« ひょっこり兵庫にっき(2) | トップページ | 穴子オフ 思い出編(前日) »

ひょっこり兵庫にっき(3)

090614kaerimichi_1

 大盛況だった「穴子オフ」。遠くは九州・山陰からの参加者もあり、遠来の方々は三々五々早め早めにと帰途に就かれる。関東方面からの方は途中何ヶ所か予想される渋滞に遭わないよう、4時になる前に粗方出発されるようだ。

090614kaerimichi_3

 自分も関東勢なので、判で押したようにいつも宝塚と吹田の辺りでノロノロになるのには辟易している。今回は迂回路を探してみようと、海コース、山コースを事前にシミュレーションしておいた。ただ、半分以上思いつきなのとニッキとの気楽な旅なので、明日きっちりと予定の入っている方にご一緒にどうです?とは誘えない。

090614kaerimichi_5

 とはいえ、多少の渋滞があったとしても、結局は下道を使う方が時間的にも燃料消費の面でも不経済ということはままある。10km程度の渋滞ならば、ガマンだと一応の「決行」ラインを決めておいた。が、もう少しでドッグランのある三木SAだという地点で、こんな渋滞情報を見てしまえば、やるしかない。三木小野で下りてR175を北上。

090614kaerimichi_8

 見知らぬ土地での抜け道は怖いものだ。それが薄暮からの道とあってはなおさらのこと、長旅の際には常例となってきた1ℓの無糖コーヒー(イオン系で98円!と安い)をカップホルダーに突き刺して気合を入れる。

090614kaerimichi_10

 時計は18時を大きく回る。この時点で室津を出て1時間20分が経過。

090614kaerimichi_15

 丹波篠山付近を通過して、天引峠を越える。亀岡に繋がるR372は3桁国道ながら、整備状況は良い。

090614kaerimichi_25

 亀岡ICから京都縦貫道に乗り、入京したところ、こんな面白いお店があった。

090614kaerimichi_28

 京都のど真ん中だが、不景気の真っ只中ということもあってか、小太郎のようにしんねりしている。

090614kaerimichi_30

 烏丸五条、ジャスト20時。室津を出てちょうど3時間。渋滞道のストレスを回避したように思えても、一般道で速度を維持したままパスするのもまたそれなりのストレスがあるものだ。曲がり角、交差点が見える都度、頭の中に「危険です!危険です!」のアナウンスが(笑)

090614kaerimichi_33

 20時16分に東名に入る。

090614kaerimichi_35

 大津SAよりも規模で上回るのではないか、草津PAにて小休止。新名神を経て豊田JCTに近付いたところ、電光掲示板に岡崎まで渋滞6kmの情報。東名はこの先、つかえるかもしれないと考え、中央道経由を決定。

090614kaerimichi_38

 真夜中の中央道はさすがに渋滞とは無縁で、23時58分に諏訪湖SAに到着。京の街から4時間足らず。新名神はなかなか使える! 長旅の基本ルール、「眠くなったら休む」を発動し、ちょっと横になったら明るくなっていた。2時頃に出て渋滞を避け、5時前に帰宅しようという目論見は外れた。ぐっすりと寝込んでしまったようだ。

090615kaerimichi_1

 それならそれで、ついでに観光をするかと、高速の休日割引権を放棄することになる途中下道。

090615kaerimichi_5

 それほどの名城というわけでもないんだけれど、何だかんだで訪れたことの多い諏訪高島城へ。

090615kaerimichi_7

 地味~なお城だけれど、犬を排撃するようなこともなく、自然体で管理されている好ましいお城。

090615kaerimichi_9

 鴨の雛たちが愛らしい。ニッキはまったく関心を示さず。

090615kaerimichi_11

 ニッキとのお城廻り。意外にも近距離の甲信・東海は手薄。東海道は小田原城~岡崎城まで、甲州街道は八王子城~高島城までがブランク。さすがにこの日は調子に乗って高遠城や躑躅ヶ崎、岩殿山城を遊覧している暇はなかったので、家路を急ぐ。

090615kaerimichi_15

 母がまた昨日から旅に出ているため、小太郎が自分たちの居住フロアにやってきた。カニカマをやるから祟るなよ。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« ひょっこり兵庫にっき(2) | トップページ | 穴子オフ 思い出編(前日) »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

いつも いつも 思います

ニッキは旅の間も ずっとずっと一緒

友だち? 親友? パートナー?♪

これみつさんとニッキのような絆が生まれる事って

本当に素晴らしいです

あたしもどんなに彼らに頼り、甘えているだろう・・・
そこに【犬と人】という境界線は見えないんです

素敵な出逢いは人だけに限らないんだ。。。とつくづく思うのですconfident

投稿: やすきち | 2009年6月16日 (火) 10時25分

本当は穴子オフ行きたかったんだけれど・・・
それに美柴さんもいるではないですか!

実は先週木曜日から月曜日まで仕事で四条河原町に宿泊してました。
8時というとちょうど祇園のおばんざい屋で夕食中かな。

うーん、あの夜ニッキも同じ京都の夜空の下にいたのか。

どちらにしても残念です。

投稿: バロン&紅緒の父 | 2009年6月16日 (火) 12時17分

>やすきっちゃん

身の回りにニッキ&白夏や小太郎がいて、気遣ったり気遣われたりしているうちに、自分と他者という垣根もなくなってきているような気もします。そして、自分の知っていること、ニッキが知っていることをお互い交換できるような機会がこうした旅なのかもしれません。やすきちさんのブログでも、犬とネコ、そして人と自然が大きな絆で結ばれていることに気づきます。


>バロン&紅緒のお父さん

もう少し京都の土地勘があれば、適当な駐車場に車を入れて街中をぶらついたかもしれませんが、夜だったし、旅も終盤に差し掛かっていたこともあって、無難に洛中を離脱しました。でも、幻の京都モフモフも有り得たのですね~。祇園でもさすがに美柴2頭の接待はありますまい(笑)

京都で、犬と立ち入れる施設なんかをきっちり調査して、いずれはニッキと遊びに行きたいですね。

投稿: これみつ | 2009年6月16日 (火) 15時15分

長旅、オフ会を含めてお疲れ様でした、さすがニッキと旅するこれみつさん関西には詳しいですね。
今回はゆっくり美味しい物食べられたみたいですね
ニッキも甘えん坊なんですねパックも私が写真撮りに行ってると吠えてました
今度は中部オフで会えるでしょうか?
バロン君紅緒ちゃんも室津のオフ会に参加いかがですか、これさんコメント欄お借りしました。

投稿: ヒポ | 2009年6月16日 (火) 16時44分

>ヒポさん

茶々丸くんニッキも、ひとまずパックを仰向けにしないと収まらないみたいで、挨拶代わりになってますね。甘えん坊バンザイですよ。

ヒポさんも何度か東西を往復しているうちに、妙に詳しい場所ができていきますよ。あと、不思議なことにその旅ごと旅ごとに縁が生まれる土地ってあるような気がします。今回は、兵庫県の社(やしろ)付近を往復とも通りました。そして、4月に訪れた篠山の近くも。不思議ではありますが、これも旅の神の導きなのでしょうね。

バロン&紅緒ちゃん、室津にはぜひおいでいただきたいと私も思っておりますよ。新幹線よりはちょっと大変ですけれどね。

投稿: これみつ | 2009年6月16日 (火) 23時09分

先日はお疲れさまでした。

最近は少しイイコになったつもりでしたが、
やっぱりまたリオが怒っちゃいましたね(><)
でもいい3ショットが撮影できて良かったです。

また山陰の方にも遊びにいらしてくださいね~。

投稿: のりん | 2009年6月17日 (水) 08時34分

ありゃ?コメント書いたつもりがない・・・?
これさんお疲れ様でした~
京都まで3時間だとかなり早い方ですね。
うちは三木SAの次のインターで降りて帰ってきました。うちに着く頃に三木を一緒に出たメイちゃん家がもうすぐ吹田って言っていたのでずいぶん早く帰って来れました。

また会えるのを楽しみにしていますね。

投稿: 権まま | 2009年6月17日 (水) 10時01分

うーん、鴨川あたりは涼しいし遊歩道もあって散歩によさそうでしたね。
平日夜はそんなに混んでいませんでしたが、土日はすごい人出でした。
モフモフはかなりの売れ行きかと・・・。

これみつさんコメント欄お借りします。

>ヒポさん
コメント有難うございます。
機会があればぜひ行きたいオフですので「いつかは・・・」と思っております。

でも行ったら食べ物から離れないんだろうなうちのいやしんぼたちは。

投稿: バロン&紅緒の父 | 2009年6月17日 (水) 12時20分

>のりんさん

いえいえ、とってもいい子でしたよ! 今回のブログでアップできなかった3ショットも「穴子オフ―思い出編」として近々アップします。お楽しみに~
山陰~中国~四国へと山越えのコースを構想中です。


>権ままさん

京都縦貫道がもちょっと伸びるといいんだけれど、終点から先は地下化するしかないかも。国道372号は相性が良く気に入りました。もう少し研究しておきます。


>バロン&紅緒の父さん

鴨川沿いをニッキと夕涼み、いいですね~。京都でモフモフ売り、やってみたいです。京都の夜明けと夕方、ニッキの写真撮れればと思います。

投稿: これみつ | 2009年6月17日 (水) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/45354148

この記事へのトラックバック一覧です: ひょっこり兵庫にっき(3):

« ひょっこり兵庫にっき(2) | トップページ | 穴子オフ 思い出編(前日) »