« 健診のあとは | トップページ | 毛呂山庭仕事(3) »

プリントヘッド交換

151114printhead_02

 10年以上愛用しているキャノンのMP-770というプリンター。経年劣化もあっていろいろと細部に不具合が出てはきているのだが、メインの印刷機能だけはこれまでなんとか維持できていた。が、新しいインクカートリッジに交換しても、マゼンダだけはどうしても擦れてしまう。

 メンテナンス機能のメニューからクリーニングをしても、強力クリーニングをしても症状は改善されない。プリントヘッドを外してみると、インクがぼってりとこびり付いている。恐らく、マゼンダのインクの噴き出し口が目詰まりしてしまったのだろう。

151114printhead_04

 ジャーン! すでに、2009年にキャノンさんはMP-770の交換部品の供給も停止しているのだが、もしもの時に備えて以前ヤフオクで落としたスペアのプリントヘッドに交換することにした。本体が完全にダメになってしまったら、このプリントヘッドの存在も意味を失うところだった。

151114printhead_06

 うーん、新品はきれいだなぁ(奥に見えるのがこれまで長く活躍してくれたプリントヘッド)。早速、装着してテスト印字してみたところ、鮮明な印字。テストパターンも目詰まりなし。まあ新品のヘッドなんだから当然なんだろうけれど、年賀状の印刷を控えたこの時期、まずは一安心。

151114printhead_08

 さて、古いプリントヘッド、インク噴き出し部以外はほとんど損傷もないので、なんとか復活できないかなとネットの情報を漁っていたら、ヘッド部を「半身浴」させると目詰まりが解消して新品同様になる(ただし自己責任で)というサイトを発見。早速、ぬるま湯に漬けて洗浄してみた。2回に分けて洗浄したけれど、目詰まりしたインクがドロドロに溶けだしていくのは結構快感だった。

 見た目だけは新品同様になったけれど、新しいヘッドを装着してせっかく良いコンディションに戻ったばかりなので、再装着してのテストはしなかった。ただ、新しいプリントヘッドがダメになるよりも、多分本体の寿命が先になりそうなので、洗浄したヘッドが活躍する機会は来ないのかもしれない。

 ただ、近時のキャノンのプリンタの普及機の評判は、口コミサイトをみるとあまり芳しくない。騙しだまし、あとさらに10年、いや、5年でもいい。大切に使っていければと思う。ニッキと同じ時代を過ごした物には愛着がある。

Anber005

※ネコの里親さん募集します

 我が家に居着いている長毛のパフ&マフです。まだマフは捕まえられそうにないですが、パフは何とかなりそうです。かわいいですよ。

※パピヨンちゃんの里親さん募集します

 健康で毛吹きも良い甘えん坊の6歳の女の子です。カラーは黒と白。家族同様に迎え入れてくれる方を探しています。里親さんになっても良いよという方は、コメントでお知らせください。お待ち致しております。

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とにっき総覧」の記事 2015年11月6日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 健診のあとは | トップページ | 毛呂山庭仕事(3) »

MONOにっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/62678756

この記事へのトラックバック一覧です: プリントヘッド交換:

« 健診のあとは | トップページ | 毛呂山庭仕事(3) »