« そこはレディースなんですが・・・ | トップページ | サビ抜糸 »

ニッキの面影を慕いて(9)

140701hokkaidou_313

 札幌から函館本線を北へ。車窓は大らかな北の大地と大空。

140701hokkaidou_321

 ニッキの息子、元気くん、そしてお孫ちゃんのスマイルくんの暮らす岩見沢市に到着。

140701hokkaidou_324

 美術館のような駅のコンコース。元気のお家と連絡を取って最寄り駅まで1つ引き返す。

140701hokkaidou_327

 同じ空のはずなのに北海道の空は大きい。

140701hokkaidou_331

 到着~♪

140701hokkaidou_333

 駅を挟んで南北を結ぶ跨線橋が丸ごと覆われている。冬の積雪が凄いんだろうなということが伝わってくる。

140701hokkaidou_343

 駅前を観察していると札幌よりから白いモフモフ×2が見えてきた。ニッキ&エニセイの血を受け継ぐ元気くん(正面)とスマイルくん(マズル)。

140701hokkaidou_345

 上の写真でマズルだけでごめんよ~。優しいスマイルくんをバシッとアップ(左)!

 2008年にニッキと渡道した時には元気くんはまだパピーだった。リアルスマイルとは初対面。スマイルくんは元気父ちゃんに従順だけど、野山ではネズミや鳥を狩るのが大好きな野性的な行動も取るらしい。

140701hokkaidou_347

 こいつダレだよ?とちょっと警戒している元気くん。もしかしたら自分と一緒のニッキを見て♂っ気を発揮しているのかもしれないね。

140701hokkaidou_351

 この辺が元気くんのホッとできるスポットなのかな。

140701hokkaidou_355

 電柱に映る影がオオカミさんだよ(笑)

140701hokkaidou_358

 マイドッグランを持つ元気くん&スマイルくん。幸せだね~

140701hokkaidou_363

 元気くん、ニッキ入ってます。 

140701hokkaidou_366

 前脚をクロスさせるのはお母さんのエニセイゆずり。

140701hokkaidou_369

 この横目遣いもほろりとするほど懐かしいな。

140701hokkaidou_372

 家の中での撮影だったこともあってスマイルくんの写真がブレてしまったのが残念。だけどぶっといお手手の撮影には成功。綺麗にお手入れされてるね~

140701hokkaidou_375

 なかなか心を許してモフモフさせてはくれなかったけれど、威張りん坊♂の元気くんらしくてそれもまた結構。

140701hokkaidou_378

 ありがとうね

140701hokkaidou_382

 駅まではスマイルくんがお母さんと一緒に送ってくれる。すでに天使となったお母さんのパエルはニッキとも仲良く遊んでくれたっけ。懐かしい面影が優しいスマイルくんの中に生きている。

140701hokkaidou_392

 外から見た岩見沢駅。道教大岩見沢分校の学生さんがデザインしたんだって。昔ながらのホームと北欧のような駅舎と跨線橋は意外と相性がよかった。

140701hokkaidou_395

 岩見沢から昔懐かしい電車に揺られて1時間弱で札幌に到着。駅は首都圏のターミナル駅にも負けないくらいにお洒落になっても、道内各地から次々に到着する列車にはまだまだローカル色を感じることができる。JR北海道、いろいろとあるみたいだけれどちゃんとして欲しいものだ。

 つづく

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とにっき総覧」の記事 2013年5月22日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« そこはレディースなんですが・・・ | トップページ | サビ抜糸 »

ありがとにっき」カテゴリの記事

コメント

元気と~ちゃんにスマイル!
この回を待ってました♪

不思議ですね。
私が訪れたときに撮影した元気くんよりも、これみつさんが撮影した元気くんのほうがニッキくんにソックリです。
というよりも、そこにニッキくんがいるみたい…
ちょっと息子の体を借りて、これみつさんに何か伝えたかったのかな。


スマイルは、オーブよりも穏やかな表情&性格だったでしょう(笑)。
ムーくんのほうがスマイルに似てるかな。

投稿: Yoshitake | 2014年7月15日 (火) 12時57分

>Yoshitakeさん

ちょうどこの時に携帯でも元気&スマイルくんの撮影をしたんですが、10年近く前のコンデジよりも映りが良くって(まだPCに落としていないんですが)、そちらにはもっとニッキっぽい写真があるんですよ。オリジナルとの違いは涙焼けがないくらいですね。元気&スマイル家でふたりを興奮させまいとフラッシュをできるだけ控えたので、コンデジの方はブレブレが多いんですよ~。それはそれで大切に保存しておきますkれどね。携帯で撮った方、そのうち「番外編」でお目にかけますね。

元気くん、実際に見たときも、ニッキよりも耳なんかがシャキッとしていていかにも元気くんらしいなと思ったんですが、何分かに一回、まんまニッキに見えることもありました。あんまり他犬(他人も)のこと考えないニッキのことです。「おい、元気、ちょっとだけ体貸せよ~」と見えない世界で何かあったのかもしれません。

スマイルくんには強くパエルを感じました。ムーちんにも似てますが、パックくんの雰囲気もありましたね。そういえばオーブくんもニッキそっくりのカットが撮れる時ってありますね。子孫と一緒にヘラヘラしながら嬉しそうに記念写真に収まっているニッキが想像できますよ。

投稿: これみつ | 2014年7月15日 (火) 13時43分

羨ましいです。
ニッキ君の面影、血が、ここにも在りますね。。
これみつさん、いいなぁ。

投稿: イワンママ | 2014年7月15日 (火) 14時42分

>イワンママさん

ありがとうございます。自分とニッキとの記憶は共有できなくとも、ニッキの子孫たちもまた、きっと共に暮らす方々との日々を同じように受け止めて同じように家族を愛しているんだろうな・・・とそれだけで十分です。

 一緒に遊んでくれたイワンちゃんや詩音ちゃんもまた、ニッキの過ごした時間に輝きを与え、ニッキを魅力ある犬にしてくれたかけがえのない存在です。血だけでなく、犬たちの様々な交友や経験が次の世代に受け継がれることが犬と共に暮らすことの大きな喜びなのかもしれませんね。自分もニッキがいてくれたからこそ、世界が広がったような気がします。ニッキから、そしてニッキと一緒にいろいろなことを学べました。イワしおの平和な日々、イワンママさんの愛情、サモエドって本当に素敵だなと思います。

投稿: これみつ | 2014年7月15日 (火) 15時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/59958423

この記事へのトラックバック一覧です: ニッキの面影を慕いて(9):

« そこはレディースなんですが・・・ | トップページ | サビ抜糸 »