« 花にっき(2) | トップページ | 花にっき(4) »

花にっき(3)

100322hananikki_101

 未明のドッグラン朝のドッグランを楽しんだニッキは朝食の前に車載。自分だけゆっくりと朝食を楽しむ(笑)

100322hananikki_110

 とはいえ、それではニッキがひねくれて写真に応じてくれなくなってしまいそうなので、軽くひと遊びしてからDog Spaceさんを出発。

 今日は祭日とあって、普通の郵便局ではお金が下ろせない。休日でもATMの開いている近くの大きな郵便局を検索し、そこに立ち寄るついでに訪れたのが、

100322hananikki_210

 宿から30分ほどの場所にある伏見桃山城。模擬天守だが、なかなか絢爛な構え。この天守閣を目玉にした「キャッスルランド」という施設が平成15年に閉園してしまったため、本来は取り壊すはずだったところを、市民の要望で保存が決まったとか。

100322hananikki_215

 天守閣を除けばあとは普通の運動公園なのだが、園内に咲く桃や桜の花は来訪者を和ませてくれる。

100322hananikki_310

 国道24号線沿いにある伏見郵便局で無事に軍資金を手当てし、京滋バイパス、名神高速を上る。途中、雪をいただいた伊吹山が見事だった。富士山ほどではないにしても、関西の人たちにはこの向こうは「アズマ」だと思わせるような独特な地位を占めているのだろう。

100322hananikki_313

 宇治で給油してから東海北陸道分岐まで渋滞のないことを示す高燃費。

100322hananikki_315 

 川島ハイウェイオアシスでもふもふ売り。ニッキ、少々お疲れか。サモエドスマイルは?

100322hananikki_410

 14時過ぎに郡上八幡城に到着。司馬遼太郎が非常に美しい城と賞賛しただけあって、バランスの取れた白亜の山城。

100322hananikki_415

 復興建造物はよく見るとチャチなところもあるけれど、何百年も竣工当時の状態で残すことが無理ならば、保存のため多少の妥協も必要だろう。カタチを残すことで、もっと大切な日本人の精神が受け継がれる。いずれ、余裕ができたら史実に基づいてきっちりと手直しすればよいだけのこと。

100322hananikki_515

 本日は3連休の最終日なので、家まで帰ると必ずひどい渋滞に巻き込まれるだろうと考え、小淵沢に宿を取っておいた。ただ、郡上八幡からのルートについては大いに迷った。東海環状道路で関から土岐に出て中央に乗るというのが、ナビの推奨するルートなのだが、同じ道を引き返すというのはなんとなく嫌なのだ。そこで、「高山なんて松本からすぐ」と言っていた犬友のJakarandaさんの言葉に後押しされて、高山ルートを選択することに。いや、実際、飛騨清見ICから高山までは東海縦貫道路が開通していて申し訳ないほど呆気なく到達した。

100322hananikki_520

 そして、高山から国道158号線を経由して安房トンネルを突き抜ける。ほとんど後続車も対向車もなし。

100322hananikki_525

 ただ、あくまで距離感なのだが安房トンネルを抜けてから松本までが結構長く感じる。郡上八幡を出たのが15時23分。足湯のあるこの沢渡第2駐車場に着いたのが17時30分なのでたしかに時間的には近いのかもしれない。

100322hananikki_540

 その距離感は、途中で行われている片側車線を潰しての工事や、狭いトンネルを時々強行しようとするこんな超大型車両との走行ストレスがあるからなのかもしれない。お互いが60kmくらいで走っていて相対速度は100km以上、トラックや特急バスと30cm未満の間隔ですれ違いを繰り返すのは結構スリリング。

100322hananikki_555

 精一杯気をつけてはいるけれど、人間だからその場その場の状況下、どのようなミスの連鎖が惨事を起こすかはわからない。もっとも、それは車の運転に限ったものではないけれど。その意味では慣れには怖さも伴う。

 松本から塩尻まで、VICSは長野道を渋滞で真っ赤に表示していた。19号を塩尻まで走る。沿道の美味そうな看板が食欲を刺激する。ニッキの黒糖アンパンをひとつもらって運転しながら食べて(これは罰則にならなかったよな)腹の足しにする。20時過ぎに小淵沢の旅籠屋さんに無事チェックイン。線路を挟んで駅の反対側にある。ニッキも熟睡。

Anber005

※捜索のお願い

 サモエドのファーギーちゃんが行方不明です。埼玉近郊にお住まいの方、どうか捜索にご協力をお願いいたします。soon 詳しくはサモサモ日記へ。

供血のお願い

 東大阪でコーギーの杏ちゃんが、輸血を必要とする難病に苦しんでおります。もし、東大阪に近い方で、供血できるよ!という方がいらっしゃいましたらご協力おねがいいたします。soon 詳細につきましてはこちらをごらんください。

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 花にっき(2) | トップページ | 花にっき(4) »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

ドッグサロン WINKの管理人です。
相互リンクありがとうございます♪
リンクさせて頂きました!
これからもどうか宜しくお願い致します。

投稿: ドッグサロン WINK | 2010年3月22日 (月) 23時49分

>ドッグランWINKさん

西の旅でどうしようもなく汚れてしまったらぜひニッキのシャンプーをお願いしますね。オープンが楽しみですね。

投稿: これみつ | 2010年3月23日 (火) 21時55分

長旅お疲れ様でした。

高山から安房トンネルまでは道幅も広くなんて事ないのですが、安房トンネルから松本手前の市街地までの道がね...

なんというか、早川沿いの箱根と道志道を足して2で割ったような道ですよね。

景色がいいような気もするんですが単調で、その割に車線が狭く気を使う道ですね。

でもなれるとダムなんかで大体の位置もわかって短く感じてきますよ。

うちは小淵沢や長坂に抜けるときは美ヶ原経由ですね。

気温が変わっていくのが感じられて結構気に入ってます。

投稿: バロン&紅緒の父 | 2010年3月25日 (木) 00時05分

>バロン&紅緒の父さん

四国の439や193に比べたら堂々たる国道ですが、スピードが乗る分結構スリリングですよね。何枚か目視しない手カメラで沿道風景を撮影しましたが、道志なんかより風景も荒々しくって何かあったら死ぬな・・・と緊張します。まあその分、宿に着いた時の安堵感は大きいかもしれません。もちろん、次は逆コースを使って教えていただいた宿に泊まります。場所はバッチリ確認しました! 美ヶ原経由、もう少し明るければ考えていたかもしれません。若い(笑)時分、軽自動車のブレーキがフェードして怖い思いをしたところです。よくもまあ今も生きているもんだ。

投稿: これみつ | 2010年3月25日 (木) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/47806216

この記事へのトラックバック一覧です: 花にっき(3):

« 花にっき(2) | トップページ | 花にっき(4) »