« 駿遠にっき 前編 | トップページ | カラヤン春だより »

駿遠にっき 後編

100505sunennikki_252

 5日だけで一緒に5kmくらいは歩いたかな。ややお疲れのニッキ。

100505sunennikki_254

 ニッキの夕食が済んでから漸く自分も腹ごしらえ。運転している間ってあんまりお腹が空かないのでに、やれやれと落ち着く途端に空腹が切なくなる。旅籠屋さんの巨大なベッドにゴロンとなってうとうとっとしているうちに、

100506sunennikki_113

 あれ、もう朝になったの? ニッキは、6時くらいまでは静かに寝てくれるが、この辺りからねぇねぇお散歩しようよと催促するような動きになる。

100506sunennikki_115

 じゃあ近くを散歩しよう。旅籠屋さんは大きな街道沿いの立地が多いので気をつけてお散歩しないとね。

100506sunennikki_117

 旅籠屋さんの木彫りのキーホルダー。

100506sunennikki_233

 今日は、大井川の源流、静岡県の北部目指して突き進む。それにしても何と広大な河原。川幅一杯に水が流れたら怖いね。

100506sunennikki_235

 大自然をバックに最高のウンを!

100506sunennikki_237

 清冽な流れでクールダウン。やっぱり公園のぬるい水とは一味も二味も違うわな。

100506sunennikki_257

 川根本町の外れにある小長谷城跡に立ち寄って

100506sunennikki_263

 国道362号線を静岡市に向けて走る。途中こんなに山深い所にある休憩所で息抜き。

100506sunennikki_265

 3百番台の国道だけあって覚悟はしているさ。こんなに奥でも「静岡市葵区」なんかぁ。

100506sunennikki_313

 清水ICから東名に乗り、富士川SAで休憩。まだ日も高かったので、前々から訪れたかった沼津市の興国寺城跡へ。

100506sunennikki_316

 戦国時代の先駆け、北条早雲が初めて城を持ったという瑞祥の地。平日とあって訪れる人はなし。

100506sunennikki_322

 意外に広大な縄張りで起伏も見た目よりずっと激しい。早雲はここから伊豆の山々だけでなく関東の未来を見ていたんだね。

100506sunennikki_328

 おっ、早雲がサモエド雲になって現れた!?

100506sunennikki_329

 最後のアンパンで腹をこしらえて

100506sunennikki_341

 田子の月でお土産を買う。

100506sunennikki_361

 574.9kmを旅して、ただいま~!

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

供血のお願い

 東大阪でコーギーの杏ちゃんが、輸血を必要とする難病に苦しんでおります。もし、東大阪に近い方で、供血できるよ!という方がいらっしゃいましたらご協力おねがいいたします。soon 詳細につきましてはこちらをごらんください。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 駿遠にっき 前編 | トップページ | カラヤン春だより »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント


 楽しく、旅の様子を拝見しました。覚えのある地名、人名が出てくると、懐かしささえ感じてしまいます。実は歴史(日本も世界も)、今でもけっこう好きなんです。これに犬の歴史を重ね合わせると、人間の暮らしとシンクロして生きてきた犬たちの姿が浮かび上がりますね。関ヶ原の後、おそらくたくさんうろうろしていただろう、当時の犬たちの姿を想像すると、これはもう心躍ります(笑)。
 
 そして最後に、いつもながらのこれみつさんのフットワーク、敬服です!

 TO ニッキ

 孫たち、みんな元気に成長しているよ〜!

投稿: 北のウブ | 2010年5月 8日 (土) 09時39分

>北のウブさま

お忙しい中のお立ち寄りありがとうございます!

戦のあった地にも逞しい日本犬の祖たちはめいめいが仕事を与えられて活躍していたのだと思います。どうしても馬たちの影に隠れてしまいますが・・・

そして戦が終われば、敵も味方もなく、また今日、明日を生きるために臨機応変に社会や自然の中に溶け込んでいったのでしょうね。それぞれの民族と犬とのつながりを考えるだけでも、思想史、文化史の講座になるのではないでしょうか・・・

井戸端で目にする孫たち、その度にニッキ祖父さんとしゃしゃり出たくなってしまいますが、がまんがまん。8番ちゃんも健やかに成長しているようで何よりです。ニッキは孫たちがもう少し大きくなってから(笑)遊びたいと申しております。

投稿: これみつ | 2010年5月 8日 (土) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/48240095

この記事へのトラックバック一覧です: 駿遠にっき 後編:

« 駿遠にっき 前編 | トップページ | カラヤン春だより »