« 因幡にっき(8) | トップページ | 因幡にっき(10) »

因幡にっき(9)

120506inabanikki_112

 明けて5月6日の日曜日。5時過ぎに目が覚める。道の駅周辺をのんびり散歩しながら目を覚ます。写真整理をして気付いたが、道の駅の背後に見えるこんもりと盛り上がった山が、これから目指す若桜鬼ヶ城かもしれない。

120506inabanikki_115

 道の駅の向こうは若桜駅の構内だ。

120506inabanikki_118

 若桜駅前も見に行こう。こんなに朝早くから観光客が集まっているのかと思ったらリアルなお人形さんだった。

120506inabanikki_119

 ローカル駅ではあるけれど、垢抜けした改装がなされていて、終着駅の持つ裏哀しさのようなものが払拭されている。

120506inabanikki_121

 若桜の町を突き抜けて林道を行く。

120506inabanikki_123

 鬼ヶ城はナビに映っているけれど、道が映っていないんだよね・・・

120506inabanikki_125

 登城口には最近設置されたようなかわいらしい案内図が。訪れるのはコアな城マニアだけでもないみたいだ。

120506inabanikki_127

 馬馴らしができそうな平らに細く広がる馬場跡でひと休み。

120506inabanikki_129

 連続する郭に向かう。三の丸を経由して本丸に行こうとしたら、

120506inabanikki_133

 こちらは崖崩れで通行止めcoldsweats02

120506inabanikki_136

 反対の二の丸を迂回して本丸へと向かう。「鬼」っぽい表情を取るニッキ。あまり見かけない白鬼さんだね。

120506inabanikki_138

 土地勘がないけど、北播磨の方角かな。

120506inabanikki_141

 鳥取県内初登城のお城になるのかな。

120506inabanikki_145

 天守台に登り、城主気分を味わう。

120506inabanikki_147

 地元の小学生の描いたポスター。うんうん、本当にそうだね。

120506inabanikki_149

 もうちょっと天守に留まりたかったのだが、この時不気味な遠雷が! ゴロゴロゴロという音ではなく、富士山麓に展開する自衛隊の実弾演習のような「ドドーン、ドドーン」というような地響きのような音が方向感なく聞こえてくる。

120506inabanikki_151

 雨で濡れるのはともかくとして、怖いのは雷。落とし物のないよう、足を挫かないよう、それだけは気をつけて早足で撤退。山城って怖いのは蛇だけじゃないんだよね。

120506inabanikki_153

 幸い、車を停めた登城口までは遠くないので雨にも濡れずに車に戻ることができた。今日はこれから鳥取に出た後、どうやって本日の投宿地である岐阜県の土岐の地に辿りつくのかまだコースを決めていない。渋滞とか天候とか、先行きが思いやられる・・・

 つづく

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 因幡にっき(8) | トップページ | 因幡にっき(10) »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/54711320

この記事へのトラックバック一覧です: 因幡にっき(9):

« 因幡にっき(8) | トップページ | 因幡にっき(10) »