« ねこたちの秋景 | トップページ | くりくり坊主 »

小太郎のイヤガラセ

131011onesyo_02

 母が長期の不在のような場合、小太郎がトイレじゃないところで放尿するので悩んでいた。リビングのソファの上で度々しでかすので、誰か人がいる時以外のネコのリビング立ち入りを禁止にしてからは落ち着いたのだが、ネコ部屋を作ってやってから小太郎の放尿が嬉しくない復活。

131011onesyo_04

 他の2ネコたちと仲が悪いというわけではないものの、外ネコで苦労した文化がないためか心から馴染めず、母の気を引こうにも却って機嫌を悪くしてしまうなどと小太郎としても上手く事が進まないことからくる転移行動なのか、単なるイヤガラセなのか。

 また台風26号が列島を窺っている。こうやってクッションを干せる天気に感謝してあまりブツブツ言うのはやめよう。

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とにっき総覧」の記事 2013年5月22日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« ねこたちの秋景 | トップページ | くりくり坊主 »

なやみにっき/がっかりにっき」カテゴリの記事

コメント

あらま。

うちの元気もやりましたよ!完全に確信犯でしたね。
ワンズ連れて泊りのお出かけすると、普段はスプレーさえしない子が・・・。電話の親機にこれでもか!!と言うくらい。3台ファックスごと買い替えるはめになりました。「どうして、ぼくも連れてがないいんだ~!!」の抗議だったのでしょう。それからは一緒に連れてのお出かけになりました。

小太郎君、お母様と一緒にお出かけしたかったのかも・・?ですね?!

投稿: アンジー&ムーママ | 2013年10月12日 (土) 11時42分

私も、、あくびが生まれて、大分たってから初めて里帰りした時、
到着より、先に送ってた滞在中の衣類等荷物の段ボールに、、先にスプレーされてました(笑)
そのときは、、あくびと同じ日に生まれた3匹の猫の♀♀♂のうちの♂の子が、、知らない匂いに、、自分の陣地のしるしを付けたのだろうと母は言っていましたが。。
家ねことじっくり暮らしたことのない私はへえ==っとびっくりしたことを思い出します。

コタちゃんのこの様子、
アンジ―ママさんのおっしゃることが当たってそうですよね^^まるで、、サモ?(笑)かわいいなあ~。

ネコちゃんをよく知らない私。教えて頂きたいのですが、外ネコから家にはいってきた子たちは、、ちゃんとネコシートにしかしないのですか?
♂3匹で陣地争いはないのですか?

投稿: 福蔵 | 2013年10月12日 (土) 14時58分

>アンジー&ムーママさん

元気くんもやりましたか。なんだか、困ってしまうだけで怒るに怒れないですね。たしかに、痛いところを衝かれます。ふてション、ニッキにも度々やられました。きっと、自分の希望を強く伝えたい時はこうするんだぞ!と小太郎に伝授したのでしょうね。犬とネコの間でも文化を伝え合うことを論文のネタにしてイグノーベル賞でも狙おうかしらん。


>福蔵さん

サモエドが先住だったことも、ネコたちに影響を与えているかもしれません。小太郎はニャーと鳴かずに、うるるんと鳴いていたのも、ニッキの声音を真似ようとしていたのかもしれません。

小太郎が我が家に来た時、ネコトイレのことを知らずに、新聞紙を敷いてトイレを作ったのですが、ネコに詳しい方にネコトイレが必要なことを教えてもらいました。外ネコたち、そういえばすぐにトイレの使い方を理解してくれたみたいです。来たばかりの時は、シャッターの閉まる石庭にオープンタイプのトイレを置いて少しずつ慣れさせたのが良かったのかもしれません。陣地争い、むきになってはしませんが、大体茶次郎が一番良い所を取ります。相手を引きずりおろすこともあれば、ザラ舌でしつこく舐め回して相手を退かせる方法も硬軟取り混ぜて使いますね。

投稿: これみつ | 2013年10月12日 (土) 20時54分

お久しぶりです。
先日は号泣してしまい、申し訳ありませんm(__)m 落ち着いてから、「わたしのほうが泣いてどうする!!」って自分でもツッコミ入れてました(--;)

にゃんこのイヤガラセねー。
うーちゃんもありましたよ。うーちゃんはとてもお母さんっ子で、母がお外の猫と一緒にいるのを見ると、お茶の間の母の物が小山のように積んであるところ(家庭内通称「えみこ山」えみ=母の名前)にだけ、容赦なくやってましたね~。すっごくすっごく賢い子だったので、普段はおトイレ以外では絶対しないのに。
あと、超超超お利口な子だったので、壁や襖で爪を研いだりも絶対しなかったんですが、家人の気持ちが他に向いていると(TVとか話していたりとか)、「壁で爪研ぎのポーズ」で待機して、自分に注目を集めたりなんかもしていました。

小太郎ちゃんのイヤガラセも、きっと「かまってかまって!!」ではないでしょうか。かわいいなぁ(〝⌒∇⌒〝) ←いや、ホントに困りモノなんですけどね(;^_^A
ただ、「かまって!!」にも性格の差がやっぱり有って…。
うちの子はみんな甘えっ子ですが、まるにゃは、おにーちゃんsの居る場では素直に甘えてきませんでしたね。二人っきりになるとリラックスして凄く甘えていましたが。

茶次郎くん玉三郎くんの見ていないところで、それこそ猫可愛がりしてあげたら、小太ちゃんの気持ちも落ち着きませんかしら?

投稿: 小もも(今更、この名前もどうかとは思いますが・・・(^_^;) | 2013年10月13日 (日) 19時27分

>小ももさん

たくさんのネコたち、やっぱり性格の差があるんですね。そこがまたかわいい所ですが、あんまり立て続けにやられると閉口しますね。

茶次郎は尻尾を絡めてドサッと仰向けに倒れて甘えます。そしてその中途半端なストップモーションのまま動かない。手を出すとジョリジョリした舌で舐めるのが得意技です。やすりみたいな強度のネコ舌なんでちょっと迷惑です。玉は、母に甘える時と自分に甘える時とに差を設けているみたいで小癪ですが、基本はジャンプしての「体当たり」が甘えのボディランゲージですね。母の前では四足で跳ねるみたいです。会えばフーフー言っていたニッキとも鼻をチョコンと合わせるまでに打ち解けてきたのに残念です。玉とニッキが仲良くなったらどんな絡みになったんだろう・・・

小太郎は母がいると話しかけたり膝の上に跳び乗ってきたりとネコとしては一番普通の甘え方なのかもしれませんが、あとの2匹が見ている前では甘えん坊しぐさをしないんですよ。年上としての、あるいは先住ネコとしてのプライドがあるのかもしれません。2ネコから離れてネコっかわいがりすると、喉の枯れたような声で、嬉しいよぉと鳴きます。ちょっと痛い甘噛み派ですね。

もともと甘えん坊なのに、素直に愛情表現できないような状況であらぬところでおしっこしてしまうのかもしれませんね。

投稿: これみつ | 2013年10月13日 (日) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/58344878

この記事へのトラックバック一覧です: 小太郎のイヤガラセ:

« ねこたちの秋景 | トップページ | くりくり坊主 »