« 世界一周 | トップページ | 伊那にっき(後編) »

伊那にっき(前編)

100405inanikki_100

 ニッキ、お祖父ちゃんになって始めての旅は、数日前からご近所の柴友Jakarandaさんとゆるやかに企画をした高遠での観桜オフ! Jakarandaさんたちは高山から松本を経て合流。

100405inanikki_101

 いつもなら夜のうちに出て現地近くで仮眠というパターンを取るのだが、雨が降っていたのと家を空けっ放しにするというのも不用心だということで、4時過ぎに早起きして5時38分に家を出る。途中、山梨県を出るまではぐずついたお天気。夜明けの高速って清らかで良いよね。

100405inanikki_110

 漸く長野県に差し掛かる当たりでフロントウィンドウに当たる雨滴が見えなくなった。

100405inanikki_115

 中央道原PAで食べたソースかつ丼(700円)。カリッとした衣の歯ざわりがよく、ソースも適度ご飯に馴染んでいてんまかった!

100405inanikki_120

 10時ちょい過ぎに高遠の市内に入る。待ち合わせ時間まではまだ3時間あったので、ひと風呂浴びて運転の疲れをリフレッシュ。この間ニッキはお散歩を済ませ、朝食タイム。

100405inanikki_130

 立ち寄り湯とはいっても、そんな派手な施設ではなく、主に地元の方々の利用のために作られた施設。透明なのに、自分の肌を触るとぬるぬるした不思議なお湯だった。軽く体が融けているんだろうか、あまり長く浸かっていると贅肉が取れる・・・のならよいが骸骨になってニッキに食われてしまうかもしれない。

100405inanikki_135

 町内放送で高遠城の桜が開花したという報せを告げていた。いかにもご当地放送だと思う。お城は市内を見下ろす高台にあるが、市内の桜はご覧のように7分の咲き。

100405inanikki_140

 丸ポストにJPマークは合わないよ。どうでもいいけどさ。

100405inanikki_150

 第2駐車場は無料だが、街の中心部に近く、トイレや水の便も良い。お城まで歩いても10分程度。来週はかなり遠く離れた駐車場でも満車の札が掛かるだろう。さくらの湯に折れたところにある第2は穴場だと思うが、さてどうだろうか。

100405inanikki_155

 高遠城址公園のシンボル、「高遠閣」。現在も市民(高遠町は伊那市に併合された)の憩いの場。ただ、ペットは入れないんだけどね。祭りの期間だけでも「高遠閣ドッグラン」なんか作ったら洒落ているのにな。

 お城への道筋と、犬も入園可能かどうかを訊ねてからいったん第2駐車場に戻ってJakarandaさんにメールして合流しようとしたまさにその時、プップー!とクラクションの音。あっ、バロン&紅緒号だ! なんとなく道に沿ってきたらここに着いたのだという。待ち合わせの手間、時間が省けたけれど結構広い高遠の市域でなんというタイミングの良さ!

100405inanikki_210

 早速、3犬引き連れて高遠城内を練り歩く。ちょっと雨が降ってきた。

 桜の開花を煽るように、櫓の床に肉球の花を咲かせるニッキ。

100405inanikki_220

 だ~れだ、馬鹿っぽい顔の方。

100405inanikki_230

 馬鹿っぽい舌の方~

100405inanikki_250

 バロン&紅緒兄妹。城跡と柴犬、絵になるね~。後ろのパイプが邪魔だ・・・

100405inanikki_260

 桜の蕾を愛でさせられる紅緒ちゃん。あっ、雨が止んで明るくなってきたぞ。

100405inanikki_270

 まあ本日一番まともな集合写真。というよりバロ&紅はいつもしっかりしていて、ニッキ次第なんだけどね。

100405inanikki_300

 ラーメンとおそばフェアみたいのをやっていた。Jakarandaさんにラーメンをご馳走になる。味のレベル高かったし、接客も良かったんだけれど、量が少ないよ~

100405inanikki_310

 ニッキのことをとっても気に入ってくれた1歳の男の子。あっけらかんと開放されていた絵島囲い屋敷にて。

100405inanikki_330

 Jakarandaさんから美味しそうに水を飲むニッキ。喉が渇いているとみえて、3杯所望した。最初はぬるく、次は少し熱く、最後は熱い・・・ってちゃうちゃう。そういえば、ニッキ、観桜客にも興味の的だったようで、その中の1人に「チャウチャウですか」と訊ねられたので、はい、チャウチャウの祖先にあたる犬です(本当)と答えておいた。 

100405inanikki_410

 14時30分に高遠閣の前でJakarandaさんたちとお別れし、ご近所オフ特別版は散会。また、高山あたりでやりましょうということで。

 ニッキと自分は武田家最後の戦略拠点「新府城」へ。

100405inanikki_450

 新府城跡は決してメジャーな観光地ではなく、広大な縄張りにいるのは自分とニッキだけ(多分)。人間だけだったら2~3人でも十分怖いシチュエーションなんだけど(古戦場だもんね)、なぜか自然界との仲立ちをしてくれているようで妙に落ち着く。赤松の匂いだろうか、全山とっても馨しく、決して陰惨な気が漂っているような場所ではなかった。

100405inanikki_480

 この笑顔を見れば納得してもらえるね。ここは旧甲州街道。歴史の歯車がちょっと狂ったら山梨県の都となったかもしれない場所。

※Jakarandaさん、バロン&紅緒のお父さん、早い桜を堪能しましたね~。雨も上がり、大変思いで多い時間となりました。ありがとうございました!

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

供血のお願い

 東大阪でコーギーの杏ちゃんが、輸血を必要とする難病に苦しんでおります。もし、東大阪に近い方で、供血できるよ!という方がいらっしゃいましたらご協力おねがいいたします。soon 詳細につきましてはこちらをごらんください。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 世界一周 | トップページ | 伊那にっき(後編) »

味にっき」カテゴリの記事

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

遊び/おふにっき」カテゴリの記事

コメント

わぁ~happy01
日本の桜と和犬、洋犬のコラボですね!
キリッとしたバロン師匠と紅緒姉さん、ニコニコ顔のニッキ君、みんなとても良いお顔ですshine

桜も見事ですが、ちょっと寒そうなお空の下で食べるには絶好のラーメンにheart01heart01

観光地で食べる食べ物って、どうしてこんなに美味しいんでしょうかね~coldsweats01

投稿: ハスキー | 2010年4月 6日 (火) 17時11分

ニッキ君、高遠桜を愛でていたんですね。
お祖父ちゃんなんて言ったら失礼に感じてしまう
若々しい笑顔。
バロン君と紅緒ちゃんのキリっとした表情と
サモエドらしい?ニッキ君の表情がなんともいいですね。

美味しそうなラーメンnoodle
旅先で出会った「んまいもん」って
もうひと口食べたくなりますね。

投稿: ちょびん | 2010年4月 6日 (火) 20時21分

>ハスキーさん

バロンくん、紅緒ちゃん、高遠のイメージ犬になれそうでしょう。せっかく、ふたりで良い流れを作っているところにニッキがあれこれ割り込んでしまって(笑)

いつも旅に出る時は、たくさん歩き、食べ物を控えて・・・などと目論むのですが、美味しそうな看板や幟、店構えなどですぐに脆く崩れ去りますね。ご当地スーパーで夜の肴を買うのも楽しみです。


>ちょびんさん

ただいま~ 平日でもいたるところでモフモフの立ち売りでした。城跡と柴のマッチングは最高です。

ラーメン、体の中から温まりました。ちょっと後を引くくらいの腹六分目辺りが一番美味しくいただけるのかもしれません。朝、地元の温泉で体を温めたので外と内からポッカポカですね。旅先では後悔しないように、んまいもんは食べておくべきですね。

投稿: これみつ | 2010年4月 6日 (火) 23時17分

近くに来てたんですね~。
うちも先週の日曜に行きましたよ、新府。
今週あたりは桃の花が見ごろだったのに~。
こっちの方がきれいなんですよ。

ちなみに・・・
新府城では戦はなかったので大丈夫です。
完成もしていない城に移って
3ヶ月ほどで信長の侵略にあって
城に自ら火をつけて逃亡してます。

投稿: マチコ | 2010年4月 7日 (水) 20時10分

>マチコさん

そうなんですよ~。春の甲州、のどかで麗らかでずっと留まりたくなりますね。新府城を訪れた当日は足場が悪かったこともあって、ニッキと一緒に全山満開の桜を堪能できました。新府城あたりは出るよなどと書いてあるサイトもありましたが、おっしゃる通り、まったくいや~な感じはしませんでした。藤武神社の狛犬がとっても愛らしいんでニッキとツーショットをお願いしました。天気の良い日に再び訪れたい場所です。にらさき道の駅では新府の焼き米も買いました。

投稿: これみつ | 2010年4月 7日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/47987763

この記事へのトラックバック一覧です: 伊那にっき(前編):

« 世界一周 | トップページ | 伊那にっき(後編) »