« 上越にっき(6) | トップページ | 上越にっき(8/完) »

上越にっき(7)

121015jouetsunikki_135

 すでに通っていそうで通っていない道。それが雁坂トンネルを抜ける国道140号線「彩甲斐街道」。深谷から寄居を経由して秩父方面に向かう。

121015jouetsunikki_138

 懐かしい感じの長瀞の駅。長瀞の岩畳を見ようと思ったが、道が入り組んでいてどこに車を止めていいのかわからないのでパスした。

121015jouetsunikki_140

 秩父の市街に入る。うーん、なんともミスマッチな名前だ。

121015jouetsunikki_144

 昭和のにほひを色濃く残す三峰口の駅舎。三峯神社への玄関口だ。ちなみに三峯神社の祭神はオオカミなので、犬と一緒に参詣できるらしい。

121015jouetsunikki_152

 武甲県境に近いところにある道の駅大滝温泉で小休止。入浴しようかと思ったが、エアコンを切ると車内の温度がかなり高くなりそうなのでやめた。ニッキにチーズとベーコンを与えてから直売所でささやかな土産を買う。

121015jouetsunikki_154

 荒川の源流で川遊び。美味しそうに水を飲む。

121015jouetsunikki_156

 マイナスイオンやら大地のパワーやら補給ちう。

121015jouetsunikki_159

 いかにも意地悪そうなキャラクターを配した看板。逆効果ではなかろうか。それに、犬はコントロールできるとして猫って? この辺の猫は識字率高いのか。突っ込み期待のポスターなんかな。

121015jouetsunikki_162

 直売所では気休めダイエットにコンニャクを買う。ニッキとハッカが仲良く並んでいた(笑)

121015jouetsunikki_165

 道の駅大滝温泉を出ると何とも圧倒されるアーチ橋とダムの堰堤が見えてくる。

121015jouetsunikki_167

 車のウィンドウ越しに撮ったので冴えないが、よくもまあこんな山奥に道を作ったものだと感動する。

121015jouetsunikki_171

 関越トンネルや飛騨トンネル、安房トンネル等の名だたるトンネルたちに比べると規模の点ではやや見劣りするけれど、車の通行量に対する投資としては雁坂トンネルは実に贅沢なトンネルだと思う。当然地元の人の請願もあったのだろうが、トンネル土木技師たちが力の粋を集めてどうしても掘りたかったトンネルだったのではないか、なんて考えてしまう。人と自転車の通行ができないという点にいささか疑問はあるけれど。

 つづく

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

※「城とニッキ総覧」の記事は → ここ をクリックしてください。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 上越にっき(6) | トップページ | 上越にっき(8/完) »

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

なんだかとっても懐かしい地名がいっぱいです。寄居、長瀞、秩父、同級生が沢山います(゚ー゚)

石畳、残念でしたね?長瀞の駅の側と、石畳のすぐ近くにも駐車場があったと思いますよ。桜の頃もとっても綺麗なんです。もう少し後なら、秩父の風布(フープ)で、みかん狩りが出来ますよ!日当たりの良い斜面を利用してみかん畑があって、結構甘くて美味しいんです。

これみつ父ちゃま?ムーちんと同じ、グニュグニュダイエットするの?     byアンジー

投稿: アンジー&ムーママ | 2012年10月20日 (土) 00時59分

>アンジー&ムーママさん

長瀞の駅の周辺に駐車場はいくつかあったのですが、石畳については下調べしていなかったので、どの辺に車を止めたらいいのかわからなかったんですよ~。

我が家からの距離が近過ぎず遠過ぎずで、川越と同じようになかなか訪れることのなかった地です。秩父から雁坂を越えると河口湖も意外と近いんですよ。

コンニャクダイエットが必要な季節です(笑)

投稿: これみつ | 2012年10月20日 (土) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/55903572

この記事へのトラックバック一覧です: 上越にっき(7):

« 上越にっき(6) | トップページ | 上越にっき(8/完) »