« 2017年10月 | トップページ

毛呂山のお片付けを振り返って

131118moroyama_25

 どうしようもない状態だった毛呂山のお片付けに本格的に着手してはや4年。

 今、こうして当時の写真を見ると、廃墟?っていうと廃墟って答える、そんな感じだ。実際、中身をさっさと空にしてご近所さんの迷惑にならないように(防犯上の問題もあり)更地にしてしまおうというのが当初の考えだった。

131118moroyama_11

 当時の写真を見ると、ありゃまーって感じでもう2度と同じことはいたしたくない。

131118moroyama_13

 お化け屋敷、いやお化けも棲みつこうとは思わないゴミ屋敷というかそもそも屋敷じゃないし。これでも玄関先に人が入れるようになった状態で、玄関のドアを開けるといきなり段ボールの壁に阻まれたところからのスタートだったな。

131118moroyama_15

 ご丁寧にビニール紐の掛けられた段ボールの中身は95パーセントの確率で「ごみ」。もっと凄まじいところもあるんだけど、流石に「※閲覧注意」なんていう恐怖モノのブログではないので公開できない。恥ずかしい。

 掃除や片付けという範疇を超えて、どちらかといえばプロにお頼みするのが筋の特殊清掃の領域だったけれど、呆れるくらいよくやったわと思う。まずその達成感が一番のご褒美だろう。他に500円玉のギッシリ詰まった貯金箱とか。

 いつもこの門前に立つといつも意気消沈。そこから気力を搾り出し、脚の多い虫に出会わないことだけを祈り、感情を殺して黙々と・・・。作業を終えて家に帰ってシャワーを浴びるまでがどうにも気持ち悪かった。いったいいつ頃から建物を残そうなどと酔狂なことを考えるようになったのだろう。

171119diary

 ただ、これまた不思議なもので、不毛な作業をしていたお蔭で高祖父や曽祖父に関わる記録に巡り会うことができた。

 10月10日にNHKのプロデューサーの方が見えて(最初新手の詐欺かなーと)、再来年の大河ドラマ「いだてん」で、主人公である金栗四三の指導者だった曽祖父(古舘寛治さんが演じてくれます)が出るので関係資料やエピソードなどご協力いただきたいとのお申し出を受けた。ちょうど曽祖父関連の資料を整理した直後だったので、曽祖父が大河に出るということ以上に不思議な気持ちになったものだ。

 不毛のような作業の裏にもきっといいことってあるんだな。よかった

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メタボ卒業だぜ

171118kenkoushindan_02

 新横浜まで健康診断へ。

171118kenkoushindan_04

 「福」「蔵」という友サモの名前は何もしないでも目がつかまえてくれる。だからお菓子売り場なんか、とくに飴が並んでいる棚なんて大変。

171118kenkoushindan_06

 腹囲なんてどれくらい根拠があるのかわからないけれど、以前90cmくらいあったのが82.5cmになっていた。基準は85cmだそうなので、これでもうメタボではないんだ・・・。それほど実感はなかったけれど、頑固な内臓脂肪が減ってきたのかなと少し気持ちが前向きになった。

171118kenkoushindan_08

 朝も寒かった。今も寒い。もう季節は冬なんだなー。

171118kenkoushindan_10

 一年の納めだね。まだ全然年賀状の用意してないや。犬の去ぬ戌年の侘しきこと。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木製温室補修作業着手

171112onshitsuhosyu_02

 劣化の進んだ木製温室のリニューアル作業に着手。台風だ長雨だで延ばし延ばしになっていた。

171112onshitsuhosyu_04

 いきなりトンカンというところまでは至らず、たっぷりと木材に防腐剤を滲み込ませるところから。できるだけ木地の色を生かして仕上げていきたい。台風に負けない強靭な補強もしていくつもり。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい雲だな

171116cloud

 サモエドっぽい形はまったくしていないんだけど、優しくて温かい、見ているだけで元気をくれるような雲が空にぽっかり浮かんでいた。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮いてません?

171114cotocoto

 22日のオープンを控えてワインと惣菜のお店がだんだん仕上がってきた。土地&建物の価格よりも改装費の方が上回っている感じ。やる気満々だなー

 こうなってくると隣のスナックやインド料理屋さんも負けないようにリニューアルして欲しいな。

 ご近所さんに割引券とか配るのかな、なんてさもしく期待してしまうよ。くれたらもちろんん、くれなくったって応援するからね。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃちゃちゃっと

171113moroyama_02

 ちょっと迷って着いたのが毛呂山の蔵元、麻原酒造の経営するブリュワリー。

171113moroyama_04

 カウンターにはもろ丸くん。

171113moroyama_06

 平日の訪問とあって客は自分たちだけ。日本酒とワイン、ビールを買う。どんなもんかな。家に帰ってからのお楽しみ。

171113moroyama_08

 毛呂山荘に到着。やっとこさ物置の中を気にするくらいの余裕が出てきた。しかし長かったなー

171113moroyama_10

 弟がキャットヘッドガーデンを整備してくれた。荒れ果てた感じが漸く消えた。

171113moroyama_12

 貴族の森へ。

171113moroyama_14

 抹茶パフェも定番。

171113moroyama_16

 明るいうちにささっと帰る。

171113moroyama_18

 ニッキと小太郎の家に着いた。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偶然が呼んだサモエドとの出逢い

171113samoyeds

 今日の毛呂山作業は珍しく弟が手伝ってくれた。

 自分が車で先行して、他の用事を済ませた弟が東武東上線経由で来ることになっていた。が、朝霞台駅での人身事故があって、八高線回りで来ることに。

 そんなわけで、当初迎えに行く予定だった駅ではなく、八高線の毛呂駅に30分ほど遅れて到着することになった。

 予定が変わったため、本当は毛呂山での作業を終えてから立ち寄る予定だった麻原酒造のブリュワリーに最初に行くことに。

 ところが、しっかりと場所を調べていなかったため(酒造のあるところとショップであるブリュワリーは別の施設)、明後日の方向に向かってしまった。

 どうもこっちじゃないよなー、と引き返したところ、弟が「あっ、サモエド!」と声を上げる。

 と、そうなれば、何を置いてもサモエド追跡でしょう! 道の途中で行ったり来たり、何をしているんだろうと思いながらも細い道を入っていったら、お散歩を終えてまさにお家に戻ってきた飼い主さんとサモエドを発見!!  車窓から飼い主さんとサモエド談義。栃木のH家出身のサモちゃんとのことだった。

 あの聞きなれた階調の声で、バウバウと吠えてもらう。なんなんだこの愛らしさは。あー、サモエドスマイル♪ サモエドとの白い糸は今もなお繋がってたんだなー。

 もちろん、この後、弟の飲みたい分だけお酒を買ってあげましたさ。ありがとう偶然。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっさんネコのおっさん座り

171112ossanzuwari

 茶次郎のオッサン座り。もうまんまの雰囲気で違和感なさ過ぎ。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

長い会議の後はやっぱり

171110renrakukai_01

 ただでさえノートをチェックするのに時間を使うのに新横浜で長い缶詰状態に。金曜日はその後戸塚で仕事だったので移動の合間に雑務を済ませたりなんなりでバッタバタ。

171110renrakukai_03

 まあ当然、仕事が終わるとこうなるわけで・・・

171110renrakukai_04

 日本酒に合うチーズというのを頼んでみたら、台が油揚げをトーストしたものだった。これだけで食べても香ばしくて美味しい。

171110renrakukai_05

 あっ、地元のお酒。

171111syuden

 で、やっぱりこうなったcoldsweats01

 ま、今日は仕方ない。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地味ながら秋の装い

171112kouyou

 澄んだ青空を背景に赤、濃緑、黄緑、そして僅かな黄金色。地味だけど、もうこれだけで十分のご馳走。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凝ってるなー

171009shop

 居抜きのまま、ちょこちょこっと店構えを手直しして営業している並びの店の中で、この気合いの入れよう。外からちょいと覗いただけだけど、「ほぼ改装」といえるレベルの内装工事もほぼ終わったようだ。22日のオープンがちょっと楽しみ。もしかすると入り浸りになるかもしれない予感。

 ついでにこちらのリフォーム業者さんにも我が家のメンテをお願いするつもり。良い仕事って意外なところで見られてるもんだよなー。自分もしゃんとしないと。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛呂病(3/完)

171106moroyama_34

 自転車カバーもリニューアル。

171106moroyama_36

 外用ストッカーも重宝。今のところ仮に突っ込んでおいてある物も追々整理して処分していかなくては。

171106moroyama_40

 枯れ葉が舞い落ちると取り除くのが大変。ただ、冬場に大体分解されてしまうのは自然界の素晴らしいところ。

171106moroyama_44

 生活感が出てきた水周り。こちらの教室に出講する日があったらここから出勤するというのも乙。

171106moroyama_50

 冷蔵庫にはそれなりの備えあり。ひと仕事終えた後の一杯は、沁みる。

171106moroyama_52

 まだ6時にもなっていないのに真っ暗やん。前回取り付け位置を変更したソーラーLED灯は今度はきちっと点灯した。不在時の夜の守りを頼んだぞ。

 じゃ、また来るからね。

 おしまい

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛呂病(2)

171106moroyama_16

 外から見ると何かおかしいでしょう? 本当は外に面した窓のはずなのに、半分くらいが室内にめり込んでいる。当然、窓と壁の間にかなりの隙間があるわけで、以前は虫さんの出入り自由。道理で室内で蚊に刺されることが多かったわけだ。

 お化けこそ出ないけれどこの家には不思議な名残がたくさんある。七不思議くらいはこじつけなくても数えられそう。

171106moroyama_18

 とりあえずはこの一画をそれなりに仕上げてしまうのが本日の目標。木部の統一感を出すための結構地道というか地味な作業。

171106moroyama_20

 木目の壁紙はいずれこちらで広い面積を使うことになるため、ドアの縁は端材のようなのをチマチマ貼り付けることになる。

171106moroyama_22

 そうではあっても寄木細工風の仕上がりは結構気に入っている。何が奏効するかわからないね。

171106moroyama_24

 ビフォー&アフター。これで一応完成なんだけど、他が整うと以前弟が暫定的に作ってくれた窓と壁の風塞ぎが不細工に見えるようになってきた。

171106moroyama_26

 そこで、既存の素材を生かしつつ工作、工作! わくわくさんになったみたいだよ。

171106moroyama_28

 例の不思議な窓を開けたところ。左側は室内。右側はお外。真ん中の柱にしっかりと風塞ぎの素材がくっ付くようにするわけだ。

171106moroyama_30

 芯となる発泡スチロールのサイズを微調整してから、壁紙をカットしてそこに貼り付ける。お見事!とはいえないまでも、ここに詰め物あります、という感じではなくなったでしょ。

171106moroyama_32

 ただ、こんな作業が何かの役に立つのかい、と言われれば。結局は自己満足、そう、毛呂病だからというしかないんだね。

 つづく

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛呂病(1)

171106moroyama_02

 タイトルに「もろやま」と打ち込もうとしたら、指が滑って「毛呂病」となってしまった。なるほど、仕事が休みの日だというにわざわざ満員電車に乗ってはるばる2時間以上かけての移動はなかなか酔狂だ。言い得て妙だななどと感心して、タイトルをそのまま残すことにした。

171106moroyama_04

 きっと何も知らない人が聞いたらば、ああ、あそこ(毛呂)には埼玉医大がありますからね(埼玉県には国立大学の医学部がない)。きっとどこかお悪いんでしょう、などと考えるかもしれない。

171106moroyama_06

 そんなことないのにねー

 あ、ペコちゃん七五三。ペコちゃん、衣装持ちだよなー

171106moroyama_08

 毛呂山荘の前の通り。経師屋さんが障子を干している。和紙の白にお日さまが当たる。ほっこりして良いね。

171106moroyama_10

 小腹が空いたら食べるんだ。白飯とふりかけ、あとはウニのアルコール漬けなんかがあれば、あー、一杯やりたくなるじゃん。

171106moroyama_12

 車道は行き止まりになっていても人道は向こうの道に繋がっている。夏みかんの実が生ってたけどまだ青い。

171106moroyama_14

 日当たり次第でこんなにも明度が違うんだね。毛呂山荘は路地の一番奥まったところなので、暗いったらありゃしない。もともと大叔母たちが人目に付き難い場所を選んだのが理由らしいが、大人の隠れんぼじゃないんだから。そもそも袋小路だったら逃げるに逃げられないだろうに・・・

 つづく

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は外出せずに

171105fukkyu_02

 毛呂山に行くには好い天候なんだけど、車で行くにしても電車で行くにしても、トランプ来日の煽りを受けそうなので今日は止しにして台風備えのままの屋上を原状回復する作業に当てることにした。

171105fukkyu_04

 現場監督猫の茶次郎。こちらが作業に入ったらさっさと室内に入っていった。

171105fukkyu_08

 原状回復だけでなく、冬に備えて早めに屋上の大掃除もしておく。寒くなってからだとキツいからねー

171105fukkyu_10

 露天風呂のあるブロックも徹底的に磨き上げる。

171105fukkyu_12

 枯れ葉、泥、これらはいったいどこから飛来するんだろうね。晩秋は寒さが増して不快害虫が少なくなるのが嬉しい。

171105fukkyu_14

 チロルの湯♪ これでまたいつでも入れるな。

171105fukkyu_16

 スッキリしたなー。

171105fukkyu_18

 これで来年の春までは大掛かりな掃除をしなくても済みそうだ。ただ、デッキ部分の脚部の腐りや露天風呂の覆い板の剥がれなどが生じているので、折りを見て日曜大工に精を出さなくては。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全ては肉のために

171103taikenjyugyou_02

 昨日、文化の日は昼過ぎから戸塚校で体験授業のイベント。良い天気になってよござんしたね。横浜駅は明治時代に開業後、休むことなく工事が続けられているんだそうだ。ガウディの「サグラダファミリア教会」と検索するとなぜか「横浜駅」が候補に挙がっているというのも頷ける。駅だけでなく、周辺のビルも作ったり壊したりとしょっちゅうがんすかやっているようだ。

171103taikenjyugyou_04

 少し早めに着いてシミュレーション。初対面の子どもたちと保護者の方を相手の授業なので緊張するわー

171103taikenjyugyou_06

 めでたくひと仕事終えて、スタッフの方を交えてお疲れ会。

171103taikenjyugyou_08

 肉と泡出のためにがんばったんだよなー

171103taikenjyugyou_10

 魚と日本酒も良いけれどたまにはお肉と泡出というのも甦る感じでいいな。

 美味しかった。ご馳走様でした。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みよの爪痕もレタッチ

171102kabegamihosyu_02

 いずれ壁紙を張り替える時までガマンするかとあきらめていた寝室のみよの引っ掻き傷だったが、ホワイト木目調のシールタイプ壁紙が結構スマートに馴染んだのでここもやっつけてしまうことにした。

171102kabegamihosyu_04

 ツルツルしててもう引っ掻けにゃいにゃ~(へへへ、ざまぁ!bleah

 爪は爪研ぎで研ごうな。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3週間ぶりに毛呂山へ(4/完)

171030moroyama_60

 アプローチすっきりshine

171030moroyama_62

 謎の共有スペース(町有地?)の刈り込みも落ち葉掃きも概ね完了。

171030moroyama_66

 部屋の窓の向こうは外であり内でもある。こうしてみると建物の構造の奇妙奇天烈さが良くわかる。何故?と問うても答えられる人はもう誰もいない。

171030moroyama_68

 地味な作業だけど玄関内側の木部色調統一。素人仕事丸出しでも自分が満足できればそれで十分。

171030moroyama_70

 健気に点灯するソーラーライト。人の気配が漂えばそれでよし。

171030moroyama_72

 武州長瀬の駅に向かう小道。ドラマのセットみたい。寒さが身に沁みるよ。

171030moroyama_74

 久々に福順さんへ。電車の時間まで小腹を満たす。

171030moroyama_76

 本日のサービスメニューの麻婆豆腐。ちょうど良い辛さ。温まるなー。

 おしまい

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3週間ぶりに毛呂山へ(3)

171030moroyama_44

 濡れ落ち葉を掃き清めたものの、黒ずんでる。晴れ間が続くようになったら苔除去剤撒いてみるかな。

171030moroyama_48

 落ち葉が混じるとキャットヘッドガーデンも何だか薄汚いな。野趣といえば聞こえは良いが。それにしても日当たりが悪くて悲しくなるよ。隣地には陽射しがあるのに・・・

171030moroyama_50

 隣は蔓草が木に巻き付いて熱帯雨林化している。春、夏でわが世を謳歌した植物は、冬の寒さでいったん御破算になるのが当たり前だったのが、そうならなくなるんだとすれば・・・どうなるんだ?

171030moroyama_52

 外作業にひと区切り付けて室内の整理。キッチンぽい区画の隅の怪しげな吹き溜まりを片付けて最後のメタルラックを入れて再開発事業を進める。

171030moroyama_54

 味のある陶器が出てきた。文字面からすると戦前モノっぽいが陶器というのは見事な耐久性を持っているようで、洗うとほぼ新品の輝きを放つ。デザインも良い。蓋の縁がちょっとだけ欠けているのが惜しい。金継ぎでもするかな。昭和や平成の復刻版なんかだったらガッカリだけど。

171030moroyama_56

 新聞紙に大切そうに包まれたモノ。なんだこりゃ系。象用の櫛?のはずはない。以前やたらに象牙や鯨骨のヘラが出てきたことから考えると和裁の道具っぽいが用途は不明。

171030moroyama_58

 生活感出てきた。落ち着いたら何か煮て食おう。

 つづく

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ