« いわきミニオフ! | トップページ | 七夕澄明 »

みちのくかえりみち

090705michinokuoff_155

 オフの遠征の際には近隣の名所もニッキと廻る。今回はいわきから南下して、水戸の街を訪れた。

090705michinokuoff_152

 まずは千波湖近くにあるデゴイチ広場に車を停め(ここは無料だが、すぐ近くには有料の駐車場もある)、日本三名園の一つ偕楽園を含む広大な公園(これも「偕楽園」と呼ばれている)をゆっくりと散歩。

090705michinokuoff_154

 遠目にサモエドに見えた子はスピッツの男の子だったが、20kg近くはありそうだった。

090705michinokuoff_157

 広い公園をなんとなく一周してから偕楽園内の好文亭方面へ。途中の疎水で例のごとくクールダウン。浄水ではなさそうだが、これくらいの水ならば飲んでも大丈夫だろう。美味しそうに飲むので止めなかった。

090705michinokuoff_159

 同い年のミニシュナの女の子とご挨拶。

090705michinokuoff_161

 和風庭園の整備された区画。ここも犬の「連れ込み」OK。ただし、旧来の偕楽園は無料ながら犬は入れなかった。でも、水戸市のように、犬とお散歩できる広場を十分に提供した上で、ここから先は犬はダメですよというのは心情的にも納得できる。名所旧跡から犬を絞め出すような狭量さは感じない。いつの間にか、ニッキと行けないところには興味もなくなってきたけれどね。

090705michinokuoff_163

 再び千波湖へ。ここの鳥たちは度胸が据わっていて大きめの白い犬が来たくらいではまったく動じない。県庁所在地のど真ん中にぽっかりと湖。松江ともちょっと違う。

090705michinokuoff_165

 デゴイチの機関士は暑がりの君には無理だろうと思う。運転室内部は族やマニアにも荒らされずに美しい状態を保っていた。ただ、静態保存というのはどことなく寂しい。

090705michinokuoff_172

 名古屋城、和歌山城と比べ、水戸城には天守閣や櫓などのいわゆるハコモノはほとんどないに等しい。ほとんどが学校の敷地に編入されてしまっていつため、市民の憩いの場でもない。「城にっき」御三家シリーズの最後を飾る水戸城訪問だったが、そういう意味では地味であった。

090705michinokuoff_174

 ただ、もともと水戸藩の城は、石垣も用いず土塁だけで、それも戦国期の佐竹氏の縄張りをそのまま転用したような素朴な城だったらしい。偕楽園の名も、民と共に楽しむことを目的とされたことからもわかるように、民に対して権威を見せびらかす必要がなかったわけだ。太平洋戦争で消失した有名な御三階櫓にしても、言葉は悪いが、尾張や紀伊の壮麗な天守閣に比べてしまえば、素朴を通り越して粗末の感さえある。いや、だからこそ愛すべき建物なのだけれど。。。写真は有名な藩校「弘道館」

090705michinokuoff_176

 唯一現存するのがこの「薬医門」。いやはや清々しいほどの何もなさだったけれど、そのことから逆に、民にとって過ごしやすい政治が行われたのではないのかと想像できた。

090705michinokuoff_182

 ナビの案内をまったく無視して、北の旅の常例となった北関東を横断しての高崎JCTから関越・圏央道コース。途中、北関東自動車道にできたPAで買ったのがこの中の「やわらかハンバーグ弁当」。3つ買っても1000円でお釣りがくるんかい! ちょっとビックリした。

090705bentou

 家に着いてすぐに食べたが、シンプルで味もまずまず。いいんじゃない。

090705michinokuoff_184

 日付が変わる前の23時3分に帰宅。金曜日に家を出たのが23時19分。ほぼ48時間の旅だった。家でごろごろしている48時間も悪くないがぎゅっと詰まった時間も良い。今回の総走行距離は1109.7km。

090705michinokuoff_188

 しんねりと小太郎が「お帰り~」。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« いわきミニオフ! | トップページ | 七夕澄明 »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/45520973

この記事へのトラックバック一覧です: みちのくかえりみち:

« いわきミニオフ! | トップページ | 七夕澄明 »