« 卒業生再来 | トップページ | 駿遠にっき 後編 »

駿遠にっき 前編

100504sunennikki_113

 休み中の預かり仕事に一区切りを付けてからGWの潮目を見計らって4日の夜に出発。目的地は遠すぎず近過ぎずの距離。渋滞をやり過ごすための時間調整に立ち寄った鮎沢PAで会った人懐っこいネコ。尻尾が小太郎と一緒の鈎尾。ただし、ソックスなし。

100504sunennikki_123

 トイレ休憩と移動用の荷造りを終えて交通情報をチェック。沼津を過ぎてから清水まで断続的に20Km程度の渋滞があるようだ。鮎沢を出て足柄SAへ。

 ドッグランがなくなったんだよなぁ・・・とエリア内を散歩していたら、いつの間にかドッグランがリニューアルオープンしているではないか!

100504sunennikki_125

 ただし、ここは「小中型犬専用」とある。大型犬用スペースはこれから設置される予定らしい。せっかくのドッグラン、ちょうど誰もいなくなったので使わせてもらった。あ、一応JKCではサモエドは「中型犬」に分類されているので・・・

100504sunennikki_133

 車内で軽食を取ってから小休止。渋滞は多少緩和されたようだが、これ以上待ってもなくなりそうにないので足柄を出発。沼津から富士市までと興津から清水までで小規模な渋滞。

 今夜の仮泊地である日本平PA着。

100505sunennikki_113

 十分に睡眠を取って、5時前から行動開始。朝は涼しくて気持ちいいね。ここはGS以外設備が充実していて仮泊にはちょうどよい。ただ、混雑時は駐車スペースが確保できずに空しく通過させられることもありそうなので要注意。

100505sunennikki_123

 6時前に駿府入り。市内もがらがらなので、駐車場の探索も楽。街に入った時間帯の共通性もあるのだろうが、静岡は京都の空気に近い。金沢以上に京文化の憧れの強い土地ということもあるのかもしれない。

 徳川家康に因む場所にはお手植えのみかんがとっても多い。家康はそんなにみかんが大好きだったんだろうか。なんだか親近感。

100505sunennikki_125

 若い柴っ子にお爺ちゃんが挨拶。かわいいなぁ、お前は。

100505sunennikki_128

 あんまりお爺ちゃんお爺ちゃんって呼ばないでよ~

100505sunennikki_129

 公園の噴水からの流水でクールダウン。

100505sunennikki_133

 静岡県内、西に向かうルートは国道1号線や東名だけではなく、いくつもの国道バイパスや県道が走っている。その中でも海沿いを走る150号線を経由して御前崎へ。

100505sunennikki_135

 伊豆半島の石廊崎よりも南にあるんだってさ。ここから見ると地球が円く見えるんだって。

100505sunennikki_143

 浜岡の巨大風力発電プロペラを見上げながら、150線を西へ。浜岡大砂丘に立ち寄る。駐車場でやんちゃなアメコの男の子と。ニッキ、最初は穏やかに相手をしていたが、最後にガウッ!と教育的指導。そう、お互いそれでいいんだよ。

100505sunennikki_145

 たしかに広めの砂浜だとは思うが鳥取のそれと比べるとイメージが狂うかもしれない。むしろ砂地を好んで群生する植物に魅力がある。

100505sunennikki_153

 朝早いといろいろ立ち寄っても余裕がある。前回、雨で断念した遠州の名城、高天神城に到着。名所としてはマイナーなんだろうね、駐車場に止まっている車も少ない。

100505sunennikki_156

 徐々に上がってくる気温を考えて休みながら城内を散策。半分はもう山歩き。10円玉くらいのサイズの蚋だか蜂だかが威嚇するように空中静止しているところが何ヶ所かあって怖かった。防虫対策も考えないといけないな。

100505sunennikki_158

 構造物は神社の建物や小さな祠以外ほとんどないが、空掘りや土塁が見事。城跡だけあって、ちょっと足を踏み外せば谷底にまっしぐらという断崖も多い。

100505sunennikki_159

 最も奥まった所にある高天神社の清水で喉の渇きを癒し、あんぱんで兵糧を取るニッキ。

100505sunennikki_173

 高天神城と対峙した横須賀城も再訪。

100505sunennikki_175

 天気が違うだけでまったくイメージが違うね。

100505sunennikki_183

 時間にまだ余裕があったので、遠江東部のランドマーク掛川城へ。暑くなってきた~ 

100505sunennikki_186

 さすがに掛川城は人が多い。ニッキもモフモフ売ります。

100505sunennikki_188

 巨大な鯉幟を背中で気にしつつの記念撮影。いくつになっても怖いものは怖いのさ。

100505sunennikki_195

 ここで抹茶ソフトをいただく。掛川の犬友さんに今度は会いに来ようね。でも夏の昼間は無理だね。

100505sunennikki_202

 掛川から菊川を経て金谷の大地にある諏訪原城へ。ナビになんとなく任せたが土地勘がまったくないところを走るのはすごく気持ちが悪い。あとで、必ず地図をチェックしておかなくっちゃ。

100505sunennikki_205

 ここの史跡もすごいね~。屋内の博物館なんかだと犬と一緒に楽しむなんてことはできないけれど、城跡は犬にとっても興味が尽きないところのようだ。

100505sunennikki_222

 近場のスーパーで買い物を済ませて、旅籠屋牧之原店へ。やっぱり今日も11号室だった。部屋の使い勝手は他の店と変わらないが、水圧が弱い。使用に不便を来たすほどではないが、いままで訪れた旅籠屋さんの水道がめちゃくちゃ勢い良く水が出てきたので逆に印象に残った。

100505sunennikki_224

 旅の間はドライを少なめに本物食系を多めに。ニッキにとっても旅は楽しいものだとインプットされるはずなんだけど記念写真の時だけはつむじを曲げる。

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

供血のお願い

 東大阪でコーギーの杏ちゃんが、輸血を必要とする難病に苦しんでおります。もし、東大阪に近い方で、供血できるよ!という方がいらっしゃいましたらご協力おねがいいたします。soon 詳細につきましてはこちらをごらんください。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 卒業生再来 | トップページ | 駿遠にっき 後編 »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/48240089

この記事へのトラックバック一覧です: 駿遠にっき 前編:

« 卒業生再来 | トップページ | 駿遠にっき 後編 »