« いたちごっこ | トップページ | 菓子やお茶 飴のようには いかぬもの »

牡蠣汁

121123kakinabe

 兵庫県の室津で網元をなさっているサモ友さんからぷりぷりの牡蠣をいただいた。早速、牡蠣汁に仕立ててもらう。

 潮の香りが鼻をくすぐる。牡蠣汁は、ご飯だけでなくうどんや餅を入れても、バゲットと一緒でもウマい! 世界のどこでも愛されている食材だということを口と鼻で改めて確認できた。なんとも奥行きのある味だ。今年の牡蠣、生育は良いそうで何より。ニッキを連れて室津を訪れたいものだ。

 Yさん、美味しい海の幸ありがとうございました! スープはおじやにしても、ニッキのフードにかけてやっても滋養豊富でよさそうですね。冷えた心身を温めてくれました。

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とニッキ総覧」の記事 2012年11月19日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« いたちごっこ | トップページ | 菓子やお茶 飴のようには いかぬもの »

ありがとにっき」カテゴリの記事

味にっき」カテゴリの記事

コメント

Yさんの牡蠣を頂くと、サモの季節が来たなぁって思います。
その辺のスーパーなんかじゃ手に入らない立派な牡蠣は心身ともに温めてくれますね。
ニッキ君、また蘭ちゃんとの思い出の町並みを散歩できるといいねぇ。

投稿: ちょびん | 2012年11月23日 (金) 19時20分

>ちょびんさん

牡蠣には他の貝にはない癖がありますよね。そしてその癖が、焼いた場合、揚げた場合、生の場合、茹でた場合(燻製にもできますね)でそれぞれに花開く。だから、私は牡蠣フライが好きだけど、弟は生が好きというように、牡蠣の好みも分かれるんだと思います。アサリやホタテも好きですが、ここまで調理によっての変化ってないですね。

ニッキ、室津に行けば蘭ちゃんに会えるってことがわかっているのでしょうね。

投稿: これみつ | 2012年11月23日 (金) 21時57分

喜んでいただけたようで嬉しいです。
牡蠣は風邪の予防にもなるそうです。
牡蠣を食べてこの冬も乗り切ってくださいね。

元気になったニッキ君を、蘭、夢狗、美蘭とで待ってますね。

投稿: 夢さん | 2012年11月23日 (金) 23時19分

>夢さん

ごちそうさまです。美味しくいただいております。いつの間にか、牡蠣が鍋の主役になる季節になりましたね~

ニッキと過ごせる時間が取れたら、室津へ行って洋食をと思っています。それまでしっかりと体調管理と体力増進をお互い図っておかなくては・・・

投稿: これみつ | 2012年11月23日 (金) 23時24分

ごぶさたしています。
昨日、室津へ行ってきました。
相変わらず夢さんはお忙しそうでしたが。
今回は小嶋さんでお好み焼きをいただきました。
前々からこれみつさんの日記を拝見していきたかったんですもの。
2人で行ったので、おまかせコースにしました、
半分ずつにしてくれて、夢さんちの従業員の人がお腹いっぱいになったら〝スットップ〟って言えばいいから・・・とアドバイスをくれましたが最後まで食べちゃいました。
おばちゃんともこれさんのお話をしたよ。
あぁ~ワンコさんのおともだちかぁ~、店に入られんから、いつも外で待っとるんよ~とかってね。

今度いらっしゃるときは教えてくださいね。
ご一緒できれば良いなぁ~

投稿: ブーママ | 2012年11月24日 (土) 09時37分

>ブーママさん

ご無沙汰でした!

そうですか、小嶋さんに行かれたのですね~

おばちゃんの焼く洋食はいくらでもお腹に入るし、胃もたれもしないから不思議です。私はよく夜食用にもしますが冷めても美味しくいただけますよ。

でも、お店で食べるのが何といっても一番です! 室津へ行く予定が立ちましたら夢さんに連絡いたしますので、その折はぜひご一緒いたしましょう!

投稿: これみつ | 2012年11月24日 (土) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/56172045

この記事へのトラックバック一覧です: 牡蠣汁:

« いたちごっこ | トップページ | 菓子やお茶 飴のようには いかぬもの »