« 年代物の七味 | トップページ | カラスの行水 »

コチャと話す

161115kocha_02

 ここ数日姿をくらましていたコチャ郎が戻ってきた。お母さんのサボはまだ帰ってきていないが、ご飯を貰う時もシャーシャー威嚇するヤツのことだ。逞しくどこかで暮らしているんだろう。

161115kocha_04

 まだ触らせてはくれないものの、害意のない存在だということはわかってくれたような気がする。険しい表情をしているが、これでも随分と慣れてきたのだ。

161115kocha_06

 間もなく冬が来て寒くなっていく。北相模の寒さは結構厳しい。里親さん見つけなてあげないとね。

Anber005

※パピヨンちゃんの里親さん募集します

 健康で毛吹きも良い甘えん坊の6歳の女の子です。カラーは黒と白。家族同様に迎え入れてくれる方を探しています。里親さんになっても良いよという方は、コメントでお知らせください。お待ち致しております。

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とにっき&はっか総覧」の記事 2016年10月16日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01 ※たま~にでいいからポチっしてね!

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 年代物の七味 | トップページ | カラスの行水 »

こちゃたまみよさぱにっき」カテゴリの記事

コメント

サボちゃん、どこに行っているのか、心配ですね。
ちょっと前に相模原で、野良ねこちゃんが沢山犠牲になった、みたいな記事が掲載されていましたので、余計に心配です。
小さな命だから、傷つけることだけはしないでほしいです。
はやく里親さん、見つかると良いですね。
もしかすると、サボちゃん、お婿さんを探しに行っていたりして。
ねこちゃんは、子離れすると、すぐにお産できるたいせいになるらしく、我が家のみぁちゃんも、子供が離れた時点で、すぐに手術することになりました。
そんな野良猫だったみぁちゃんも、すっかり家の子になりました。難易度が高い、と言われた鳥さんとの共同生活もどうにかクリアできて、今年は暖かい家の中で生活を楽しんでもらえそうです。

投稿: Mishell | 2016年11月16日 (水) 01時29分

>Mishellさん

みぁちゃん、幸せをつかめましたね。鳥さんとも仲良くやってくれますように。我が家では鳥は買っていませんが、窓の内側に飾ってあった、木でできた小鳥の置物がパフにしょっちゅう落とされたので避難させました(笑)

自由ネコは保護する時のタイミングもあるかと思います。幸いコチャはまだ人間不信に陥っていません。すでに仔猫の愛らしさはないので、里親さんが付いてくれるかどうかはわかりませんが、なんとかしてできるだけのことをしてやりたいと思っています。

サボは強度の人間不信なので、ネコの保護ネットワークの人に相談するしかないかもしれません。

投稿: これみつ | 2016年11月16日 (水) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/64474987

この記事へのトラックバック一覧です: コチャと話す:

« 年代物の七味 | トップページ | カラスの行水 »