« 因幡にっき(12) | トップページ | 因幡にっき(14) »

因幡にっき(13)

120507inabanikki_113

 明けて今回の旅の最終日となる7日の朝に。本当は仕事でイベントが入っていたのだけど、ニッキのために(笑)都合をつけてもらった。今日はちょっと暑くなりそうだ。

120507inabanikki_122

 土岐から駄知の町を抜けて、小里城址の脇を通って「道の駅 おばあちゃん市 山岡」へ。巨大な水車がランドマーク。休日は駐車場は満杯になるほどの人気の道の駅。

120507inabanikki_125

 消防のヘリが汲水&放水の訓練をしていた。ここの道の駅は小里川ダムの脇にあることもあり、平日だから多少の騒音には目をつぶってね、ということだろう。

120507inabanikki_128

 お休み中の鯉のぼりとニッキ。

120507inabanikki_130

 巨大水車をバックにパチリ。手前のアーチ橋は珍しい3連アーチ橋とやらで、ダム湖ができる前の発電所に渡っていくための橋だったそうな。

120507inabanikki_133

 ガケから転げ落ちている人はヘビに驚いているのか? どうでもいいけど。

120507inabanikki_138

 巨大水車からのしずくで涼を取っているところ。

120507inabanikki_142

 山岡の道の駅を出発して、Yさんが仕事をしている岩村町へ。市の中心部から少し離れたところにある飯羽間城址へ。

120507inabanikki_145

 登城前に身を軽くしておかなきゃね。寺社の境内や城の縄張りで大きいのはやっぱり控えなければね。

120507inabanikki_147

 ここの城跡はちょっと前までは竹林、竹藪を掻き分けて登城しなければならないほど未整備だったが、地元の有志の方がコツコツと竹を伐採し、昔からの言伝えを元に、大手道を復興してくださった。誠に頭の下がる思い。地元のテレビ局が取材してもよかったのにね。

120507inabanikki_151

 整備されたといっても、気を抜くとバランスを崩すから注意。

120507inabanikki_154

 本丸跡へ。高祖父の出仕していた苗木藩も、ここの殿様(遠山氏)の流れ。サモエドだけでない。どこかで人もつながっているのだ。

120507inabanikki_157

 ニッキ号が見えるかい?

120507inabanikki_159

 タケノコニョッキ。これって食えるんだろうか?

120507inabanikki_162

 殿、風を入れた車内で少し早めの昼めし。

 つづく

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 因幡にっき(12) | トップページ | 因幡にっき(14) »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/54749660

この記事へのトラックバック一覧です: 因幡にっき(13):

« 因幡にっき(12) | トップページ | 因幡にっき(14) »