« 因幡にっき(9) | トップページ | 因幡にっき(11) »

因幡にっき(10)

120506inabanikki_212

 若桜を出て29号線を北へ走る。いかにも、「山」という感じのなんとも面白い形の山だね~

120506inabanikki_214

 鳥取市街に入ると鳥取城跡が遠望できる。何よりのランドマーク。

120506inabanikki_222

 小雨の降る鳥取城址久松公園に着到!

120506inabanikki_225

 鳥取のシンボル「仁風閣」をバックに。白さでは負けないよ。

120506inabanikki_228

 城内は犬のお散歩にも開放されている。これでこそ一級城址!(ニッキ基準)

120506inabanikki_230

 戦国時代有数の悲劇を刻む城跡だけに、石段を登る足取りも自ずと重くなる。

120506inabanikki_232

 飢えもない、大規模な殺戮もない現代の日本。だけど、この時代を平和で豊かな時代と単純に言っていいんだろうか。

120506inabanikki_235

 よっ、殿っ! それにしても、旧華族の方々が設えた洋館って、人間のサイズが2.5メートルくらいないと寸法が合わないようなオーバースケールに見えちゃうのは自分だけだろうか。西洋人を意識してわざと大きく作ったのかしらん。

120506inabanikki_253

 さらば鳥取!

120506inabanikki_256

 ここから西に向かえば、米子、出雲とサモ友さんに会えるんだけど、明日には帰宅せにゃならないとなると東に反転しないとね。

120506inabanikki_257

 まずは国道178号線に入り、日本海に出る。

120506inabanikki_262

 餘部鉄橋をくぐって余部道路に乗って

120506inabanikki_266

 豊岡市に入る。

120506inabanikki_268

 大石内蔵助の奥方の実家はここにあったんだね。

120506inabanikki_272

 神武山公園として整備されている豊岡城址へ。

120506inabanikki_275

 う~ん、昭和の匂いが漂ってくるね。ボクは平成世代だけどね。

 これみつが左の黄色い幟を見てドキッとしていたよ。

120506inabanikki_277

 あのドアを開けると昭和に戻るタイムマシンだったりしてね。

 つづく

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 因幡にっき(9) | トップページ | 因幡にっき(11) »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/54711321

この記事へのトラックバック一覧です: 因幡にっき(10):

« 因幡にっき(9) | トップページ | 因幡にっき(11) »