« 春萌す | トップページ | 春の宵歩き »

噛み噛み棒をどうぞ

130308woodtoy_03

 ニッキ、室内の家具は噛んではいけないということがわかっているようだが、ちょっとした山道を散歩すると小枝や木製の杭を噛むので、木の噛み心地を満たしてやるべく、2種類の木製噛み棒を買ってやった。

 こちらの材質はメープル(秋田のサトウカエデ)で小振り。キャラメルフレーバーとあるがどんな風味があるのかは想像の域を出ない。

130308woodtoy_05

 家の中にあんまりごろごろと木材が転がっていると転倒する恐れもあるので、こちらは室内用。

130308woodtoy_08

 早速試し噛み。

 うむっ。

130308woodtoy_11

 そしてこちらは噛み棒の定番ともいえるFetch!(フェッチ)。材質は梨の木。大昔にいただいたフェッチの残骸が今も残っているが、梨の木はささくれないで噛んだ分だけおがくずになるので犬の胃腸を傷めないそうだ。こちらは屋上で存分に使ってもらおう。

130308woodtoy_13

 おっ、久々に奮発してフェッチ買ったんだ。さすがにブランド感があるね。犬棒カルタの「棒」ってこんなんだろうか? 犬は歩かなくても棒を貰う。犬に木棒・・・coldsweats01

130308woodtoy_15

 肉をよこさないとこれでぶん殴ってやる。

 こらこら おしっこしたままで言うな。

130308woodtoy_18

 まだまだ歯が丈夫だって素晴らしいことだけど、噛み噛み棒を進呈するんだからリサイクラーの羽目板をいじめるのはもう止めにしてあげてね。

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とにっき総覧」の記事 2013年3月1日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 春萌す | トップページ | 春の宵歩き »

MONOにっき」カテゴリの記事

コメント

噛み棒をかじったままオシッコ~ヾ(≧∇≦)
可愛いぃですねぇ(@^▽^@)
我が家のサモsは木とか室内の家具とかイタズラはあまりしなかったけど…ピーピー鳴るおもちゃはうるさいくらい鳴らしてましたねぇ(^_^;)でも破壊はしなかったから長持ちしてましたよ(@^▽^@)
ところでご近所のハウちゃんはどこへ行ってしまったのでしょうか!?

投稿: cappuccino | 2013年3月 9日 (土) 17時43分

こんばんわ。
ニッキも、かじり俸が好き❤なんですねー。

アイルは、食べてしまうので、気を付けてあげています。(汗)

≫cappuccino≪さん初めまして。
 私もハウちゃんとニッキと一緒にお逢いできるのを楽しみにしていたのですが・・・。
ハウちゃんは井戸端にもあるように、十勝の「子」
になるんですよー。

投稿: samozuki | 2013年3月 9日 (土) 21時29分

>cappuccinoさん

アプちとプレスくんのピーピー、さぞ賑やかだったでしょうね。サモエドっていくつになっても幼いところを残しているのがなんともかわいいですよね。ハウちゃんは、飼い主さんのご家族の事情で(犬とは無関係な)忙しくなってしまったため、ハウちゃんはいったんお里に戻ることになったんですよ。少ない時間でしたが、ハウちゃん、神奈川の生活を楽しんで少し大きくなって戻っていったようです。飼い主さんを含めてみんなが、彼女の幸せを祈っていますよ。


>samozuki

ニッキも放っておくと木材を食べてしまいます。ただ、得体の知れない塗料の塗ってある得体の知れない由来の木を齧るより、噛み噛み棒の方がまだ安全かなと思い切って買いました。食品でもないのに・・・と当初は高く感じますよね。ハウちゃんのことは残念ではありますが、飼い主だったSさんがハウちゃんのことを思って決断を下されたことが何より立派でした。ハウちゃんの幸せを第一と考えた末でしょう。ハウちゃんだって絶対にSさんとの縁を忘れませんよ!

投稿: これみつ | 2013年3月 9日 (土) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/56914773

この記事へのトラックバック一覧です: 噛み噛み棒をどうぞ:

« 春萌す | トップページ | 春の宵歩き »