« 桐に紫陽花 | トップページ | ひょっこり兵庫にっき(2) »

ひょっこり兵庫にっき(1)

 仕事が引けてから相模原のダイエーで今夜の移動に必要な食料を買い込み、22時前に帰宅。津久井から帰省中の白夏の見送りを受け、すでに「異変」を感知して気もそぞろなニッキを車に載せる。後は例のごとく深夜の東名・名神を西へ西へと直走るだけ。

090612anagooff_1

 どこまで行くかは大まかな予定を立ててはいるものの、睡魔が顔を出したら最寄のSAPAにて大休止をするという最優先の取り決め以外はアバウト。ただ、いつもならば東名を終点まで走ってから名神へと接続するルートを、今回は伊勢湾岸道路から新名神を使うルートを取ってみようと考えてみた。このルートによって50kmほど短絡することができるメリットがあるが、養老や多賀といった無料の公衆無線LANスポットを経由できないのがデメリット。今回の旅から活躍する高速無線通信用FOMA端末が従来のカメの歩みの通信速度をどれだけ解消してくれるだろうか。

090612anagooff_2

 足柄SAに寄ったら、この仲間たちと写真を撮るんだ。

090612anagooff_3

 途中、足柄SAで機材を展開。休憩中に、スピッツのミルクちゃんとお友だちになったニッキ。足柄を出て、徐々に東名モードに体を慣らす。牧之原SAで定例休憩を取ってから、浜名湖SAで給油を済ませ、伊勢湾岸・新名神経由で、6時前に中国自動車道社(やしろ)PAで休憩。ここにはドッグランがあり、ニッキたのめにたっぷり時間を取ってやった。

090613anagooff_2

 私の車のナビでは「そんな道などない!」の新名神。

090613anagooff_3

 7時過ぎには播但自動車道の朝来SAに着いたが、この少し前から睡魔が顔を覗かせる。2時間ほど思い切って仮眠を取ると眠気は消えた。和田山ICで降りて、10時前に朝来市の竹田に到着。目指すは、「天空の城」竹田城。細い道を通って、無料の駐車場へ。

090613anagooff_6

 播但自動車道の朝来SAを出ると目の前に竹田城の威容に身も竦みそう。ニッキを連れてなんて登れるのか?

090613anagooff_8

 駐車場までの細い道を登ってそこからは徒歩。天守台へ直行する短絡ルートをと最初は考えたが、いやいや、やっぱり城は大手門からでしょうと一般向けコースを採る。ヘビとか怖いし。

090613anagooff_12

 竹田の町を見下ろすニッキ。高所恐怖症の人にはあまりお勧めできない。

090613anagooff_14

 日本のマチュピチュという形容が合っているかどうかはわからないが、天空の城というのは決して誇張ではないような気がする。

090613anagooff_20

 400年ほど前までは、ここに多くの櫓が立ち並び、武士達が行き来をしていたのだね。その頃に、自分の先祖もニッキの先祖もたしかにどこかに存在していた。

090613anagooff_24

 ニッキと共に大展望と世の無常を味わってから疎水でクールダウン。和田山のジャスコで買い物をしてからニッキの朝食を済ませる。

090613anagooff_30

 中国自動車道をさらに西へ。岡山県に入り、前回訪れることの叶わなかった備中松山城への登城。ちょっとお願いをすれば麓にある駐車場から8合目の鞴(ふいご)峠までを頻繁に往復するシャトルバス(大きめの1BOXカー)に乗せてもらえるかもしれなかったが、「大型犬ですよね…」とちょっと困った表情をした若い男の子に無理を言うのはやめようと、気合いで全行程を歩くことにした。スタッフさんはOKでも、他のお客さんに犬の嫌いな人がいたら、その人のためというよりもニッキがかわいそうだもの。

090613anagooff_58

 日本一高い地点にある天守閣を擁する城郭とのこと。ニッキまでがなぜか神々しい。

090613anagooff_70

 このバケツはワンコのために置いてくれているのかな。とっても役に立ったよ。ニッキもすぐに足を抜かなかった。気持ちよかったのだろう。

090613anagooff_80

 ニッキ、キメのポーズ。

090613anagooff_90

 こんど人がいないときに乗せてね。ちゃんと2名分お支払いしますんで。

090613anagooff_94

 後で案内図で見たら、天守閣のある「小松山」のさらに後に「天神丸」「大松山」の曲輪があるそうだ。しかしすごい城だね。

 夏至の日の長さに助けられ、まだ明るいうちに今夜の投宿地岡山市内へと向かう。途中の道で今夜の食糧(人間用)を調達。腹が減っては旅を続けることもできない。備中松山城の往復にもっと時間がかかるかと思ったけれど、結局シャトルバスを利用した面々と所要時間は大差なかったようで、18時過ぎには岡山市内のホテルに到着することができた。岡山市内でちょっと混んだが、交通量ではなく信号の配置と調整が悪いような気がする。

090613anagooff_104

 設備も古いホテルだけれど、犬にはおおらか。客室は驚くほど広く、川側の部屋を宛がってくれた。ただし、クーラーの利きが弱いのがちょっと残念。

090613anagooff_106

 岡山市内を貫く旭川。下流には野生のヌートリアなんかもいるらしい。

 今夜は長旅の疲れを癒し、明日のために体力を回復しなければ。先に眠り込んだニッキ、いったいどんな夢を見ているのだろう。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 桐に紫陽花 | トップページ | ひょっこり兵庫にっき(2) »

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

ニッキくん、明日はヨロシクね♪

初めて行くのでちゃんと行き着くか心配です(笑)
カーナビにしっかり案内してもらいます!

これみつさん、お会いできる事を楽しみにしてます!

投稿: がっちゃん | 2009年6月13日 (土) 23時34分

ニッキ君、今頃どんな夢を見ているでしょう。
久しぶりにお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: ちょびん | 2009年6月14日 (日) 02時26分

>がっちゃん

こちらこそよろしくお願いします! ニッキ、モフモフされても愛想をしませんが本当は嬉しがっています(笑) 久々に故郷の匂いをかげるかな。


>ちょびんさん

いつも「焼き方」ありがとうございます。今日は、お腹をすかせて参上します。暑くなりそうですね~

投稿: これみつ | 2009年6月14日 (日) 07時52分

「ニッキ君、今頃どの辺りかな?。」とママと話していたところだよ。美蘭ちゃんも沢山の
お友達が来るからワクワクしてるだろうね。
思う存分楽しんでねo(*^▽^*)o

投稿: あやちゃん@サミーJr | 2009年6月14日 (日) 11時28分

>あやちゃん

あやちゃんとお母さんが投稿をしてくれた11時28分にはね、相生という街にいたんだよ。そう、もうすぐたくさんのお友だちの待つ、室津まであとちょっとのところだね。

投稿: これみつ | 2009年6月16日 (火) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/45298606

この記事へのトラックバック一覧です: ひょっこり兵庫にっき(1):

« 桐に紫陽花 | トップページ | ひょっこり兵庫にっき(2) »