« 出鼻を挫かれるも(2/完) | トップページ | ちょっと入ってみたくもある »

補修のための見立て

171205kaijyo_01

 10月下旬の台風シーズンからミイラ状態だった木製温室のビニールカバーを取り除く。

171205kaijyo_03

 漸く気候が安定してきたので補修、というよりも更新作業にかかれそう。

171205kaijyo_05

 すでに天板は腐食が進んでいてアクリル板も紫外線の曝露により割れが生じている。

171205kaijyo_07

 正面扉部もささくれているし塗装も剥げて傷みが激しい。

171205kaijyo_09

 そして割れたガラス。

 毛呂山荘の特殊清掃を思えば何のこともないけれど、木工作業の知識や経験が乏しいので具体的な作業手順を決めかねている。

 納期はないので、まずは手を付けることから、かな。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 出鼻を挫かれるも(2/完) | トップページ | ちょっと入ってみたくもある »

MONOにっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/66114546

この記事へのトラックバック一覧です: 補修のための見立て:

« 出鼻を挫かれるも(2/完) | トップページ | ちょっと入ってみたくもある »