« 深まる秋、新しい道 | トップページ | 玉の新しい首輪 »

今月ラストの毛呂山

141031moroyama_03

 弟の予定に合わせて今月最後の毛呂山整理へ。今日は弟の軽1BOXを使って大物輸送。

141031moroyama_06

 相模原愛川ICの使用頻度も増えた。幸い朝まで降り続いていた雨は治まってくれたようだ。

141031moroyama_11

 弟の家にあった(元々はわが家の)コロナの冷風除湿機を毛呂山へ。かなり古いタイプのものだがまだまだ現役。電気代を覚悟すれば温風も出る(石油ストーブを持ってきたので使わないと思うが)。夏場の蒸し暑い夜もこれがあれば何とかやり過ごせるだろう。

141031moroyama_14

 まだごちゃごちゃっと見えるけれど、今後の仕分けがしやすいようにするための準備が今回の仕事の中心。年内に今あるモノの半数は捨てる予定。アルバムなんかも思い切って処分しないと自分たちの知らない過去に引き摺られてもつまらない。

141031moroyama_18

 玄関も明るくなったでしょう。何がWelcomeなんだかねー。

141031moroyama_21

 自分の家の敷地ではないけれど誰もが手入れしていない三角地の開墾。草ぼうぼうだと空き缶やタバコの吸い殻が散乱しやすい。うんと綺麗に草を刈り込んで陰気の虫が籠らないようにすれば私設小公園みたいになるんでないかな。

141031moroyama_25

 仕事の後は「貴族の森」へ。前回貰ったサービス券を使わなくてはということでリピ。

141031moroyama_28

 サラダバーにはブロッコリーはなかった。ヤングコーンとタマネギスライスとわかめのシンプルなサラダ。

141031moroyama_31

 今日頼んだのは海老と小柱のスパゲッティ&グラタンっていうあんまり貴族っぽくない、メニュー。熱いのをはふはふしながら食べた。

141031moroyama_34

 ドリンクバーのメニューはそんなにないんだけど、珈琲専門店という一面も持っている店だけにコーヒーが美味しい。

141031moroyama_37

 お昼時を外して来たのがよかった。この時間帯は奥様方の井戸端会議が多いみたい。

141031moroyama_39

 毛呂山から石灯籠を持ってくる。外ネコたちの餌の有無を確認するためにいちいち防犯灯のスイッチを入れるのが面倒だったのでちょうどよかった。ネコたちにとっても眩し過ぎないネコ食堂の目印となって良いだろう。余裕が出たらもそっと化粧直ししてやるかな。それともこの剥げ具合が却って侘び寂びていてよいのかな。

 それにしても明日から十一月か。

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とにっき総覧」の記事 2013年5月22日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 深まる秋、新しい道 | トップページ | 玉の新しい首輪 »

しごとにっき」カテゴリの記事

味にっき」カテゴリの記事

コメント

あっ!!スパゲッティグラタンの中にブロッコリーが!!(笑)

いよいよ毛呂山作業も、これみつさんの出城造りの段階に差し掛かってきましたね。
今までの「物を無くしていく」という作業から、新しい風景の構築へ、嬉しい転換ですね。

私も祖母宅の片付け作業が終わり、来週はいよいよ取り壊しとなります。
超大量の大型の家財道具で家が埋まっていたため、これみつさんのように、自分で廃棄処理するのは到底無理で、結局業者さんに処分してもらったものが大半でしたが、たった2日ほどで家が空っぽとなり、プロのすごさを実感しました。
でも、家の歴史を紐解くような片付けも、今思えば家族の歴史の再確認になって良かったような気もします。

燈篭、第二の役目を得て、よかったですね。和ネコ系の子ばかりだから、燈篭が似合います。
うちにも、祖母の桐箪笥が補修されてからやってくる予定です。

投稿: ゆるりん | 2014年11月 1日 (土) 22時19分

>ゆるりんさん

ブロッコリーもいろんなソース絡めれば食べられるんですよ(笑)

毛呂山も出城というよりは砦といったものかもしれませんが、それでも秩父なんかはぐっとアクセスよくなりますね。プロの業者さんでも2日かかるということは相当大変な量だったのでしょうね。時間をコストと考えれば適度な所で業者さんにお願いするというのが最良のパターンだったかもしれませんよ。いろいろな想い出のある建物が取り壊されるというのはやはり寂しいでしょうが、お祖母さまの桐箪笥がこれからのゆるりん一家を見守ってくれそうですね。

灯籠、まだちょっと違和感がありますが、そのうち夜になると自動点灯するように工夫したいと思っています。

投稿: これみつ | 2014年11月 2日 (日) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/60569729

この記事へのトラックバック一覧です: 今月ラストの毛呂山:

« 深まる秋、新しい道 | トップページ | 玉の新しい首輪 »