« 上大岡へ | トップページ | 年の瀬の風物詩 »

ワクチン打つまでのひととき

131202hakka_02

 いろいろと予定が押して、11月下旬のはずだった白夏のワクチンが12月に食い込んでしまった。動物病院は夕方の4時からなので、それまで白夏は我が家で待機。

 この間叔父夫婦は麻溝台公園で行われている陶器市に出かけていった。

131202hakka_04

 茶次郎はニッキのことも白夏のことも大好き。ネコの中ではちょいと我を通すところがあるが、犬に対してはとくに上下関係を意識することなくフラットに付き合える。白夏も、幼いころからネコたちは当たり前のように周囲にいたので、ネコに対しての敬意を失わない。ただ、津久井の家周辺に出没する外ネコたちには時として攻撃的姿勢を見せることもあるのだという。裏はすぐ里山、サルやイノシシ、鹿、時として熊も出没するような野生との隣接域では外ネコも野生動物として白夏の敵味方識別センサーに反応するのかもしれない。

131202kemono

 白夏の携えてきたお弁当(大好物の室津の煮干し・ササミジャーキー・ビーフジャーキー)を羨ましそうに狙うネコたち。茶次郎が口を付けると白夏は唸りもせずに見ている。その辺はニッキの優しさをきちんと受け継いでる。そのうち玉三郎も白夏を警戒しなくなるだろう。

131202hakka_07

 先代の愛用したソファが我が家での白夏指定席。

131202hakka_09

 自室には暖房を入れないのがいつの間にか例となってしまった。でも、日中は陽が入るので暖かい。白夏もうとうと・・・。

 白夏はニッキ父ちゃんよりも所作振舞いが細やか。働き者で賢いのんの母ちゃんの遺伝子を受け継いで、昼は野良仕事、夜になると星を見て詩を作るんだという。ただ、近頃はソファを陣取ってテレビを見ることが彼の日課に加わったらしい。

131202hakka_12

 父ちゃん、立派なサモエドになるよ。

 ※叔父夫婦が戻ってよこやまだい動物病院へ。無事にワクチンを打って津久井に帰っていった。

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とにっき総覧」の記事 2013年5月22日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 上大岡へ | トップページ | 年の瀬の風物詩 »

にきにきにっき/はっかにっき」カテゴリの記事

コメント

まだまだ子どもだと思っていた白夏も、
風格も行動ももうすっかり立派なサモエドですね!
うちも今月、ワクチンを打ちに行かなきゃー!

投稿: あい | 2013年12月 4日 (水) 22時16分

>あいさん

父ちゃん譲りの甘えん坊ぶりは健在ですけれど、本当にハッと息を飲むほど精悍な表情を見せる時がありますよ。のんの母さんとニッキが自分たちに残してくれた宝物です!

投稿: これみつ | 2013年12月 5日 (木) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/58682742

この記事へのトラックバック一覧です: ワクチン打つまでのひととき:

« 上大岡へ | トップページ | 年の瀬の風物詩 »