« 過ぎ行く日常 | トップページ | 茶次郎派パフ »

マヨちゃんやすらかに

110504tounounikki_331

 ニッキと東濃を旅した時に度々お世話になったYさん家のマヨちゃんがニッキや白夏のいる天国に駈けていった。今月に入って急に症状が悪化したとのこと。Yさんの気持ちが痛いほどわかる。

 迷っているところをYさんに見つけてもらったことから名付けられたというマヨちゃん、突然の旅立ちはあまりにも寂しいけれど、Yさん家族に大切にされ、自分のお家を見つけたマヨちゃんの生涯はとても幸せだったのではないかと思う。

 マヨちゃんにはガウガウされてちょっと引き気味だったニッキだけど、マヨちゃんがもう迷うことないように、少し離れて付き添ってあげたはず。

 マヨちゃん、やすらかに

Anber005

|

« 過ぎ行く日常 | トップページ | 茶次郎派パフ »

お悔やみ」カテゴリの記事

コメント

これみつさん、マヨへの温かい言葉、ありがとうございます。
何度お会いしても全く素っ気無いマヨに、根気よく
接してくださり、嬉しかったです。

病状の経過が、ニッキ君、白夏君と同様に
速いものでした。
自宅での点滴の話も出ていて、そうなったら
経験のあるこれみつさんに工夫やコツなどお聞き
しようと思っていました。

旅犬ニッキ君に見習って、城跡探検、岐阜~九州の
車での旅行など、様々なことにチャレンジして、
楽しい一生だったと思います。
特に車での旅行は、これみつさんとニッキくんの
お手本があったからこそ、行こう!と決断できました。

社交的で優しいニッキ君にも、これみつさんにも、
いつもマヨはガウついてしまいましたが、それでも
回を重ねるうちに、ホンの少し、このひとたちなら
大丈夫かも、という気配もありました。

ジェントルマンのニッキ君ですから、きっとマヨを
空へとエスコートしてくれたことと思います。
同じ紀州梅干鼻どうし、白夏君とも対面しているかも。

投稿: ゆるりん | 2017年5月21日 (日) 20時11分

>ゆるりんさん

そうですね、もう少し接する機会があればきっとマヨちゃんも心を開いてくれたことでしょう。最初の警戒心はそのうち、まっいいか、のガウになっていましたね。

マヨちゃんとの最後の時間を一緒に過ごすのはとても辛かったと思いますが、一秒一秒、その時の息遣いまでがかけがえのないものに感じられたと思います。元気な時も病の時も、ずっとずっと一緒だよというお互いの気持ちが交換できたと確信しています。

ゆるりんさんの心のアルバムの中のマヨちゃんが色褪せることはありません。

まだまだ寂しさや切なさから抜け出ることはできないでしょうが、思い切り泣いたら、ゆっくりと心身を休めて看病の疲れを取ってくださいね。マヨちゃんもそう望んでいるはずですから。

投稿: これみつ | 2017年5月21日 (日) 20時44分

久しぶりのニッキくんの横顔、
うれしい。U^ェ^U

投稿: こじこじ | 2017年5月22日 (月) 03時57分

>こじこじさん

ありがとうございます

普段は穏やかなぽふっとした羊だったのが、黒さんと向き合うとオオカミになっちゃいましたね~(笑)

投稿: これみつ | 2017年5月22日 (月) 04時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/65285984

この記事へのトラックバック一覧です: マヨちゃんやすらかに:

« 過ぎ行く日常 | トップページ | 茶次郎派パフ »