« 快い季節 | トップページ | 台風が来る前に飲んでおこう »

弟と毛呂山へ

141003moroyama_14

 蚊取り線香ホルダーを楽天で発注し、弟と毛呂山へ。今日は久々の屋外作業なので、蚊に刺されないよう完全防備で作業に臨む。

141003moroyama_17

 蚊取り線香は40年来のデッドストックがある。多少変色はしていたけれど除虫菊成分はちゃんと残っていたようでホルダーを腰に下げているとまったく蚊に刺されなかった。

 弟は、三角形の庭?の草刈りを、自分は物置内部の徹底整理を担当。

141003moroyama_22

 一時よりは空間ができたものの何がどこに詰め込まれているやらわからなくなってしまった悪い収納の見本のような状況。

141003moroyama_25

 中身のわからない箱は引っ張りだして徹底的に中身を改める。また、底板の補強を兼ねて余剰の板を渡しておく。今日は比較的温暖だったこともあって、ポタポタと汗が落ちる。

141003moroyama_28

 もう使い切ってしまったと思っていたポリ袋が出てきたり、以前持ってきて行方不明になっていた雑巾の束が出てきたりと、行き当たりばったりの作業がなされてきたことを反省。無駄が無駄を呼ぶしくみが何となくわかってきた。

 さて、いろいろと引っ張り出してしまい予定時間までに元通りになりますやら・・・

141003moroyama_30

 スペルは違うけれど、こんな商品名は今だったら考えられないね。

141003moroyama_35

 弟の担当区域。ちょっとは庭らしくなったかな。ほとんど周りを囲まれているので、ちょっと柵を設ければミニミニドッグランのできあがりだ(笑)

141003moroyama_37

 物置の中も、なんとか収まってホッと一息。ビニール紐が、誇張ではなく本当に売るほどある。何でこんなにたくさんあるんだろう?というくらい。

141003moroyama_39

 何がどこにあるか大体把握できるようになり、必要に応じてすぐに取り出せるようになった。かつて母屋の中に「平らな場所」がなかったために、物置内に各種整理用品を備え置き、ここが「整理作戦本部」だった時代が長く続いたが、漸くその必要がなくなったということか。感無量。

141003moroyama_43

 作業を終えて、前々から気になっていた店に行く。

141003moroyama_45

 珈琲とパスタの店「貴族の森」毛呂山店。毛呂山荘から歩いても15分くらいで来られそう。

141003moroyama_47

 どのメニューにもサラダ&スープバーがセットで付く。

141003moroyama_51

 大手チェーン店にはない味わい深い店の雰囲気。1995年からやっているということなので、固定客がいるのだろう。

141003moroyama_54

 チキンの焼きカレー。

141003moroyama_57

 お店はステンドグラスが各所に使われている。

141003moroyama_59

 大手のファミレスとは一味違う。また来てみたい。

 ふ~、疲れた~

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とにっき総覧」の記事 2013年5月22日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 快い季節 | トップページ | 台風が来る前に飲んでおこう »

しごとにっき」カテゴリの記事

味にっき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした~!

行き当たりばったりの作業&無駄が無駄を呼ぶしくみ・・何やらとても耳が痛いです(A;´・ω・)アセアセ  

「貴族の森」毛呂山店、鶴ヶ島から毛呂山に向かう右手にあるお店ですか?ランに行く途中で見たような?(運転に必死で記憶が定かではありませんが・・)おしゃれなお店ですね!

投稿: アンジー&ムーママ | 2014年10月 3日 (金) 19時18分

>アンジー&ムーママさん

ありがとうございます!

以前とは違い、近頃は1回ごとにそれなりに達成感のある仕事ができるようになりました。

ボールペンやドライバー、懐中電燈、テープなど、本来あるべき場所にあればいくつも買わなくて良かったような物が私の身近にもゴロゴロしています。

「貴族の森」ちょっと厳めしい造りなので入るの躊躇していましたが、落ち着いた内装のフレンドリーなお店でしたよ。毛呂山荘(嵯萌荘)、徒歩の範囲に結構食べ物屋さんあるみたいです。

投稿: これみつ | 2014年10月 3日 (金) 19時43分

金鳥、、この蚊取り線香をイタリアでも、みんなが使っていてびっくりしました。
そしてニート、@きちんとした;
なんて、、ぜんぜんちがう意味って言うのも面白いですね。
貴族の館、、面白いネーミングと雰囲気です。字がほんとにドン・キホーテのような雰囲気の貴族が出てきそうな。。。(笑)

投稿: fukukuramamma | 2014年10月 5日 (日) 02時23分

>fukukuramammaさん

毛呂山での作業のお蔭で人の良さや土地の良さというものに触れることができたと思います。「貴族の森」は不燃物のゴミを運ぶ途中に何度も目にしていたのですが、汚れ仕事の後に入るのが躊躇われてなかなか来る機会がありませんでした。そうそう、私も建物に個性があるので「貴族の館」だと思っていましたし、ネットでもそう思っている人が結構いました(笑) ちょっと調べてみると普通のパスタ屋さんでして、こんなことならもっと気軽に来ていればよかったと思っています。わざわざ訪れるほどの店ではないかもしれませんが、毛呂山荘(嵯萌庵)から近いというのはちょっと得した気分ですよ。

金鳥以外にも、香料を配合したいろんな蚊取り線香が売っているので使ってみたいのですが、年代物のヴィンテージ蚊取りを使い切ってしまわねば・・・

投稿: これみつ | 2014年10月 5日 (日) 08時09分

長い間の努力実って、建物が息を吹き返しましたね!
私も現在、物で埋まった実家を片付け中ですが、ものすごい数の袋が出てきます。
ビニール袋もそうだし、祝儀袋が何百枚も。必要なたびに10枚入りとか20枚入りを買って、1枚しか使わず、残りを溜め込んで。。という流れのようです。
戦時国債とか、お米の配給通帳とか、面白いものも出てきますが、どこまで続くか分からない量の仕分けと車に満載での廃棄作業に、思わず足が遠のきそうになってしまいます。
これみつさんのように、根気強く進めないといけないですね。
古い物の再生も、作業のおこぼれに、ちょっとした楽しみですよね。祖母の嫁入り箪笥の桐箪笥を、箪笥屋さんに洗濯してもらって使おうかと計画中です。
ひと作業済んで帰宅時には、私もこれみつさんのようにちょっと美味しいものを食べて人心地つきます。こういう時間が無いと、へこたれてしまいそうです。

投稿: ゆるりん | 2014年10月 5日 (日) 19時23分

>ゆるりんさん

ありがとうございます。何とか人の領域を取り戻しつつあります。

ゆるりんさんも御実家の整理、大変ですね。決して根気強くなどはなく、本当に、何度も口から弱気やら怒りやらが洩れてきたものです。一度始めた以上、もう半分は意地ですね。昔の物資のない時代を経験した人たちは何でこんなものをといった物を不必要なくらい溜めこんでいますよね。ただ、自分の場合にもその場しのぎで必要な物を買って、また暫くして同じ物を買っているというようなこともあるので、整理整頓が行き届くことが経済的な生活の基本だなと思い知らされました。

面白い物の発掘と作業後の美味しい物を楽しみにして、頑張ってくださいね。

台風18号、東海や関東はこれからですね。

投稿: これみつ | 2014年10月 5日 (日) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/60406979

この記事へのトラックバック一覧です: 弟と毛呂山へ:

« 快い季節 | トップページ | 台風が来る前に飲んでおこう »