« スキマ時間のスキマ作業 | トップページ | 下地作成完了! »

毛呂山荘までの歩き方

171223moroyama_02

 毛呂山荘に行きたくなったらこんな感じで歩くと着きます。

 まずは、高麗川駅から埼玉医大行きの国際興業のバスに乗りましょう。

171223moroyama_04

 のどかな里山地帯を走ります。毛呂山は山が間近に見えてきれいなところです。

171223moroyama_06

 毛呂山総合公園バス停で下りてしばらく歩くとこんなセンリョウだかマンリョウだかの実(ナンテンの実だそうです/Mishellさんありがとうございます)が目立つ家があります。

171223moroyama_08

 しつこく「この先 行止まり」といういかにも不審臭のする看板が出て来るので、その行き止まりの方に歩いていきます。なんと向こうから車が抜けてきましたね。

171223moroyama_10

 まっすぐ行くと行き止まりですが、ここをパスすると難なく県道バイパスに出るんですよ。とんち一休さんみたいな人が設けた私道なんでしょうが知っていると便利な道です。人や犬ならそもそもこの程度では行き止まりにはなりませんけどね。

171223moroyama_12

 信号のないバイパスを跳ね飛ばされないように横断してからローソンの先を右に折れ、頼りない橋を渡ります。この下に単線の八高線が関東平野を突っ切るがごとく真っ直ぐ走っています。

171223moroyama_16

 西洋の画家が描いたような果物のなった木があります。やや不気味ですね。この道をずんずん歩きましょう。

171223moroyama_18

 右に小高くなっている武蔵野霊園を遠望して、左にバナナハウスを通り越し、のんびり歩くといつのまにか武州長瀬の駅裏に出てくるのでした。毛呂山は随所に墓場がありますが、白夏のいた辺りでもお墓は在所のすぐ近くのあるのが普通のようです。もう慣れました。

 生活道路から交通量の多い道にいきなり出るので危険です。気をつけてね。このままチロルというパン屋さん脇の踏み切りを渡って毛呂山荘に行くのが一番の近道なんですが、ちょっと武州長瀬の市街へ出てみましょう。へぇ、ドッグカフェがあるんだ。毎日が発見DAYです。

171223moroyama_20

 武州長瀬のヤオコー(埼玉ではメジャーです)で、食糧を調達します。切れてるチーズがなまら安かったので、2個買いましたよ。4個買っても良かったと後悔。

171223moroyama_22

 裏手の細道から今日は入ってみましょう。ほら、毛呂山荘が見えてきましたよ。

 着いたらすぐ汚れ仕事です。いやんなっちゃいますね。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« スキマ時間のスキマ作業 | トップページ | 下地作成完了! »

くらしにっき/つれづれにっき」カテゴリの記事

コメント

関東でも、こんなにのどかな所があるんですね~

怪しげな果物は、もしかすると花梨かも。
なんとなく、葉の落ち具合とか枝がそんな感じがするんです。

あと、赤い実は、たぶん南天かと思います。

南天は、鳥さんが好きなので、我が家も植えてますが、
難を転じる、ということからよく鬼門に植えられるそうです。

南天は良く見かけますが、花梨は、めずらしいですよね~高木になるので、最近は見かけることがないんです。

投稿: Mishell | 2017年12月26日 (火) 01時13分

>Mishellさん

関東といっても、東京都区内以外は結構こういうところ多いです。相模原なんかも車で20分くらい走るとのーんびりとした農村地帯です。

花梨って、木材がすごく高級なんですよね。あー、こんなふうに生えているんだ。あと、南天についての情報ありがとうございます。本文を訂正しておきました。すごい迫力ですね。あの、南天のど飴の南天かー。

花梨酒というのも聞いたことがあります。もう少し見映えが良ければ小さな庭でも植える人が多いのでしょうね。

投稿: これみつ | 2017年12月26日 (火) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/66175903

この記事へのトラックバック一覧です: 毛呂山荘までの歩き方:

« スキマ時間のスキマ作業 | トップページ | 下地作成完了! »