« 脚下照顧用自燈明 | トップページ | わさお駅長 »

いつかまた逢おうね

090510moroyamaoff_41

 何気なく掲示板を見ていて目にした訃報。

 関東近辺のオフ会で度々ニッキとも遊んでくれた友サモ、H.ブランくんがこの10日に迎えるはずだった11歳の誕生日を目前に天に昇っていった。大きくて優しいサモエドだった。

 すでに天国にいるH.ブランくんの父犬カザフ、母犬ノエル、そして同胎兄弟のチロル・・・皆素晴らしい、心に残るサモエドたちだったけれど、犬の生涯は切なくなるほど短過ぎる。

 これからは懐かしい地上を眺めながら、天使の仕事に戻るんだね。いつかまた天使になった君たちに必ず逢えるよね。そう固く信じている。

 やすらかに

Anber005_2

|

« 脚下照顧用自燈明 | トップページ | わさお駅長 »

お悔やみ」カテゴリの記事

コメント

プチで、何度か会ったことがあるHブラン君。
チロルもそうでしたが、大きくて心優しい穏やかな子でしたね。
誕生日、毛呂山での集いを目前にしての旅立ち…残念です。

天上でたくさんの仲間に迎えられ、あの笑顔でいることと思います。
安らかに… 合掌

投稿: ちょびん | 2012年1月 5日 (木) 06時24分

ブランへのお悔やみ、有難うございます。
本当に、穏やかで優しい子でした。
沢山の方に可愛がって頂きました。
15日には、皆さんに会えたのに・・・・残念です。

今はあきる野時代のように、お友達と駆け回っていると思います。


投稿: ブランのママ | 2012年1月 5日 (木) 08時42分

>ちょびんさん

穏やかでそれでいて頼りがいのある子でした。懐かしい子たちが星になってしまうのは本当に寂しいことですが、心通わせてくれたことの思い出は当時の風景と共にいつまでも温かく残ります。


>ブランのママさん

人間の大好きな温かいハートを持つブランくんの周囲もほんわかと温かかったのを思い出します。友人を喪った寂しさは今なお募りますが、彼がH家で幸せな犬生を送ることができたことを思えば哀しみも癒されます。ブランくんの魂はこれからもずっと寄り添ってくれることでしょう。

いずれの再会を希って やすらかに

投稿: これみつ | 2012年1月 5日 (木) 09時14分

ブランおじじのとこ、お母ちゃんを引きずって行って来たよ。
ニッキじいじの事教えてくれたのも、セナママとモフモフ出来たのも、埼玉犬になれたのも、み~んなブランおじじのおかげなんだって。お母ちゃんが言ってたよ。

ちっちゃいけど、レレちゃんが、しっかりブランお爺の代わりにお家を守ってたよ。

毛呂山で、また会えると思ったのに・・・。寂しいね。

投稿: ムーです | 2012年1月 6日 (金) 21時46分

>ムーくん

Hブランくんはこれみつの大親友だったI家のチロルくんの同胎兄弟でね、落ち着いていて優しくて本当にサモエドの鑑のような紳士だったね。人懐っこいスマイルとぶっといあんよがとってもキュートだよってよくこれみつが言っていたっけ。

ムーくんにもどこかHブランくんの面影があるよね。血筋だね。レレちゃんと会ったらじいじがブランくんの話をしてあげるんだ。

投稿: にっきじいじ | 2012年1月 7日 (土) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/53629208

この記事へのトラックバック一覧です: いつかまた逢おうね:

« 脚下照顧用自燈明 | トップページ | わさお駅長 »