« カラスの散歩 | トップページ | ほっこり »

気晴らしになるかと

170224moroyama_02

 白夏が亡くなって自分が塞いでいるのではないかと弟が声をかけて、毛呂山仕事を手伝おうと誘ってくれた。弟も白夏のことが大好きだったから同じように寂しいだろうに。

 圏央道のトンネルを抜けてあきる野ICのちょっと前辺りから左手にサマーランドが見える。10年前の真夏、あの観覧車の奥の辺りで白夏は生まれた。パピー時代のぽよーんとした君に愛に何度も通ったなー。そしてニッキ父ちゃんに負けないくらいたくさんの人に笑顔を与えたね。今、空から見るとどんな感じなのかな。

170224moroyama_06

 今回はもぐら?に掘り返された庭(キャットヘッドガーデン)の修復と、虫や風が入り込む隙間封じを目的とした作業。カインズ鶴ヶ島店に寄ってまずは石材を買い込む。

170224moroyama_08

 毛呂山の隣町、越生は梅林で有名だが、この辺りも梅の木が多い。毛呂山荘の脇にも白梅と紅梅があって、枯葉を落とすのは迷惑だが、これだけ目を楽しませてくれるのなら我慢もしよう。隣家の紅梅が額縁の絵のよう。

170224moroyama_10

 誰も剪定なんぞしない分、伸び伸びと育った白梅。こちらは天真爛漫な白夏のようだね。

170224moroyama_12

 室内は、弟の施工。充填材も有り合わせだが、窓枠や換気用パイプの基部などの隙間は封じてもらった。これで多少は夏から秋の蚊も防げるかな。

170224moroyama_14

 自分は庭の復旧。冬だからこそ汗もかかず、虫にも刺されずに快適にできる作業。誰かのために役に立つといった仕事ではないものの、こんなことでも結構気晴らしになる。取りあえず、日常のひとコマを埋めることができた。

 今は、白夏ロスが慢性にならないように、とにかく前へ。心のリハビリ。クマちゃんの時も、ニッキの時も、立ち止まってしまうと危ない。彼らも悲しい記憶ではなく、楽しい記憶の中にいたいはず。弟にも感謝。

Anber005

※パピヨンちゃんの里親さん募集します

 健康で毛吹きも良い甘えん坊の6歳の女の子です。カラーは黒と白。家族同様に迎え入れてくれる方を探しています。里親さんになっても良いよという方は、コメントでお知らせください。お待ち致しております。

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« カラスの散歩 | トップページ | ほっこり »

しごとにっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/64923639

この記事へのトラックバック一覧です: 気晴らしになるかと:

« カラスの散歩 | トップページ | ほっこり »