« 高麗川マロンを手に入れて(1) | トップページ | サボお疲れ様! »

高麗川マロンを手に入れて(2)

171002moroyama_14

 高麗川マロンを手に入れたまでは良いものの、八高線も国際興業バスも、便が少ないため、接続が悪いと大幅に到着が遅れることになる。それで、Yahoo!マップのナビを頼りに、最寄のバス停まで歩くことにした。

171002moroyama_16

 こういう時に限って時間に余裕がないんだよなー。次回はここで大幅に時間調整をするっていう手もあるね。

171002moroyama_18

 まあまあの時間に着けたかな。

171002moroyama_20

 飲んでけー、飲んでけーという誘いに見えて仕方ない。

171002moroyama_22

 今回は、ナビの推奨する徒歩コースを辿ってみることにした。乗車したバス停からそれほどの距離がなかったので、もしかしたらあのまま歩いても良かったのかも。

171002moroyama_24

 おー、なんとも寂びた味わいの橋であることよ。

171002moroyama_26

 ふーん、川かと思ったら八高線の真上を渡るんだね。どひゅーんと真っ直ぐだ。

171002moroyama_28

 昭和の時間のまま止まっているお店。昔はきっとアイスなんかを買いに来る子どもたちで賑わったんだろうねー

171002moroyama_30

 こちらのお家は、バナナを育てていて大きくなり過ぎて、伐るのに忍びなくついにバナナのための家まで作ってあげたんじゃないかな。きっとバナナもたわわに実って恩返しを続けているに違いない。心豊かな生活だよね。

171002moroyama_32

 ナビの徒歩コースの案内はなかなかにマニアックでござる。車が通行止めのところでもガシガシ案内してくれる。結構理に適った近道で、天候次第で高麗川駅から歩いても良いかなとさえ思える。高麗川を中心とする日高市が散歩の生地と言われるのも、交通事情の良くないことの裏返しなのかもしれないな。

 つづく

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 高麗川マロンを手に入れて(1) | トップページ | サボお疲れ様! »

くらしにっき/つれづれにっき」カテゴリの記事

コメント

うちの近所の生涯学習館という公共の施設の敷地にグラウンドがあって、その脇に7本ほどバナナが植えてあります。
でも、全く囲うこともなく、完全に外に、単なる植木状態で植えてあるので、毎年花も咲いてちびバナナがなるんですが、熟す前に日本は涼しい秋になり寒い冬になるので、ちびバナナが枯れて終わるという。。(笑)
その施設のある職員の方は「窓から外を見て、わ〜バナナがあるんだ〜!って楽しみにしていたのに、日本は寒いから熟さないんですよね〜。着任して一年目は、とっても悲しかったわ。」と仰ってました。
このお写真のお宅のようにしないと、絶対無理ですよね、日本だから。(笑)

投稿: みずほちん。 | 2017年10月 3日 (火) 20時55分

>みずほちん。さん

いずれ温暖化で生涯学習間のバナナの実もたわわに実りますよ、というのはいかにもブラックですが、枯れないでくれていることは救いですね。バナナの葉っぱは洗えば食器や包装紙になるみたいですので、何か役立てて欲しいですね。

それにしてもこのご家庭のバナナ愛には感動しました。きっとちょっと深刻な家族会議なんかがあって、思いの深いバナナを伐るのはカワイソウだ。でも、温室を作るとなると、家を新築するのと・・・、じゃあ、私、知り合いの工務店さんに頼んでみるわ、なんていうドラマがあったんじゃないかなー、なんてバナナの保護をメインに据えた小説が作れそうです。

母ネコ捕まえて無事に手術まで漕ぎ付け、一晩獣医さんの所で過ごして今日解放したんですが、バナナもきっと大切な家族なんでしょうね。このバナナ家に良いことあるようにと思わず応援しちゃいます。

投稿: これみつ | 2017年10月 3日 (火) 22時37分

そうですね、温暖化でもしかしたら。。。
バナナって本当にすくすく育つので、そのお家では、どんどん上に囲いを増築していったのかもしれませんね。
でもそもそもどこからバナナの苗を。。という疑問も。(笑)

サボ、無事手術終わったのですね。
お疲れ様でした。
8年効果があるワクチンがあるんですね。
初耳です。
うちの区は、地域猫の取り組みの先駆だそうで、ボランティアさんの活動には頭が下がります。
耳がVカット(去勢・避妊手術後の証)の猫達がうちの近所に沢山。
私も地域猫の取り組みの会合に参加したことがありますが、地域の問題として、個々でも意識しないといけないと感じます。

サボはまた毎日ご飯を食べに来るのでしょうね。
これからは安心して見守れますね。

投稿: みずほちん。 | 2017年10月 3日 (火) 22時54分

>みずほちん。さん

台風の時なんか、ちょっとドキドキするでしょうね。ただ、見た感じ日曜大工の域を超えているので大丈夫なんでしょう。バナナって実生じゃないですよね。傷んでいるバナナをお庭にポイって捨てたら、にょきにょきじゃあ確かに伐れなくなりそうですけれど。

今回は、サボを他の方が保護しようとして手荒に扱うといけないので、耳をVカットしたようです。子ネコたちはこの後里親さんになってもらう都合もあるので耳はそのままにしました。

サボがまた愛くるしい子ネコを産んで、でも、その子ネコのことで思い切り悩む、という連鎖も一応これで断ち切れました。

応援ありがとうございました!

投稿: これみつ | 2017年10月 3日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/65866386

この記事へのトラックバック一覧です: 高麗川マロンを手に入れて(2):

« 高麗川マロンを手に入れて(1) | トップページ | サボお疲れ様! »