« 毛呂山夏備え | トップページ | ついに解体されてしまうのか »

無性に餃子房ふーが行きたくなる

170527fuga_02

 土曜日にあれこれあって、なかなか行けなかった東海大学前の餃子房ふーがへ。

170527fuga_04

 おいしい餃子依存症。まだ明るいというのも嬉しいよ。

170527fuga_06

 無料サービスのお漬物。これだけでお酒のアテになっちゃう。ご飯のおかずにもなっちゃうだろう。絶妙の甘酢加減。

170527fuga_08

 ほぼ定番となってきた大根のお好み焼き、ローボースーピン。お酢とマヨネーズをかけていただく。

170527fuga_10

 幸せを絵に描いたような食卓。お腹の減っている時には見ちゃダメだよ。

170527fuga_12

 白坦々(パイタンタン)という挽肉と豚バラ肉のスープ。ここに来ると全ての食材に至極自然に感謝していることに気づく。これが本当の食膳の力なんだろうな。

170527fuga_14

 もっちりちまき。次はちまき2つ、豚バラ肉、焼き餃子、薬膳スープ・・・などともう次のオーダーを考えてしまうのは賤しんぼかな。

170527fuga_16

 暑くなってくると花々氷(パオパオピン)が美味しい。寒くても美味しいんだけどね。

Anber005

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 毛呂山夏備え | トップページ | ついに解体されてしまうのか »

味にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/65327665

この記事へのトラックバック一覧です: 無性に餃子房ふーが行きたくなる:

« 毛呂山夏備え | トップページ | ついに解体されてしまうのか »