« そうだアレ使おう! | トップページ | ワタシのご飯食べないで »

そうだアレ使おう! 続編

170605chikakaidanhosyu_02

 ダイソーのクッションレンガ、いろいろと使い回しが利くので調子に乗る。

 納戸に下っていく階段の側壁がいかにも殺風景。タイルの割れ目も貧乏臭い。

170605chikakaidanhosyu_04

 コンパネが剥き出しなので、もう少し何とかしたいと考えるのが人情。

170605chikakaidanhosyu_06

 段差をボール紙で埋めていく。どうせ見えなくなる場所なので素人なりの簡便な処置。

170605chikakaidanhosyu_08

 このボール紙はなんのことない、Amazonの配送ダンボールの底に敷いてあるやつ。捨てないで取っておいてよかった。あとはセキスイのクロステープがあれば結構なことができてしまうのだ。下地完了。

170605chikakaidanhosyu_10

 あとは水平を取りながらクッションレンガを丁寧にペタペタと貼っていく。

170605chikakaidanhosyu_12

 片面貼り終えたところで休憩~♪ つい一度で仕上げたくなるんだけど、そうすると大体大ポカやってしまうんだよね。敢えてもう少しやりたいなというところで道具と資材をきちんと片付けてしまうのが吉。

170612chikakaidanhosyu_02

 入り組んだ階段部分なので採寸とカットが難しくなっていく。ただ材質が発泡スチロールなだけあって多少の寸法ずれは吸収してくれるのがありがたい。

170612chikakaidanhosyu_04

 プロの職人さんって、レンガとレンガの交合するコーナーをどうやって仕上げていくんだろう? 端材を細く切って貼り付けていったけれど、もう少しやり方があるような気もする。

 これでちょっとゴージャスな感じになったかな。階段を下りてドアを開けるとベストを着たサモエドのバーテンダーがいるような・・・。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« そうだアレ使おう! | トップページ | ワタシのご飯食べないで »

MONOにっき」カテゴリの記事

コメント

ものすごく綺麗な仕上がりですね~
ダイソーのものとは思えないレンガ壁の階段!!
角は、はじめ、シリコンリーリングとかで目地をいれたら・・・と思ったんですけど
発砲スチロール製の煉瓦と書かれていたので、
確かに目地材を選ぶのは難しそうです。オレンジXの注意書きに発砲スチロールを溶かす、と書かれていたのを思いだし、シリコンでも発泡スチロールを溶かしてしまうかもしれませんし。ボンドは、かなりの確率で溶かしますし。

L字モールディングの部材なんかいかがでしょうか。
みぁちゃんを家に入れる前、扉のない部屋に3枚引き戸を作成したんですけど、一部にL字モールディングを利用したんです。
アルミとかプラとかいろいろあって、角を綺麗にしてくれて、安全なんですよ。
お気に入りは、アルミです。
プラも使用したんですが、仕上がりの美しさは、アルミでした。

投稿: Mishell | 2017年6月15日 (木) 02時15分

すごいです。
一気に階段のおしゃれ度UP!ですね。

タイルの生産地に住んでいるので、自分で庭の
タイル流し台の足場にタイルを貼ろうと思って、
職人さんに、どうやって角の部分をキレイに
貼るのか尋ねたことがあります。

ちょうど、これみつさんの写真に写っている階段
に貼ってあるタイルがそうなんですけど、ステップ
上面のタイルが、ステップ下の垂直面のタイルに、ちょっとだけ端が覆いかぶさるようになって、垂直面
に貼ってあるタイルの断面が見えないようにしてありますね。
それと同じように、壁の角の部分も、あらかじめ
どの面がその他の面の断面を覆うのかを計算して
タイルの寸法を出して、そのとおりに材料を用意して
貼るそうです。
タイルの厚みの分、断面を隠すほうの面をホンの数ミリ
張り出させるということなんですけど、結構繊細な作業
だなと思って、結局私はいまのところ手をつけていません(苦笑)
どちら側の断面を隠すかは好みだと言われましたが、パッと見て
目立つ方の断面を隠す、という感じだと
思います。

角の部分は、「発泡スチロール用ボンド」というのが
200円台であるようなので、それでピッチリと接着
してはどうかなと思います。

投稿: ゆるりん | 2017年6月15日 (木) 09時22分

>Mishellさん

お役立ち情報ありがとうございます! たまにダイソーの人のいないあたりをブラブラしていると(笑)宝物が見つかります。次入荷するのはいつになるか不明ですし、そのまま絶版になるかどうかは冒険ですけれど。

近々毛呂山で壁紙貼りをするため見切り材を調べていてあれこれ考えているところだったのですが、見切り材だとこういうところに向かないなーと思っていたので、L字モールディングは試してみる価値ありそうです。今度大きなカインズ行ったら資材館も含めて見てみますね。端材を盛って敢えて溶かすという方法も考えてみたのですが、思うように溶けなかったらと思うときちっとした部材で覆うという方法でしょうね。簡単な3枚引き戸のアイディアもありがとうございます。


>ゆるりんさん

目立たないところなので思い切ってやってみました。写真写りは悪くないです(笑)

家でちょっとした修繕をしていて大雑把な部分ならば素人でもある程度できるけど、コーナーや重なりの処理などは流石に玄人さんには敵わないなーと実感します。ただ、ホームセンターやネットショップを探していると素人なりに見た目の良い仕上がりができるような道具や部材なんかも増えていますね。壁紙を売っているサイトなんかを見ると作業入門のページなんかもあって、ふむふむなるほど、の発見も多いです。

そっかー、タイルの本場だけにプロのお仕事のコツを聞けるのですね。実際のタイルだとコーナーを45度の角度でカットできないだろうからどうしているんだろうと思っていました。発泡スチロール製のフェイクレンガだといわゆる下地の部分がないので、擬似的に水性のコーキング材みたいな役割をしてくれるようなパテもあればいいなと思います。

投稿: これみつ | 2017年6月15日 (木) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/65405674

この記事へのトラックバック一覧です: そうだアレ使おう! 続編:

« そうだアレ使おう! | トップページ | ワタシのご飯食べないで »