« アウトドアでうまうま | トップページ | 因幡にっき(2) »

因幡にっき(1)

120504inabanikki_113

 渋滞を避けるためゴールデンウィークも終わりに近い4日からニッキと西に向かうことにした。途中、各地の犬友さんと出会いながら7日の月曜日には戻ってくるという予定で・・・

120504inabanikki_115

 朝6時に家を出て高尾山ICから中央道へ。ここまではすこぶる順調。家を出て20分ちょっと。中央道だけでなく、関越・東北方面への心理的な距離感も30kmくらい減った感じ。今後、圏央道には相模原ICや城山ICができる予定だが、城山ICが開いても我が家からはこっちの方が便利かもしれない。

120504inabanikki_117

 などと考えながら本線に合流しようとしたらナビの情報通りにびっしりと詰まっていた。

120504inabanikki_119

 ただ、絶望的なそれではなく区間渋滞のようなものなので、本日の待ち合わせ場所となる河口湖周辺には余裕で予定時刻には到着する。おっ、また相模原市に入ったよ。

120504inabanikki_121

 裏丹沢が見えてくると白夏のことを思い出す。白夏は深い山懐に抱かれて暮らしているから堂々としているのかな。

120504inabanikki_125

 談合坂下り線の新しくオープンしたドッグランでニッキを遊ばせてやろうと思ったがこれではね。

120504inabanikki_127

 そこそこ晴れていたんだけど、岩殿山を過ぎる頃から空が曇り出し。

120504inabanikki_129

 写真からは伝わらないくらいの凄まじい雨の連射。バタバタバタという凄まじい音。雹が降ってこないだけ良かった。

120504inabanikki_131

 かと思いきや数分後にはサモエド雲たちが遊ぶこんな素敵な空に。天国にもイタズラ坊主のサモエドがいるんだろうかね。

120504inabanikki_133

 本日のサモ友さんとの待ち合わせ場所、河口湖のフォレスト・モール。駐車場には入れるんだけどあまり早く着いてもしょうがない。

120504inabanikki_135

 まだ7時をちょっと回ったばかり。河口湖の北岸まで行ってみようっと。土地ネコさんが堂々と朝の散策

120504inabanikki_137

 道の駅かつやまにはボルゾイさんも遊びに来ていた。おっ、あいつもロシアもんじゃないって感じでこっちを見ている。

120504inabanikki_139

 芝生広場をのんびりと歩いて 

120504inabanikki_141

 草を食む。

 つづく

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« アウトドアでうまうま | トップページ | 因幡にっき(2) »

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

いよいよムー、アイルくんとのご対面ですね。

我が家も以前にムー君たちとの待ち合わせに早く到着し、同じく道の駅かつやまで仮眠&のんびりしていました。
さわやかで居心地のいい場所ですよね。
芝生広場を歩くニッキ君、オーブかと思っちゃいましたhappy01

早くアイル君が見た~いheart04

投稿: Yoshitake | 2012年5月11日 (金) 09時19分

>Yoshitakeさん

私もオーブくんの旅行記を仕事の行き帰り、楽しみに拝見しております。ムーくんたちとのご対面写真、すでに選定は終わっているんですが、セキュリティソフトのアップデートのためPCを再起動しなければならない状態になり、再起動後はものすごく重い動き(簡単な漢字変換ですら長考に入ってしまう)なので記事を編集できないんですよ~ ジラしているわけではありませんのでもう少々お待ちください。うちのPCもサモエドチックになってきたような・・・

芝生広場のニッキ、たしかにオーブくんを小さくした感じですね。草を食んでいるところでは見事に頭が割れているのがわかると思います。

投稿: これみつ | 2012年5月11日 (金) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/54586455

この記事へのトラックバック一覧です: 因幡にっき(1):

« アウトドアでうまうま | トップページ | 因幡にっき(2) »