« 江勢にっき(8) | トップページ | 江勢にっき(10) 近江の「殿」とご対面 »

江勢にっき(9)

121105gosenikki_102

 天気予報では雨のはずだった5日の南近江。晴れ男兼台風男のニッキの祈りが天のサモエドたちにも通じたか、澄んだ空気の晴れ渡る空に感謝! 旅籠屋さんのことを知ったのは、サモ友のベルクさんの日記だったけれど、それ以来、スタンプラリーで大きなぬいぐるみ(旅籠屋ベアー)をいただくまで各地の旅籠屋さんにお世話になった。

 ここ彦根店だけでなく、伊賀店なども知り合いのサモ友さん、犬友さんの利用も結構増えてきたらしい。わんこの泊まれる部屋は大体11号室となっているので、ニッキ、お友だちの匂い、わかったかな? 旅籠屋さんに、ニッキさん困りますよ、と言われないようにお行儀よくしないとね。

121105gosenikki_112

 今日の最初の目的地は琵琶湖東岸の歴史のある町、近江八幡。この町へは滋賀と岐阜の犬友さんに連れてきていただいたことがあるので再訪ということになる。ただ、今回のお目当ては市街の散策ではなくって、

121105gosenikki_121

 近江八幡城への登城。ロープウェイには犬は乗れないので、日牟禮八幡宮の脇から付いている登山道で山頂を目指す。まあ山城は麓から自分たちの脚で登るのが一番なんだよね。金華山や御坂山に比べれば何のことないさ・・・

121105gosenikki_115

 などと思って登ったら、なかなかの急登もあって、骨が折れた。ニッキの様子を見ながら登ったが、涼しさに助けられて舌を出すこともなく自分よりハイペースでぐんぐん登っていた。たいしたものだね。

121105gosenikki_117

 湧水で水分補給。あんまり綺麗じゃなさそうだけど、大丈夫だろう。

121105gosenikki_119

 迷わないように道案内の標識は随所に整備されている。

121105gosenikki_122

 着いた~

121105gosenikki_124

 ニッキの奥さん、エニセイの娘、バイカの安産を祈って、

121105gosenikki_126

 清水をいただく。

121105gosenikki_128

 琵琶湖の尻尾が見えるね。津久井湖、山中湖、芦ノ湖、河口湖・・・ニッキが訪れた湖、回数でベスト5に入るんじゃないかな。琵琶湖は観光ポイントというよりも広大な面積を持っているから、西に向かう時は琵琶湖のどこかに突き当たることが多いんだよね。

121105gosenikki_130

 石垣をバックに紅葉の赤がワンポイント。

121105gosenikki_133

 ニッキとも訪れた安土城(左の低い山)、観音寺城(右の高い山)も観望できる。

121105gosenikki_137

 雲が多くなってきたこともあってか、ピントが合っていた写真が少なかったのが残念。なぁに、また来ればいいさといった感じのニッキ。

121105gosenikki_141

 山頂のロープウェイ駅。ふわっとここから飛んで下りてしまいたいよ。

121105gosenikki_143

 構内まで入れていただいて撮影。

121105gosenikki_148

 下りは、10分くらいだったかな。ニッキのフットワークが軽かったのでこちらの膝を痛めない程度にすったか下りることができた。

121105gosenikki_150

 ひと運動して今朝も飯がウマい!

 つづく

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とニッキ総覧」の記事 2012年10月30日更新分 は → ここ をクリックしてください。

※旧「にきにき日記」は → こちら からどうぞ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 江勢にっき(8) | トップページ | 江勢にっき(10) 近江の「殿」とご対面 »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

これみつさん、ニッキくん、こんにちは~
1人と1匹の旅、いつも楽しそうですね!!
ニッキくんも元気そうで安心しました。

私は、ここで旅籠屋を知って
彦根店に2回・伊賀店に1回・佐野SA店に1回泊りました。
犬連れには、とてもよいお宿ですね(^-^)

四国や九州、北海道にも、どんどん増えてくれるとありがたいのですけどね。

投稿: チーママ。 | 2012年11月12日 (月) 11時04分

>チーママ。さん

お蔭さまで、ニッキとの旅を続けることができました。ありがたいことです。

りきまるくんと菊花ちゃんとの北海道旅行、拝見いたしました。四国から近畿、関東、東北を抜けての道東行き、大変ではあったでしょうが、素晴らしい時間だったと思います。

佐野店、一度利用したいなぁと思いながら、あそこまで帰ってくると車中泊でいいか・・・となってしまい今のところ利用したことがありません。近々、秩父店をと考えています。

四国には旅籠屋さん、高松にできましたね。東温にはサモ友さんの開設されている宿があるので、四国にニッキの里帰りをのんびしてみたいです。そう、次はできてほしいのは北海道かなぁ。

投稿: これみつ | 2012年11月12日 (月) 12時52分

うちも帰りは旅籠屋さんの牧之原店さんにお世話になりました。予約は当日取れて急遽らて家も一緒に。

あとで気がついたのですが、里親で静岡に行った茶々丸の弟・海の家が近かったようです。

茶々丸の足ですが、肉球をちょっと傷めたようで月曜は辛そうでしが火曜からは普通に走ってました。

投稿: ちゃぱ | 2012年11月12日 (月) 13時56分

>ちゃぱさん

茶々丸くん、肉球の擦り傷かな。室内は砂利なのでフィールドの方が楽だったかもしれませんね。頸椎を痛めている子は結構多いみたいですが、そこまで師匠に見習わなくて良かったです。お大事に!

長旅で渋滞に捕まりそうな場合、東名阪と伊勢湾岸を使わずに、R306号を北上、関ヶ原から名神に入って、あるいはR21を各務原まで走って中央道に抜ける。中央道は長野県内は混まないので、小淵沢の旅籠屋さんに泊まるっていうルートも考えていたのですが、これもまだやったことないので疲労の度合いがつかめません。渋滞覚悟でとにかく東名に乗ってしまって牧之原辺りで休むってのが一番楽かもしれませんね。旅籠屋さんは、到着時間を気にしなくていいのがありがたいです。

投稿: これみつ | 2012年11月12日 (月) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/56050958

この記事へのトラックバック一覧です: 江勢にっき(9):

« 江勢にっき(8) | トップページ | 江勢にっき(10) 近江の「殿」とご対面 »