« 濃飛にっき(中編) | トップページ | 雨がこんなに嬉しいなんて »

濃飛にっき(後編)

100905nouhinikki_184

 ひと風呂浴びて、ニッキの夕食を済ませる。18時30分からオーナーが腕を揮った夕食を楽しむ。普段の10倍くらい時間をかけて、移ろいゆく空の色を見て・・・

100905nouhinikki_187

 ふぅ~、老体には堪えるわい、という様子で寝ているが、犬の声が聞こえるとガバッと飛び起きる。そのエネルギーはもっと正しく使おうね。

 運転の疲れが出たのか、まだ0時にもならないうちに自分も眠りについてしまったようだ・・・

100906nouhinikki_103

 朝4時に、ニッキの排泄を済ませ、催促吠えをしないよう早めの朝食を取らせる。高山の空を見ながら7時過ぎまで2度寝。8時に焼き立てパンの香ばしい朝食をいただき、

100906nouhinikki_106

 ニッキはペンションのゴールデンドゥードルの女の子、2歳のミルちゃんと食後の腹ごなし。9時30分に宿を出発。

100906nouhinikki_113

 高山市の中心地まではのんびり走って15分くらい。高山城二の丸公園の駐車場が我々の「定」駐車場(笑) ここは無料だからとケチっているのではなく、一口には表わせないが何か商業主義とは無縁の良い「気」が漂っているんだよね。この公園から伸びる秘密の道を伝って三の丸へ。

※今までニッキと共に訪れた城、城址、陣屋、居館がいつの間にか百ヶ所を突破していた(再訪分除く)。これを記念して「城とにっき」画像CDなんぞを焼ければよいなと計画ちう。「日本一城を知る犬」と呼ばれるようこれからも精進したいものである。

100906nouhinikki_115

 そして、高山市の図書館となっている「煥章館」へ。賢そうに見えるかな。

100906nouhinikki_117

 げっ、宮川、この猛暑に水枯れしそう・・・

100906nouhinikki_119

 でも、ニッキがクールダウンできるくらいの水流はあるさ。孫のオーブラカもここに来たみたいだね。

100906nouhinikki_122

 暑い!ので、今日は駅前の「郷里」さんで冷やし中華をいただく。麺が細くて繊細。酸味のある昔ながらの味わいのスープがよく絡む。自分が食べている間、ご近所の犬好きの方々が店先に来てニッキをずっと見ていてくれた。

100906nouhinikki_124

 この前も立ち寄ったんだけど、ここの抹茶ソフトは安くておいしい。

100906nouhinikki_126

 駄菓子の「音羽屋」さんにて、ニッキ、冷たい水をいただく。

100906nouhinikki_128

 なんとニッキ御用達だったのだ(笑)

100906nouhinikki_129

 お店の方もとっても雰囲気が良くって、たくさんお土産を買わせていただく。もちろん、にっき飴、はっか飴もね。昔ながらのあんぱんをオマケしていただいた。

100906nouhinikki_131

 高山は盆地だが、これほどの暑さになるのは稀らしい。再びニッキを宮川へ3分漬ける。ここから流れた水はニッキ水となって日本海に流れ出るという(嘘)

100906nouhinikki_141

 ここもニッキ立ち寄り所となった陣屋。

100906nouhinikki_145

 そして陣屋朝市。朝市とは言っても昼までやっているのでお寝坊さんでも大丈夫。宿のお勧め、川端屋さんで漬け物を買い込み、城へと戻る。オーブラカもこの光景を見たんだね。

100906nouhinikki_148

 二の丸駐車場へ向かう道。この景色もまたいいんだよね~

 自分も熱中症にならないように、オレンジジュースを一気飲み。ふ~、生き返った。

100906nouhinikki_161

 高山からの帰路は極めてオーソドックスに。安房トンネル経由で長野道、中央道へ。渋滞さえなければ休憩を入れても4時間程度。高山は意外と近いのである。総走行距離848.2km。とにかく暑い旅だった~

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

供血のお願い

 東大阪でコーギーの杏ちゃんが、輸血を必要とする難病に苦しんでおります。もし、東大阪に近い方で、供血できるよ!という方がいらっしゃいましたらご協力おねがいいたします。soon 詳細につきましてはこちらをごらんください。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 濃飛にっき(中編) | トップページ | 雨がこんなに嬉しいなんて »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/49374276

この記事へのトラックバック一覧です: 濃飛にっき(後編):

« 濃飛にっき(中編) | トップページ | 雨がこんなに嬉しいなんて »