« 芸予にっき(2) | トップページ | 旅空での「カラヤン便り」 »

芸予にっき(3)

090827geiyo_010

 27日朝。移動の多い旅ということもあり、知らず知らずの間に疲労がじわりじわりと蓄積しているよう。石鎚山SAで少し横になったら6時近くまで寝てしまった。

 ニッキ、優雅に早朝ドッグランを独占。

090827geiyo_020

 そっちには誰もいないはずなんだけど。。。誰か来てるの? 

090827geiyo_030

 7時オープンに合わせて画像の整理をしていたら、少し早めに開けて給油してくれた。

090827geiyo_040

 初めての徳島入り。四国三郎、吉野川を渡る。山深い、実に山深い。

090827geiyo_050

 吉野川SAにてブログをアップ。山々に囲まれているところでもFOMAの高速通信が可能だとはオドロキ。朝食はカツカレー、祖谷そば、肉うどんで悩んだが。券売機の後ろに人が並んだので肉うどんに決めた。

090827geiyo_060

 大陸の川のような吉野川の河口を渡り、徳島中央公園(徳島城跡)へ。本丸まで登る途中、たくさんのトカゲやカナヘビ、沢蟹などに出くわす。毒蛇やらムカデさんやらの出迎えはなくって本当によかった。

 ぐるりと縄張りを巡る。お堀の鯉が水面から1メートルくらいジャンプするのには驚いた。

090827geiyo_070

 恒例のクールダウン。

090827geiyo_080

 大鳴門橋を渡って四国とお別れ。淡路の国へ。

090827geiyo_090

 市内の駐車場がよくわからなかったので、海水浴場の無料駐車場に車を停め、洲本城跡への登山道を行く。八王子城、竹田城、備中松山城、高松城といくつかの山城を登ってきたニッキと自分にとってもなかなかの険路。道は整備されてはいたが、勾配が続く。

 ただ、その分、天守台からの眺望は絶景であった。

090827geiyo_100

 洲本城天守閣はこの辺りから眺めるのが一番絵になる。近付くと国籍不明の寺社の塔みたいな感じ。嫌いではないけれど風格はない。

090827geiyo_110

 クールダウンに適した池がなければ海を使えばよいのだ。

090827geiyo_120

 小さな町でも、来る選挙の宣伝カーが喧しい。道ばたにぬぼーっと立っている立候補者もいた。

 本州に戻って参りました。ニッキ、ニッキをよろしくお願いします!

090827geiyo_130

 京滋バイパス、新名神を経て東へ。

090827geiyo_140

 中部オフ公式会場の近くを恨めしげに通って。

090827geiyo_150

 近頃お気に入りの大休止ポイント、刈谷PAへ。ニッキと観覧車に乗ってみたい。

090827geiyo_160

 総走行距離1926.0Km。スケジュールの都合も合ってやや強行軍となった、ほぼ72時間の旅。ニッキも暑い中、長旅に付き合ってくれた。休憩と、減量した本物食の5回に分けた給餌。クールダウンと仮眠など、それなりの措置は講じたが、数年前に比べて明らかに動きが大儀そうになってきている。ニッキとの大移動はあと2年といったところかもしれない。8年目になるニッキ号もがんばってくれた。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 芸予にっき(2) | トップページ | 旅空での「カラヤン便り」 »

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

あたしもそうであるように、ニッキほど心強い旅のパートナーは居ないですよねhappy01rvcar

一緒の思い出をたくさんたくさん作れて
とっても幸せなんだよなぁ~shine

投稿: やすきち | 2009年8月29日 (土) 17時28分

朝までゆっくり寝たんですね
どのくらい動いたのか気になってて
帰るまでに24時間かかったのか~
って
途中寄り道もされたんですね
ニッキ
ひゅうがよりは絶対体力あるとは思いますが
疲れは後から出てくると思うので
休めるときは一緒にゆっくり休んで体力回復してくださいね
また次はもっと大きくなったはぐと遊んでください
白夏っちだったら一緒に走ります?

投稿: シトラス | 2009年8月29日 (土) 17時42分

>シトラスさん

松山か東温の街道沿いで給油をしてから松山道に入るという手もあったのですが、ドッグランも併設されている石鎚山SAでの大休止は無理をしないでのんびり行こうよというひゅうがくんの導きだったのかもしれません。ニッキ、もう体力を回復して白夏と睨み合いなんかもしていますよ。


>やすきっちゃん

遠くに行かずとも、やすきっちゃんも日々大切な思い出を温めているではありませんか。ニッキとの遠出は、仕事続きで日頃淋しい思いをさせているお詫びも兼ねているんですよ~

ニッキがたまに運転を変わってくれれば言うことないんですけれどね(笑)

投稿: これみつ | 2009年8月29日 (土) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/46056877

この記事へのトラックバック一覧です: 芸予にっき(3):

« 芸予にっき(2) | トップページ | 旅空での「カラヤン便り」 »