« 毛呂山秋日和(2) | トップページ | 毛呂山秋日和(4/完) »

毛呂山秋日和(3)

170903moroyama_34

 ここで止めてしまうのが正解なのか、とにかくいったん貼り付けてしまうのが正解なのか・・・

 えーい、行っちゃえ!

170903moroyama_36

 うーん、この状態からだと地ベラ使ってもうまくスイッチカバーの輪郭を切り抜けなさそうだ。

170903moroyama_38

 精一杯やってみたけど上手く切り抜けなかったー。なんか汚な!

 正解は、このプラのパーツもネジで外してフラットな状態にしてしまってから壁紙を貼り付ける。そしてカバーで目隠しされる穴の部分だけざっくりとカッターで穴を空ける、その後プラのパーツをくっ付けてカバーを嵌める、だったようだ。しくじった。

 後から思うと何でこんな簡単なことが思い付かなかったんだろうといったことばかり。俺ってバカだなーと心底思う。

170903moroyama_42

 仕方ない、次善の策で凌ごう。カバーを定規のようにして中をくり抜いたパッチを作る。

170903moroyama_44

 カバーの周囲にいかにも「パッチ貼りました」のスジが見えてしまうので、近影は載せないけど遠目にはわからないくらいのボロ隠しはできたと思う。またいつかチャンスがあったらびしっと貼り直すさ。

 まあなんやかやあったけれど、取りあえず毛呂山荘南側居住スペースの壁紙貼りはひと区切り付けることができたよ。白に紺のコントラストはほぼ予定していた通りで満足。今日は壁貼りはここまで、次回の壁貼りの予定は複雑に板が入り組み重なっている玄関の部。

 つづく

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 毛呂山秋日和(2) | トップページ | 毛呂山秋日和(4/完) »

しごとにっき」カテゴリの記事

コメント

これみつさんのお気持ち、凄くよくわかります。
私も同じくです。
多分、私の方がその頻度は多いです。
発想は色々と思いつくのに、いざやってみると詰めが甘いというか、行き当たりばったりというか、後から思えばもっとここをしっかり測ってからやればよかったとか、面倒がらずにこれをやってから次の行程に進むべきだったとか、そんなことがしょっちゅうです。
私の場合こんな感じなので、“ザ・素人”の仕上がりのものが、家に沢山あります。(笑)

投稿: みずほちん。 | 2017年9月 7日 (木) 00時01分

>みずほちん。さん

ちょっと慣れてくると、まあなんとかなるだろうという見込みの甘さも出てきちゃいまして、作業の綿密さがなくなってくるみたいです。とくにここだけ貼ればお終いじゃん、という時には何か大切なこと端折っちゃうんですねー。

でもプロの人たちが仕事をしてお金を貰える理由というのも痛いくらいわかります。仕上がりのきれいさの裏には比較にならないくらいの努力と気迫があるうのでしょうね。

投稿: これみつ | 2017年9月 7日 (木) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/65738806

この記事へのトラックバック一覧です: 毛呂山秋日和(3):

« 毛呂山秋日和(2) | トップページ | 毛呂山秋日和(4/完) »