« 台風までには | トップページ | 気遣い茶次郎 »

またいつか逢おう

170225samokumo

 もうサモエドと暮らさないのですか、と問われると答えにくいのだけど、別れが辛いからというのではなく、ニッキや白夏がとても幸せな時間をくれたから、というのが今の気持ちに近い。今は家の事情や家族、親戚の体調などもあって、犬と暮らす条件が整っていないという理由もあるけれど、巡り合わせがあれば、またそういう機会も訪れるだろう。

 ニッキが来るまでに暮らした犬たちのことも忘れないけれど、家の中で共に過ごし、共に旅をして心を通わせることで彼らの優しさや気遣いに触れることができた。ニッキや白夏がもしもう一度戻ってきても良いなと思ったら、きっとそうなっているだろうし、そうでなくても、ずっと自分の心の中にいて支えてくれるだろう。

 単に家族の一員というよりも、お互いに独立しながらも感情を共鳴できる魂の一部のような存在だった。だから、もしかしたらあいつらと会えなかったかもしれない自分よりもしゃんとしていなくてはならない。真っ直ぐに生きていればいつかまた逢えるという予感もある。このブログも続けていこうと思っている。

Anber005

※パピヨンちゃんの里親さん募集します

 健康で毛吹きも良い甘えん坊の6歳の女の子です。カラーは黒と白。家族同様に迎え入れてくれる方を探しています。里親さんになっても良いよという方は、コメントでお知らせください。お待ち致しております。

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 台風までには | トップページ | 気遣い茶次郎 »

くらしにっき/つれづれにっき」カテゴリの記事

コメント

そんなに簡単に「次の犬」なんて言わないでほしいですよね。
犬がいるのが大事なんじゃなく、
どの子と一緒にいるのかが大事なのに。

我が家もサンが天国に旅立って3年で
新入りを迎えました。
特に探していたわけでもないけど、
縁があれば引き寄せあうんですよね。

自然の流れに任せていれば、
何かまたつながるものが出てくるのかもしれないですよね~。

私はニッキくんと同じ誕生日で
白夏くんはサンと同じ命日でした。
なんだか、お互いに2月は色々とありますね。笑

投稿: マチコ | 2017年2月27日 (月) 23時55分

>マチコさん

やっぱりそうなんだよねと思えるコメント、嬉しいです。

「縁」があったからこそ、サンちゃんやクラウドくんがマチコさんの家族になり、ニッキや白夏が自分と暮らすことができたのですものね。そして新しく生まれる犬たちから見ても、彼らにとっての縁がきっとあるはずですよね。

そうやって紡ぐことのできた縁が弱いはずはありません。だから、気がついていたらまた逢えたねというような自然な出会いがあると私も思っています。

2月と8月は、嬉しくもあり悲しくもある月になりそうです。時や月とのつながりもまた縁なのかもしれません。

投稿: これみつ | 2017年2月28日 (火) 09時56分

ニッキ君、白夏君が姿の見えない存在になって
しまったのは寂しいことだけど、これみつさんが
彼らの居ない今も、残してくれた山盛りの幸せ
を抱えて穏やかな気持ちになれているのは、生前に
本当に良い相棒として生活を送られていたからこそ
ですよね。
私も、同居の生き物に対しては、子供のように
とか、分身のようにとはあまり思っていなくて、
お互い一つ一つの別の生命体として、時間を
共有している仲間と言う感じです。

犬のげんさんもマヨも、スズメも、子猫も、今まで
勝手に転げ込んできた生き物ばかりと生活してきた
私ですが、そのどれも、絶妙のタイミングでの
出会いでした。
何か不思議な力が出会いを用意してくれている
ように感じます。

時が来たら、小太郎君との出会いのように、
突然誰かが現れるのじゃないでしょうか。
サモエドかもしれないし、犬じゃないかもしれない
けど、いつそれが起こるのか、楽しみですね。

このブログも、サモエドや犬が登場しなくても、
これみつさんの観察力と感受性と表現力で、どんな
話題でもいつも楽しく拝見しています。
続けてくださるとのこと、嬉しいです。
これからも楽しみにしています。

投稿: ゆるりん | 2017年2月28日 (火) 22時39分

>ゆるりんさん

ありがとうございます。目を閉じて心がじんと熱くなるのは、きっとニッキや白夏からのエネルギーを受け取っているからだと思います。

小太郎を保護した時はまさか6匹ものネコたちと暮らすことなんて夢にも思いませんでした。犬もネコもそれぞれがかけがえのない存在であるのは勿論ですが、キャッツのおかげで随分と救われています。

ニッキが熊や鹿になって出てきたらかなり困惑するでしょうが、その辺も不思議な力が無理なく出会いを用意してくれると信じています。でも、自分がもっともっと心を研ぎ澄ませば、いつでもニッキや白夏を感じられるようになれるでしょうね。それだけ多くの思い出と幸せを貰ったのですから。

投稿: これみつ | 2017年2月28日 (火) 23時04分

I am strongly convinced that the educational articles serve a big role in exposing the learners to many aspects which affect their school life and the life outside. In addition to that, many of such articles enable the students to understand what is required of them as learners. Therefore, when I am reading an article of this kind, I love being fully alert.

投稿: Essay Conclusion Assistance | 2017年3月 3日 (金) 22時09分

>Essay Conclusion Assistance

I am pleased to stop by here. Thank you very much in the future.

投稿: これみつ | 2017年3月 4日 (土) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/64923645

この記事へのトラックバック一覧です: またいつか逢おう:

« 台風までには | トップページ | 気遣い茶次郎 »