« 小太郎お疲れさま そしてありがとう | トップページ | 栗は食べたし栗はなし(1) »

小太郎 白夏の傍で

170924kotarouoyasumi

 小太郎、白夏の近くで休んでいます。

 我が家に来てくれた犬、ネコの中では17歳で亡くなったクマちゃんに継ぐ長命。ニッキや白夏だけでなく、今我が家にいるメンバーを見守っていました。

 これからも天国から家のネコ、外のネコたちを見守っていてちょうだいね。

 まずはゆっくりお休み、小太郎

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 小太郎お疲れさま そしてありがとう | トップページ | 栗は食べたし栗はなし(1) »

こちゃたまみよさぱにっき」カテゴリの記事

コメント

小太郎君の訃報に驚いています。ニッキくんや白夏君と仲良くしていたころが懐かしく思い浮かびます。きっとお空でも寄り添っていることでしょう~小太郎君これからはお空からこれみつ家の事見守ってね。
心よりご冥福お祈りいたします。

投稿: 夢さん | 2017年9月26日 (火) 09時30分

>夢さん

ありがとうございます

最期はガリガリに痩せてしまい、かつての愛らしい面影は消えてしまいましたが、今は辛い病からも解放されて、迎えに来たニッキや白夏たちの懐に飛び込んでいることと思います。

生き物と暮らすことは切なくもありますが、それでもたくさんの幸せを与えてくれたことにただただ感謝しています。

投稿: これみつ | 2017年9月26日 (火) 10時31分

お悔やみが大変遅くなりました。
小太郎君、病を抱えながら、頑張りましたね。
仕事先にも、小太郎君と同じように腫瘍をマスクで
保護しながらずいぶん長く普通の生活を送った子が
いました。
猫の生命力ってすごいですね。

保護された当初、あまりに奇妙な置き去りで、
経緯がよく分からないまま、皆で憤慨した
のも懐かしい思い出です。
あの時これみつさん家に来なかったら、元の
飼い主さんに先立たれてしまうことになって
いたので、本当に運命の出会いだったのだと思います。
今頃、ニッキ君と再会して、また良いコンビに
なっていることでしょうね。
白夏君にも教育的指導をしてるかな??

小太郎君、安らかに。

投稿: ゆるりん | 2017年9月28日 (木) 09時57分

>ゆるりんさん

ありがとうございます

本当に、縁を感じます。

自分が初めて家の中で一緒に暮らすネコが小太郎でした。犬たちにはないネコの魅力を教えて貰いました。小太郎にとって何が最善だったのかはよくわかりませんが、少なくとも病の煩わしさからは解き放たれてホッとしているのではないかと思っています。

今我が家に寄り付いているネコも小太郎との縁が少なからずあるのでしょうね。

投稿: これみつ | 2017年9月28日 (木) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/65811104

この記事へのトラックバック一覧です: 小太郎 白夏の傍で:

« 小太郎お疲れさま そしてありがとう | トップページ | 栗は食べたし栗はなし(1) »