« 台風備え厳に | トップページ | 不如意 »

風よりも雨が凄かった

171023taifuikka_02

 ※サークルの肋骨が倒れているのは、実際の台風の被害だけど、ガーデンチェアがひっくり返っているのは、前日の台風備えのためのもので演出ではありません(笑)

 かなり念入りに準備したといっても屋上にあれこれ置いてあると何があるかわからない。「超大型で強い」台風21号の進路を、気象庁、JTWC、天気.jp、ウェザーネットなどを巡回しながら昨日からほとんど寝ずに追っかけていた。

 関東直撃の予想進路が外れるか、急に勢力が衰えたとかといった情報に期待するも、勢力を維持したままで、しかも我が家の真上辺りをわざわざ狙って通過するような進路に収束していくのを見ながらドキドキしていた。

171023taifuikka_04

 気を紛らわすため、天気.jpのアメダスのリアルタイム降雨量や風力のランキングを見ていたら、台風の上陸した後、風が強いのは台風の外縁にあたる伊豆諸島、千葉県や福井県辺りというのが意外だった。台風が来るといつも勝浦や館山は風速30メートルくらいなっている。上陸地点である御前崎や再上陸した沼津周辺は、風速10~15メートルとさほどでもない。

 もどかしかったのが自分の住んでいる地点にもアメダスはあるのに、そこで測れるのは降雨量だけ。風力については海老名か府中のデータを参照する他はないのだが、降雨量は一時日本全国で第2位になったのにはびっくり。

 けたたましいエリアメールが昨日の夕方から何度もスマホや携帯に入ってきたが、決して大袈裟でもお役所の責任回避でもなかったようだ。

 外倉庫代わりのバリケンの押さえにしてあるプラ船に少しだけ水を張ってその後出しっ放しにしておいたら天水が後は賄ってくれた。

171023taifuikka_06

 台風一過の秋の空、日本晴れとはならなかったけれど、台風の尻尾のような雲はなかなか雄渾で魅力的だ。超大型のサモエドのくるんと丸まった尻尾の一部だと思うと尚更。

 この区画も当初から風に引っくり返された状態にして飛散を防いでいる。

171023taifuikka_08

 かつて白夏が暮らしていた鳥屋の方を見ると丹沢が神々しく緑に輝いていた。木々の一本一本まで見分けられるよう。

171023taifuikka_10

 細かい物は取りあえず水の中にぶっこんで置くという沈水法も長い間に習得した台風備えのワザの一つ。

 本当は、屋上には必要最小限の物しか置かないというのが安全であり正解であるということはわかっているんだけどなかなかね。

 木部の傷みを直したり不用品を処分したりして来シーズンまでに着々と強靭化するようにがんばっていこうとは思っている。台風情報でドキドキするのは心臓に良くない。

 石庭の子ネコたちは無事なのでご安心。母ネコサボもどこかで難を避けているだろう。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 台風備え厳に | トップページ | 不如意 »

くらしにっき/つれづれにっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/65935335

この記事へのトラックバック一覧です: 風よりも雨が凄かった:

« 台風備え厳に | トップページ | 不如意 »