えた後の一杯は、沁みる。

171106moroyama_52

 まだ6時にもなっていないのに真っ暗やん。前回取り付け位置を変更したソーラーLED灯は今度はきちっと点灯した。不在時の夜の守りを頼んだぞ。

 じゃ、また来るからね。

 おしまい

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛呂病(2)

171106moroyama_16

 外から見ると何かおかしいでしょう? 本当は外に面した窓のはずなのに、半分くらいが室内にめり込んでいる。当然、窓と壁の間にかなりの隙間があるわけで、以前は虫さんの出入り自由。道理で室内で蚊に刺されることが多かったわけだ。

 お化けこそ出ないけれどこの家には不思議な名残がたくさんある。七不思議くらいはこじつけなくても数えられそう。

171106moroyama_18

 とりあえずはこの一画をそれなりに仕上げてしまうのが本日の目標。木部の統一感を出すための結構地道というか地味な作業。

171106moroyama_20

 木目の壁紙はいずれこちらで広い面積を使うことになるため、ドアの縁は端材のようなのをチマチマ貼り付けることになる。

171106moroyama_22

 そうではあっても寄木細工風の仕上がりは結構気に入っている。何が奏効するかわからないね。

171106moroyama_24

 ビフォー&アフター。これで一応完成なんだけど、他が整うと以前弟が暫定的に作ってくれた窓と壁の風塞ぎが不細工に見えるようになってきた。

171106moroyama_26

 そこで、既存の素材を生かしつつ工作、工作! わくわくさんになったみたいだよ。

171106moroyama_28

 例の不思議な窓を開けたところ。左側は室内。右側はお外。真ん中の柱にしっかりと風塞ぎの素材がくっ付くようにするわけだ。

171106moroyama_30

 芯となる発泡スチロールのサイズを微調整してから、壁紙をカットしてそこに貼り付ける。お見事!とはいえないまでも、ここに詰め物あります、という感じではなくなったでしょ。

171106moroyama_32

 ただ、こんな作業が何かの役に立つのかい、と言われれば。結局は自己満足、そう、毛呂病だからというしかないんだね。

 つづく

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全ては肉のために

171103taikenjyugyou_02

 昨日、文化の日は昼過ぎから戸塚校で体験授業のイベント。良い天気になってよござんしたね。横浜駅は明治時代に開業後、休むことなく工事が続けられているんだそうだ。ガウディの「サグラダファミリア教会」と検索するとなぜか「横浜駅」が候補に挙がっているというのも頷ける。駅だけでなく、周辺のビルも作ったり壊したりとしょっちゅうがんすかやっているようだ。

171103taikenjyugyou_04

 少し早めに着いてシミュレーション。初対面の子どもたちと保護者の方を相手の授業なので緊張するわー

171103taikenjyugyou_06

 めでたくひと仕事終えて、スタッフの方を交えてお疲れ会。

171103taikenjyugyou_08

 肉と泡出のためにがんばったんだよなー

171103taikenjyugyou_10

 魚と日本酒も良いけれどたまにはお肉と泡出というのも甦る感じでいいな。

 美味しかった。ご馳走様でした。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3週間ぶりに毛呂山へ(4/完)

171030moroyama_60

 アプローチすっきりshine

171030moroyama_62

 謎の共有スペース(町有地?)の刈り込みも落ち葉掃きも概ね完了。

171030moroyama_66

 部屋の窓の向こうは外であり内でもある。こうしてみると建物の構造の奇妙奇天烈さが良くわかる。何故?と問うても答えられる人はもう誰もいない。

171030moroyama_68

 地味な作業だけど玄関内側の木部色調統一。素人仕事丸出しでも自分が満足できればそれで十分。

171030moroyama_70

 健気に点灯するソーラーライト。人の気配が漂えばそれでよし。

171030moroyama_72

 武州長瀬の駅に向かう小道。ドラマのセットみたい。寒さが身に沁みるよ。

171030moroyama_74

 久々に福順さんへ。電車の時間まで小腹を満たす。

171030moroyama_76

 本日のサービスメニューの麻婆豆腐。ちょうど良い辛さ。温まるなー。

 おしまい

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3週間ぶりに毛呂山へ(3)

171030moroyama_44

 濡れ落ち葉を掃き清めたものの、黒ずんでる。晴れ間が続くようになったら苔除去剤撒いてみるかな。

171030moroyama_48

 落ち葉が混じるとキャットヘッドガーデンも何だか薄汚いな。野趣といえば聞こえは良いが。それにしても日当たりが悪くて悲しくなるよ。隣地には陽射しがあるのに・・・

171030moroyama_50

 隣は蔓草が木に巻き付いて熱帯雨林化している。春、夏でわが世を謳歌した植物は、冬の寒さでいったん御破算になるのが当たり前だったのが、そうならなくなるんだとすれば・・・どうなるんだ?

171030moroyama_52

 外作業にひと区切り付けて室内の整理。キッチンぽい区画の隅の怪しげな吹き溜まりを片付けて最後のメタルラックを入れて再開発事業を進める。

171030moroyama_54

 味のある陶器が出てきた。文字面からすると戦前モノっぽいが陶器というのは見事な耐久性を持っているようで、洗うとほぼ新品の輝きを放つ。デザインも良い。蓋の縁がちょっとだけ欠けているのが惜しい。金継ぎでもするかな。昭和や平成の復刻版なんかだったらガッカリだけど。

171030moroyama_56

 新聞紙に大切そうに包まれたモノ。なんだこりゃ系。象用の櫛?のはずはない。以前やたらに象牙や鯨骨のヘラが出てきたことから考えると和裁の道具っぽいが用途は不明。

171030moroyama_58

 生活感出てきた。落ち着いたら何か煮て食おう。

 つづく

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3週間ぶりに毛呂山へ(2)

171030moroyama_24

 強風に枯れ葉がとっ散らかってるのかまとまっているのか良くわからないが建物が傾いでいるようなことはなくて良かった。

 ただ、3週間もお留守にすると蜘蛛が居住権を主張するので困る。隣地に100坪くらいの敷地を持つ広大な空き家があるんだから、巣を払ってそちらに引っ越してもらった。悪く思うなよ。

171030moroyama_26

 一応固まっているけど、雨水を吸ったばかりの枯れ葉って扱い難いんだよな。石に絡むととっても面倒。電気の定格も上げたことだし、ブロア買わんと。

171030moroyama_32

 最初は地味な仕事から。懐中電灯の電球をLED球に交換。白っぽい無機質な光になるのかなと思ったら、昔ながらの暖かい色だ。大袈裟かもしれないけれど、何だかたったこれだけの作業で時代に追い付いた感じ(どんな感じだよ)。

171030moroyama_34

 この3週間の間に確実に寒くなってきている。たしかに寒いや。

171030moroyama_36

 外に出せずに室内に放置したままのストッカー。今日はこいつを外に出す。

171030moroyama_38

 キャッツヘッドガーデンの検分へ。ありゃー、通路に雑草が伸びてる伸びてる。

171030moroyama_40

 わおっ、落ち葉の絨毯だ、なんてロマンチックなもんじゃない。ただ汚いだけだね。

171030moroyama_42

 でも、隣地との生垣の紅葉は素敵でしょう。さて、落ち葉を万札だと思って熊手で濡れ落ち葉を掻き取るぞ!

 つづく

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

続きを読む "3週間ぶりに毛呂山へ(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれやこれや作業(前編)

171008moroyama_03

 毛呂山へは仕事に行くんじゃない。そう、別荘に静養に行くのさなどと自分に言い聞かせても無駄なことはわかっている。

 とにかく休みは毛呂山へ。片付けておかないと気がすまないからというのだ動機なんだろう。広い意味では神経症なんだろうけど、このお蔭で下手をすれば野放図に流れがちな自分の本性がコントロールされて曲がりなりにも社会生活を送れているのだと思うとなんとも複雑だ。あきる野ICから圏央道に乗る前、飛行機のパイロットになった気分が一瞬味わえる。

171008moroyama_05

 前回は壁紙が足りなくなって中途半端になった箇所。

171008moroyama_07

 まず壁面を済ませる。まあまあかな。

171008moroyama_09

 腰板があまりにも無骨な感じなので木目の壁紙を貼っていく。おー、安い居酒屋の小上がりみたいになってきたじゃん♪ それにしても犬の出てこない犬ブログに成り果ててきたな~

171008moroyama_13

 これなら納戸でなくって書斎として使えそうだね。ここでホッとしている暇はなく、まだまだやんなきゃならないことがある。

 つづく

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

続きを読む "あれやこれや作業(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高麗川マロンを手に入れて(4/完)

171002moroyama_46

 プレーンホワイトも悪くはないんだけど、もうちょっと卵色がかったアイボリーホワイトといった色調の壁紙があればもっとしっくりいったのかもしれないな。

171002moroyama_48

 納戸スペースから見た毛呂山荘。

171002moroyama_50

 こんなちっぽけなスペースなのに、思いの外壁紙の消費量が多くてあと1本必要・・・。うーん、自分の見込みが甘かったのはわかるけれど中途半端だ。

171002moroyama_52

 今回はおまけの作業がもう一つ。それはメタルラックの前に立てかけてあるブラインドで納戸スペースを目隠しするというお仕事。

171002moroyama_54

 目隠しにはなったものの納戸の照明だけが付くと臓物が見えてしまう・・・

171002moroyama_60

 いやだよ、雨が降ってきたよ。湿度が高いねー。

171002moroyama_62

 家に帰らずとも追加資材の発注ができるようになったのはありがたいこと。

171002moroyama_64

 納戸スペースの目隠し一つでずいぶんゴチャゴチャ感がなくなったでしょう。

 じゃ、真っ暗になったので帰ります。

 おしまい

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧