« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

早いもので

090624nobi

 ついこの間始まったばかりだと思っていた2009年も折り返し。こんな感慨を100回持つことできずして尽きるのが人の命の長さなるべし。

 1本ずつ丁寧に後足を伸ばすニッキのストレッチ。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

こんなに仲が良いことも

白夏が津久井に戻る前の日に撮った写真。

090623oyako_1

 白夏ももふもふしたいのかな。相手が父ちゃんでも。ナイショ話?

090623oyako_2

 白夏の鼻先がすっぽりと埋まる。父ちゃんとしてはふだんガウガウしてくるやつが何で?とちょっと怪訝そう。

090623oyako_3

 でもね、犬の場合にはヘンな下心ないはずだよ。やっぱりホントは好きなんだってことだね。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビューポイント

090627kouji

 駅前通りに立ち並ぶ建物の中でもおそらく最も古いと思われるビルが取り壊されていた。自分が相模原に移ってきた頃からあった保険会社の事務所のあったビルである。建物の主であった保険会社は潰れてしまい、しばらく空き家のようになっていたが、新しい所有者は建物には魅力を感じなかったのか更地にして新しいビルを建てるようである。

 工事のための覆いの一部が開いていて向こう側が覗けた。何かの都合で調達できなかったのか。それとも解体機器の搬入のためか。保険会社のビルができた後に竣工したダイエーのビルの外壁であるが、考えてみればこの角度から切り取られた光景は、初めてのものであり、ここにビルが再築されればおそらくは永久に(自分の生きている間は)見ることができないものだろう。

 次の日にはこの部分は周囲と同じ防音のシートで覆われていた。いいものを見せてやるよという悪戯っぽい偶然のように思えた。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろんなことやってみる

090619connect

 研究会やらミーティングやらなんだかんだと授業以外にも時間を取られることが増えてきた。もともとは、時間的に余裕があることに魅力を感じて始めた仕事だったのだが、子どもたちのことを考えるとそうもいっていられない。

 今は、携帯やネット環境もずいぶん進化していて、PCに届いたメールをチェックでき、簡単な返信なら外出先からでもできるようになってきた。ただ、詳細なメッセージを書いたり、レポートを起こす場合には携帯だけというわけにはいかない。そこで外出時間が長くなりそうな時はノートPCを持ち出すわけだが、速くなったとはいえ、利用時間を気にしなければならない通信カード(定額制でも使用量によって金額が変わる)に頼らずに、家にいるのとほぼ同じ通信環境の整う公衆無線LANが使える店が増えてきた。利用料金は競争状態も味方してどこも結構低廉だが、A社はマクドナルド&JR系、B社はロッテリア/モスバーガー系と1つに絞りにくい。できれば東名や名神で導入しているFreeSpotのような無料公衆LANが一番なのだが、月々1,000円くらいになってもいいから広く使えるように統合してもらいたい。総務省や国土交通省は談合や天下り先確保にプロフェッショナルな頭脳を駆使する以外にも国民のための仕事という「副業」でもがんばって欲しいものだ(相模原駅前郵便局のATMだって1台しかなくっていっつも人が並んでいるぞ)。

 ただ、「一応」いろんなことができるようになってくると、バッテリーの持ちだとか他の資料と一緒にした場合のノートPCの重さ(単体では決して重くないのだけれど)とかが気になってくる。携帯端末程度の大きさで、サクサク文章も起案でき、いくつものドキュメントを一覧できて管理もバッチリ……これが理想だ。

 数年前までは「ミニノートPC」なる隙間がこれほどヒットするなどほとんどの人が予想していなかっただろう。かくいう自分も、PDAやスマートフォンが独自の進化を遂げていくのだろうなと思っていた。電話で言葉を口に出して対面コミュニケーションするという形以外では、無言でキーボードから文字を紡ぎ出すという形が機械を介した代表的なコミュニケーションの方法なんだろうけれど、人間の指がある程度のスペースを必要とする以上、ノートPCを小型化するにはキーボードの大きさに制約されることになるだろう。折りたたみ式や巻物式の物もあるにはあるが、値段の点はともかく使い勝手は今ひとつである。

 いずれは思ったことをその人なりのリテラシーで自動筆記するようなデバイスが登場するのかもしれないが(頭にあるイメージすら転送できるようになったら凄い反面ちょっとおとろしい)、それまではいかにも機械使ってますというスマートとはいえない方法でメールチェックするしかないんだろうな。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Suicaのペンギン

090626suicapengin_1

 ご存知Suicaのキャラクター、ペンギン。パソコン画面のクリーナーにもなるマスコットタイプのものを手に入れた。この前、関西に出かけた時、近畿圏のICカードIcocaのキャラクターもペンギンだと知ったが、随分イメージは異なる。

090626suicapengin_2

 よくできているんだけれど、オリジナルはくちばしも白いんだよね。その辺りは適度にコストダウンということなのかもしれないけれど、作り込むときは徹底しないと売れ行きも鈍ると思うんだよね。手先が器用ならば白いフェルトでくちばしカバーなんぞを作るマニアっぽいこともしちゃうんだけどね。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

霧の相模原

090622foggycity

 霧に包まれた相模原。見飽きた「さがみ大通り」も何だか幻想的。随分先の話だが、2025年開通予定の東海リニア。我が家に至近の相模原駅が神奈川県に置かれる駅の候補地の1つだとか。名古屋まで30分ちょっと。そうなればわざわざ新横浜まで行ってからとろとろ走る新幹線(笑)なんぞに乗らなくって済む。でも、その前に唐木田で宙ぶらりんになっている小田急多摩線を相模原まで延伸して欲しい。横山公園にもミニドッグランでいいから作って欲しい。

 来年は政令指定都市とやらになるみたいだが、生活実感のない施策の前にすることがあるでしょというお話。

※政令指定都市になると住所変更(区名が追加される)の手間がかかるのだ。馬鹿馬鹿しいことはやめて欲しい。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

しろくまの夏

090622shirokuma_1

 「しろくま」の季節がやって来た。

 いつか本場で「しろくま」を食べてみたい。

090622shirokuma_2

 関東で正統派の「しろくま」を出してくれるお店はないのかな。黒蜜をかけたら「くま」とか「ひぐま」になるのかな。ちょっと獣臭そうだな。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

潮中華KAZE

090620kaze_1

 お気に入りのラーメン屋さんだった「風と花」が6月2日から「潮中華KAZE」としてリニューアルした。ご夫婦でお店を切り盛りしているのは以前と一緒だが、器もメニューも一新。これは、暖簾に胡坐をかかないで絶えず新しいものを追求するという姿勢なのだろうか。

090620kaze_2

 なかなか行く機会がなかったが、土曜日にふらりと出かけてみた。多少の戸惑いはあったものの、期待を裏切らない味だった。

090620kaze_3

 まずは中華そば(醤油味)から。ご覧のように見た目は非常にあっさりしているが、出汁も麺も具も出しゃばらずにきっちりとひとつの世界を形作っている。海のもの、山のものがひとつになった豊かな味わいが口いっぱいに広がる。

090620kaze_4

 サイドオーダーの豚トロ飯。ラーメンのスープとの相性が抜群!

090620kaze_5

 表通りから1本入った裏道を辿って戻ろうとしたら、途中にこんな和食屋さんや、

090620kaze_6

 こんなイタリアンレストランがいつの間にかオープンしていた。

090620miyage

 もちろん、お土産も買ったとさ。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (7) | トラックバック (0)

若様の御成り~♪

090621poipoi_1

 今月下旬に母が長旅に出るというので、その前に白夏の一時帰省をということで、今回は1週間ほどの滞在予定。

090621poipoi_2

 自分の息子が帰ってきたのだから喜ぶのが本来なのに、ニッキ父さんは平和なひと時を乱されたとばかりふてション!

090621poipoi_3

 父ちゃんらしくない父ちゃん、それでどうしても親子ではなくって兄弟みたいにみえてしまう。

090621poipoi_4

 そろそろニッキと白夏揃っての長旅を考えたい。人間だけでなく、犬だって広く文物に接しなければなるまい。

090621poipoi_5

 もっとも、いろいろと連れて行っても、甘えん坊&雷怖い症候群は克服できないのかもしれないが。

090621poipoi_6

 近頃白夏は、津久井の家の近くにある会社の人気者で、散歩に出るとお昼休みなんかはひとりひとりに丁寧に挨拶をするんだとか。彼の地で「社長」と言われるだけのことはある。無愛想な(飼い主に対しても)ニッキはもう少し息子を見習うべきだろう。

090621poipoi_7

そのうち、のんの母さんに会いに行こうね。いつかはブラネー号みたいなのを買えるようにがんばるから。あ、やっぱりブラネー号ほどじゃなくてもいいよね(笑)

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

びわびわ~

090621biwa_1

 岡山のコロちゃんを訪問した時にいただいた枇杷。ちょっと小ぶりだけれどとっても甘かった。ちょっと盛りを過ぎるとカラスに全部食べられてしまうそうで、その前にということで。

090621biwa_2

 コロちゃんは枇杷を剥いてもらって、美味しそうに食べていた。その様子を見てニッキも、じゃあボクもひとつ。。。と思ったのかどうか、くんかくんかと興味を示す。

090621biwa_3

 いい匂いだな~と思っているのかな。でも、果物は栗、野菜は、芋系、ブロッコリー、芽キャベツくらいしか単独では食べないやつなので、あげなかった。

090621biwa_4

 それにしても、枇杷って柿のような純粋に日本を感じさせる果物とも、メロンのように洋物を感じさせる果物ともどこか違う。見事すぎる大きな種をいくつも抱えて、播いてくれるお礼に、ささやかではありますが他にはなかなかない味の果肉を少しばかり味わわせてあげましょう、とでもいいたげな風情。枇杷にとっては、人間よりもカラスの方が本来はありがたい消費者なのかもしれない。

090621biwa_5

 といいうことですが、まだ興味がありそうなヤツ。ほのかな渋みを伴う独特な甘さは多分わからないんじゃないかな。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

コタの好奇心

090620nikukota_1

 遊びにきた小太郎、ニッキの一挙一動に強い関心を示す。

090620nikukota_2

 こらこら、爪を立てるな!

090620nikukota_3

 ニッキ、落ち着いて水も飲めない。

090620nikukota_4

 コタ用の水桶にも新しい水が張ってあるのにな。まだまだ好奇心旺盛な小太郎。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

穴子オフ 完結編スペシャル

090616memory_220

 日本中から笑顔の集った穴子オフ。一応今回の記事で完結とするけれども、気分はすでに来年の牡蛎オフ、穴子オフへ。

 ニッキをつないでからまずデジイチで撮影したのはお父さん大好きの育太郎くん。

090616memory_228

 海を眺めるも子ちゃんとコユキちゃん。犬たちにとって海ってどんな風に映るんだろう?

090616memory_235

 ニッキもいつもと違う顔で(バンダナがなかったら誰だかわからなかった/ゴメン)。

090616memory_238

 ちょっと無理のある美蘭ちゃんとのツーショット。

090616memory_241

 何を調査しているのかな?

090616memory_260

 涼しげな水色のバンダナが素敵だね。 

090616memory_265

 ノエルくん、ただいまお話しちう。お相手はるるちゃんかな?

090616memory_270

 るるちゃ~ん♪

090616memory_272

 キュートなカットのお尻!

090616memory_275

 大きなリオくん。すごく穏やかな表情だね。

090616memory_280

 レオくんもますます元気!

090616memory_283

 徳島から来たみかんくん。ニッキがとっても気に入ってしまう。

090616memory_287

 そろそろ宴も終わって。。。

090616memory_290

 穴子オフ初参加のイワしおも東に向かう。

090616memory_293

 擬態。気配を消してみる。

090616memory_298

 衣装を変えた色男ラスターくん。

 いや~、楽しくって美味しいオフでした! 夢さん、権ままさん、ありがとうございました!

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (7) | トラックバック (0)

子ブタちゃん♪

090611butachan_1

 新宿3丁目の目抜き通りでいつも出会う看板娘の子ブタちゃん。控えめにかわいい姿をアピールしている。

090611butachan_2

 昼過ぎから晴れ渡った空。お日様を浴びて気持ち良さそう。元気そうで何より!

090612kobutachan

 我が家の子ブタちゃん。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

穴子オフ 思い出編(当日)

090616memory_0211

 すでにアップした写真以外にもまだまだ楽しい思い出を写し取ったものがある。取りあえず、ブログを早めにアップする以上、何があったのかがわかるような輪郭のような役割をする写真を最初はアップするのだが、少し経ってからその中身を埋めていきたくなるものだ。

 最初は14日朝、コロちゃんとのお散歩風景から。ニッキが西での用向きに屋敷を一軒買い入れたというわけではなく、「おばけ屋敷」みたいだったというお家が美しく化粧直しされていた。生き物でも建物でも復活というのはめでたいことである。

090616memory_0213

 ニッキを最初はちょっと警戒するのだけれど時間が経つうちに、兄貴分として慕ってくれるようなコロちゃん。ニッキよりずっと大きいのに、優しくて紳士的。

090616memory_0215

 たわわに実った枇杷をいただく。コロちゃんは枇杷が大好き。美味しそうに食べていた。

090616memory_0218

 遠き岡山の地ではあるが、ふたりはずっとサモエド隣組。関東出身のコロちゃん、西国出身のニッキがクロスするように異郷で暮らすのも面白い。

090616memory_0219

 たわわわわ~♪な枇杷。

090616memory_0220

 笑顔爆発のコロちゃん。

090616memory_0222

 時間の都合でブルーラインを走ることはできなかったけれど、R250沿いに海を見ながら走る。日生(ひなせ)の近く。

090616memory_0225

 なんだかんまそうな餃子屋があるぞ。妖しげなアーケードが旅情と食欲を刺激する。でもね、今日は昼まで何も食べないんだ。

090616memory_0227

 日本だなぁっていう景色。優しい自然のありがたさ。

090616memory_0229

 赤穂の町まで来るともうあとチョイ。

090616memory_0230

 千種川は赤穂の飲み水を供給する美しい川。揖保川、加古川など兵庫にはそこそこの大河が何気なくそこかしこを流れている。

090616memory_0233

 見慣れた景色だ。サルベージ船「石狩号」はまだ相生湾で仕事をしていた。

090616memory_0235

 天然の良港。

090616memory_0237

 11時58分に穴子オフ会場着。あっ、コーギーのクララちゃんとサモエドの天音ちゃんを発見。

090616memory_0241

 日本中を旅するブラネー号の勇姿。

090616memory_0243

 息子のハクくんと1月ぶりの再会。前回は父ちゃん、ハクくんのお兄さんであるリュウくんを独り占めしようとしてハクくんに怒られてばかりだったけれど、今日はそんなに怒られないで済んだ。

090616memory_0245

 一番弟子の茶々丸くんからここまでの状況報告を受ける。女の子の情報?

090616memory_0247

 女の子もいいんだけれど、取りあえずは新弟子のパックくんにニッキ流「挨拶」。

090616memory_0248

 親愛の情っていうやつ。

090616memory_0249

 好きなんだからね。

090616memory_0250

 呆れる茶々丸くん。

090616memory_0252

 良い子の顔もできるよ。

090616memory_0255

 左から大阪レオくん、ニッキ、ジークくんのオジサモ3ショット。

090616memory_0257

 山陰の「Teamちっくん!」と記念撮影。昔はリクくんとニッキはかなり激しいガウ関係だったんだけどね。ライアくんがニッキに好き好き!

090616memory_0260

 机の下さえあれば世界中どこでも行くよ。ニッキと同郷ブラン&ネージュ。

090616memory_0261

 港ならではの新鮮な食材。穴子だけでお腹一杯になる至福。

090616memory_0263

 福岡の美サモ、マリちゃん。

090616memory_0265

 大阪からの参加、こちらも美犬のサーシャちゃん。

090616memory_0270

 やっほー、お水飲み放題だい。

090616memory_0273

 室津にて。

090616memory_0275

 名古屋のかわいい「も子」ちゃんはパエルちゃん、そしてカロンちゃんの同胎さん。夢さんの家のニューフェイス美蘭ちゃんの叔母さんだ。

090616memory_0277

 そしてこちらはコユキちゃん。大きくなったなぁ。

090616memory_0279

 住栄丸が岸壁に横付けされると銀河パパさんが目をキラキラさせてすっ飛んで来た。その気持ち、わかるなぁ。

090616memory_0280

 まだまだ焼イカが残っていた。もうひとつ空っぽのお腹が欲しかった。

090616memory_0281

 も子ちゃんのお母さんからいただいたニッキへのプレゼント。かわいいカード入り。

090616memory_0283

 徳島からやって来たみかん君に先輩のやんちゃぶりを見せ付けるニッキ。

090616memory_0285

 海がキラキラ輝いている。もし犬たちが飛び込んだらここから助けることになるんだろうな。幸い、そんな犬はいなかったけれど。

090616memory_0287

 パレットの上に所狭しと並ぶ各地の名産品と手作りの品々。相模原、いや神奈川からだと何がいいんだろう。鳩サブレーとシウマイくらいしか思いつかん。

090616memory_0288

 なおもパックくんを見ると体が反応してしまうニッキ。

090616memory_0290

 権ちゃんお得意WAONのポーズ。

090616memory_0291

 流しの中華そば屋さん。ちょっと気持ちが動いたけれど、腹がはち切れる。すでに満腹状態の穴子オフの近くを流すのは商売のセンスないと思うぞ。

090616memory_0292

 左から夢狗くん、ニッキ、フォルテくん、ノエルくん。この日、ノエルくんとは数秒の平和な鼻合わせに成功。お互いにガウ仲間だということを忘れていたみたい。そういう記憶ならなくなってもいい。

090616memory_0294

 まったりという言葉がよく似合う。

090616memory_0296

 権先輩はニッキの中での憧れの対象なんだろうね。

090616memory_0297

 美しい柴娘、みかんちゃん&りんごちゃん。

090616memory_0298

 お疲れかな~。もっとモフモフ(ザフザフ?)したかったよー

090616memory_0299

 何か他の動物の笑顔。うーん、グァナコ?

090616memory_0300

 和歌山のハクくん、つくづく優しくって端正だなーって思って眺めていたけれど、これって半分爺ばか入ってる?

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (2)

穴子オフ 思い出編(前日)

090616memory_110

 兵庫県は播磨と但馬という旧国名から成る大きな県だが、港町、開港などがキーワードとなるのか、わが神奈川県とよく対照される。だが、こちらの方がずっと懐が深いと思う。山だけでなく、海も二つ持っている。おまけに広大な淡路島まで。さらにハイカラな神戸や歴史の厚みのある姫路、そして、美しい室津という街も。うーん、なんという欲張りな県だろう。

090616memory_0110

 今回の旅は、その但馬の側からスタートした。ちょうど播磨と但馬の境となる社(やしろ)PAが最初の休憩地点。

090616memory_0113

 PAでも立派なドッグランを備えるようになってきたのは嬉しい。犬に優しいのはやはり、自家用車→飛行機→電車の順だろうか。

090616memory_0115

 ニッキにはここで「愛犬用弁当 ポチの鶏めし弁当」というのを買ってやる。で、自分の朝食は昨日ダイエーで買ってきたジャムパン。でも、別に不服はないよ。

090616memory_0121

 10時過ぎに到着した時点では駐車場には自分たちだけ。車上荒らしの警告なんかもあって、他に誰か来ないかちょっと待っていたところ。どこかに悪漢が潜んでいそうで怖かった。

090616memory_0122

 巨大な岩の前で。思ったほど絵にならない。

090616memory_0125

 まだまだかなと思っていたら見事な野面積みの石垣が!

090616memory_0127

 ニッキ、まだまだ上機嫌に撮影に応じてくれる。ただ、この周辺巨大な虻がブンブン飛んでいて怖かった。スズメバチだったら写真の枚数が半分になっていただろうな。

090616memory_0128

 ニッキ、表情がワンパターンだよ! 暑いのはわかるけれどね。

090616memory_0130

 本丸広場到着。

090616memory_0132

 ここの石垣は遥か彼方からも遠望できる。人工と自然の見事なコンビネーション。

090616memory_0135

090616memory_105

 少し多めの人数で野宿するってのはどうだろう。愛犬の遠吠えに耳を傾け、星を見ながら古を思う。もちろん夏と冬は論外。あと酔っ払っていても危ないからダメだな。

090616memory_0138

 花束を抱えているように見えるけれど、実はしょんしょん中。

090616memory_0141

 勝央SAのショップで。何だこれ? 危うく買っちまうじゃないか。

090616memory_0143

 岡山道を下りて高梁市へと向かう道すがら。

090616memory_0145

 河原の遊歩道にも城下町らしい趣向がこらされていた。

090616memory_0147

 竹田城もそうだが、駐車場までの道は生活道路なのであまり堂々と走らないように。自分で車を押すよりも速ければそれで十分と謙虚になることで事故を防げよう。

090616memory_0149

 登り始めて10分くらいで結構高さを稼げるものだ。人間の足もたいしたもの。

090616memory_0151

 この光景が初めて目に飛び込んでくると感動する。ここでニッキには何カットもガマンしてもらった。

090616memory_0153

 備中松山城で一番気に入った撮影スポットだったかもしれない。

090616memory_0155

 あとは、まあ普通のお城風の写真になっちゃうね。

090616memory_0157

 日本一高い場所にある天守閣といっても高さそのものは写真に写せない。清里なんかよりは低いんだろうし、この時点で日本一高い場所にいるサモエドというわけでもないだろうな。

090616memory_0159

 平凡な絵葉書写真になっちゃうんだよね。

090616memory_0161

 天守閣の裏の昔のままの櫓の方に回り込む。井戸の中は配電盤みたいなものが埋め込まれていて、普通に立てるようになっている。

090616memory_0163

 とにかく藪蚊が多くって大変大変。

090616memory_0165

 マイナスイオンたっぷり。

090616memory_0167

 やっぱりここがすげーよ。ちょっとこれは攻められないかなぁって思わせるよね。

090616memory_0169

 松山から見下ろす高梁の町。

090616memory_0171

 ホテル駐車場。今はかなり荒れてしまっているが、昔は格式の高いホテルだったのだろう。このご時勢、営業しているだけでも立派なものだと思う。

090616memory_0173

 旅行中はお腹の膨れやすいドライフードを避けて本物食を中心に与えている。ベーコンは塩抜きしていないけれど、1枚だけやった。2つの山城を登ればそれなりに塩分も流出しているだろうと思う。

090616memory_0181

 昔ながらのレトロな調度も好ましい。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひょっこり兵庫にっき(3)

090614kaerimichi_1

 大盛況だった「穴子オフ」。遠くは九州・山陰からの参加者もあり、遠来の方々は三々五々早め早めにと帰途に就かれる。関東方面からの方は途中何ヶ所か予想される渋滞に遭わないよう、4時になる前に粗方出発されるようだ。

090614kaerimichi_3

 自分も関東勢なので、判で押したようにいつも宝塚と吹田の辺りでノロノロになるのには辟易している。今回は迂回路を探してみようと、海コース、山コースを事前にシミュレーションしておいた。ただ、半分以上思いつきなのとニッキとの気楽な旅なので、明日きっちりと予定の入っている方にご一緒にどうです?とは誘えない。

090614kaerimichi_5

 とはいえ、多少の渋滞があったとしても、結局は下道を使う方が時間的にも燃料消費の面でも不経済ということはままある。10km程度の渋滞ならば、ガマンだと一応の「決行」ラインを決めておいた。が、もう少しでドッグランのある三木SAだという地点で、こんな渋滞情報を見てしまえば、やるしかない。三木小野で下りてR175を北上。

090614kaerimichi_8

 見知らぬ土地での抜け道は怖いものだ。それが薄暮からの道とあってはなおさらのこと、長旅の際には常例となってきた1ℓの無糖コーヒー(イオン系で98円!と安い)をカップホルダーに突き刺して気合を入れる。

090614kaerimichi_10

 時計は18時を大きく回る。この時点で室津を出て1時間20分が経過。

090614kaerimichi_15

 丹波篠山付近を通過して、天引峠を越える。亀岡に繋がるR372は3桁国道ながら、整備状況は良い。

090614kaerimichi_25

 亀岡ICから京都縦貫道に乗り、入京したところ、こんな面白いお店があった。

090614kaerimichi_28

 京都のど真ん中だが、不景気の真っ只中ということもあってか、小太郎のようにしんねりしている。

090614kaerimichi_30

 烏丸五条、ジャスト20時。室津を出てちょうど3時間。渋滞道のストレスを回避したように思えても、一般道で速度を維持したままパスするのもまたそれなりのストレスがあるものだ。曲がり角、交差点が見える都度、頭の中に「危険です!危険です!」のアナウンスが(笑)

090614kaerimichi_33

 20時16分に東名に入る。

090614kaerimichi_35

 大津SAよりも規模で上回るのではないか、草津PAにて小休止。新名神を経て豊田JCTに近付いたところ、電光掲示板に岡崎まで渋滞6kmの情報。東名はこの先、つかえるかもしれないと考え、中央道経由を決定。

090614kaerimichi_38

 真夜中の中央道はさすがに渋滞とは無縁で、23時58分に諏訪湖SAに到着。京の街から4時間足らず。新名神はなかなか使える! 長旅の基本ルール、「眠くなったら休む」を発動し、ちょっと横になったら明るくなっていた。2時頃に出て渋滞を避け、5時前に帰宅しようという目論見は外れた。ぐっすりと寝込んでしまったようだ。

090615kaerimichi_1

 それならそれで、ついでに観光をするかと、高速の休日割引権を放棄することになる途中下道。

090615kaerimichi_5

 それほどの名城というわけでもないんだけれど、何だかんだで訪れたことの多い諏訪高島城へ。

090615kaerimichi_7

 地味~なお城だけれど、犬を排撃するようなこともなく、自然体で管理されている好ましいお城。

090615kaerimichi_9

 鴨の雛たちが愛らしい。ニッキはまったく関心を示さず。

090615kaerimichi_11

 ニッキとのお城廻り。意外にも近距離の甲信・東海は手薄。東海道は小田原城~岡崎城まで、甲州街道は八王子城~高島城までがブランク。さすがにこの日は調子に乗って高遠城や躑躅ヶ崎、岩殿山城を遊覧している暇はなかったので、家路を急ぐ。

090615kaerimichi_15

 母がまた昨日から旅に出ているため、小太郎が自分たちの居住フロアにやってきた。カニカマをやるから祟るなよ。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ひょっこり兵庫にっき(2)

090614anagooff_0

 本日は、今回の旅のメインイベントともなる『穴子オフ』。いまや日本サモエド界の3大イベントの1つに挙げても異存はあるまい。

090614anagooff_3

 岡山の朝はこんな感じでスタート。朝5時台に一度周囲を散歩してから整理作業。その間、だらしない格好をしていないとニッキが出発と勘違いしてわさわさしてしまう。ヤツはどうも一ヶ所でまったりするのが好みではないみたい。

090614anagooff_5

 人、犬ともに疲れを癒してから旅立ちの準備。今回、ニッキの食糧は「現地調達」を基本とした。ドライフード中心といえ、暑い車内に食糧を置いておくのはあまりよくないだろう。郊外型のスーパーにも立ち寄るチャンスが増えた。岡山ならば「ハローズ」あたりなら気の利いたドッグフードコーナーもあるし、旅の間くらいは、分厚いハムやチーズをニッキと一緒に分け合って食べたっていいではないか。ただし、穴子オフを前にして、お腹を空けておきたかった自分は朝食抜き。

 ニッキの朝食を済ませ、目の前を流れる旭川を渡って目指すはコロちゃんの住むサモ友おさぴさんのお家。もうここからは10分とかからない。決して誇張ではなく、深夜にニッキが大声で吠えれば、コロちゃんの耳でキャッチできるかできないかの距離だと思う。4月にも訪れた散歩道をゆったりとコロちゃんとお散歩。

090614anagooff_10

 同じ市内の犬友さんとでさえ、2月に1回お散歩の約束をするというのは予定が合わなかったり当日雨が降ったりで難しいものだ。500km以上の距離を隔てていながらまるで隣の町内会のような付き合いができることは嬉しいものだ。「あれ、ニッキ、また来たんだ!」親戚同士、コロちゃんとニッキ、どんな話をしているのだろうか。

090614anagooff_7

 コロちゃんによるニッキのIDちぇっく。散歩の途中からは、ニッキのマーキング後にはコロちゃんが上書きしないままにしておいてくれた。作業分担ということなのかな。

 捥ぎ立ての枇杷をお隣にお住まいの方からいただき、おさぴさん&コロちゃんと別れる。コロちゃんのお散歩コース、湊大池をかすめ、近頃なぜか足繁く?通うようになった感のある岡山を離れて東へと戻る。

090614anagooff_15

 冒頭に述べたようにサモエドの夏祭りともいえる、サモ友夢さん主催、権ままさん幹事の「穴子オフ」の会場は兵庫県たつの市御津町室津。岡山からは日生(ひなせ)、赤穂、相生を経由して正午に無事到着。

090614anagooff_37

 2年前は鳥取砂丘を見てから来たので昼からの参加はできなかったし、昨年は仕事で来られなかった。今日は心置きなく食べることとしよう!

090614anagooff_51

 待ってました!のシーフード・バーベキュー。これ以外にも牛肉、野菜がどっさり。焼き方の人、ありがとう!

090614anagooff_55

 ニッキの大叔父さんに当たる銀河くんのご一家が近頃家族に迎えた山河くん。美しい男の子。ニッキも気に入った。弟子に採る?

090614anagooff_57

 そして、こちらが美貌の息子和歌山のハクくん。父ちゃんに対しては微妙な距離を取る。う~ん、ダレなんだ? この自分と同じ匂いのする図々しいオッサンは。。。といった心中かな。

090614anagooff_59

 花のお江戸、葛飾からやって来た甥っ子のフォルテくんに挨拶。

090614anagooff_60

 そして、こちらが体重56kg!のクッキーくん。体は大きいけれど、優しい子。

090614anagooff_61

 そして、夢さん家の美蘭ちゃんにご挨拶。「蘭姉さんにはとっても世話になったよ。よろしくね!」

090614anagooff_65

 お美しいみかん&りんご姉妹。

090614anagooff_68

 クリンちゃ~ん。室津でも可愛いね。

090614anagooff_71

 島根のサモ友のりんさんからの差し入れ。とっても美味しそう!

090614anagooff_75

 滋賀の雄、白夏の伯父さんにあたる育太郎くん。優しい表情と見事な毛吹きの旅犬くん。年を通じて日本全国を廻っている。

090614anagooff_78

 同じ犬舎出身の弟(異父兄弟)ラスターくん。息子のハクくん同様、ニッキから悪戯っぽさを抜いて洗練した感じといえばよいのだろうか。とにかくカッコいいんだね。結構いろんなところで会っている。

090614anagooff_80

 真ん前か真後ろからしか見たことのなかった夢さん家の旗艦「住栄丸」。船橋内はハイテクの塊。

090614anagooff_85

 乗るのが大好きラスターくん。フォルテくんもラスターくんなら許しちゃう。

090614anagooff_86

 「そこは、もっとこぉ!」表情ひとつ変えずノリノリ演技指導。。。

090614anagooff_90

 フォルテ一家のお土産「両さんめんこ焼」。家に3枚ほど持ち帰ったが美味しかった。最初は、「両さんめんたいこ焼」かと思ってビールのつまみにしようと勘違いしていた。

090614anagooff_93

 暑いね~。でも、楽しいね!

090614anagooff_96

 今回の最高齢となる権三くん。まだまだ若い者には負けん。そして、10歳の大阪レオくん、9歳のジークくん、イワンちゃん、ニッキと続く。

090614anagooff_100

 室津の寒天で作ったデザート! これがヤバイほどんまいのだ。

090614anagooff_103

 犬生相談中。「もっと肩の力を抜いていいんだよ」とかね。

090614anagooff_107

 サモエドの集合写真を撮影する人たちの集合写真。サモ密度もっふもふ!

090614anagooff_110

 権大先輩とのツーショット。ニッキ、未だに少しだけ緊張。

090614anagooff_112

 みちのくデビューも果たした白炎くん。1歳ちょっとだけれどすでに体重は36kg。落ち着きもあり、ニッキより貫禄もある。ただ、涙焼けが右目の同じところにあるのは何だか親近感。でも、白炎くんの涙焼け、若いうちに治るといいね。ニッキはこのまま行きます。

090614anagooff_115

 「おやじ、冷たくしてゴメンな」とハクくん。

 「んー、いーもーんだ!」とニッキ。ヤなやつ(笑)

090614anagooff_117

 三重からブラネー号でお越しの美犬ネージュちゃんとアンダーデスクドッグ、ブランくん。

090614anagooff_120

 さてと、そろそろお暇しなければ。今度またゆっくり室津を訪れるよ。

090614anagooff_123

 取って付けたような集合写真になってしまったけれど、本当はニッキとイワンちゃんはもっと仲良し。

 今回やってみたかったことの1つが、現地からの「速報」。羨ましがらせてしまう罪作りな「仕事」だけれど、経験上サモのイベントの行われている最中、指くわえ隊としては気になるもの。リアルタイムに現地の空気や匂いが伝えられたらと思ってチャレンジしてみた。正直、気忙しいところもあるので、今回だけの試みになるかもしれないが、ただ画像が流れているのとはまた違う趣はあるかと思う。

 さて、帰りのことを考える前に、お腹を一杯にし、滅多に会えない西のサモたちとモフモフすることとしよう。

※まだまだ一度に紹介しきれないほど楽しい写真があります。いずれ、「ひょっこり兵庫にっき番外編」で! お楽しみに。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ひょっこり兵庫にっき(1)

 仕事が引けてから相模原のダイエーで今夜の移動に必要な食料を買い込み、22時前に帰宅。津久井から帰省中の白夏の見送りを受け、すでに「異変」を感知して気もそぞろなニッキを車に載せる。後は例のごとく深夜の東名・名神を西へ西へと直走るだけ。

090612anagooff_1

 どこまで行くかは大まかな予定を立ててはいるものの、睡魔が顔を出したら最寄のSAPAにて大休止をするという最優先の取り決め以外はアバウト。ただ、いつもならば東名を終点まで走ってから名神へと接続するルートを、今回は伊勢湾岸道路から新名神を使うルートを取ってみようと考えてみた。このルートによって50kmほど短絡することができるメリットがあるが、養老や多賀といった無料の公衆無線LANスポットを経由できないのがデメリット。今回の旅から活躍する高速無線通信用FOMA端末が従来のカメの歩みの通信速度をどれだけ解消してくれるだろうか。

090612anagooff_2

 足柄SAに寄ったら、この仲間たちと写真を撮るんだ。

090612anagooff_3

 途中、足柄SAで機材を展開。休憩中に、スピッツのミルクちゃんとお友だちになったニッキ。足柄を出て、徐々に東名モードに体を慣らす。牧之原SAで定例休憩を取ってから、浜名湖SAで給油を済ませ、伊勢湾岸・新名神経由で、6時前に中国自動車道社(やしろ)PAで休憩。ここにはドッグランがあり、ニッキたのめにたっぷり時間を取ってやった。

090613anagooff_2

 私の車のナビでは「そんな道などない!」の新名神。

090613anagooff_3

 7時過ぎには播但自動車道の朝来SAに着いたが、この少し前から睡魔が顔を覗かせる。2時間ほど思い切って仮眠を取ると眠気は消えた。和田山ICで降りて、10時前に朝来市の竹田に到着。目指すは、「天空の城」竹田城。細い道を通って、無料の駐車場へ。

090613anagooff_6

 播但自動車道の朝来SAを出ると目の前に竹田城の威容に身も竦みそう。ニッキを連れてなんて登れるのか?

090613anagooff_8

 駐車場までの細い道を登ってそこからは徒歩。天守台へ直行する短絡ルートをと最初は考えたが、いやいや、やっぱり城は大手門からでしょうと一般向けコースを採る。ヘビとか怖いし。

090613anagooff_12

 竹田の町を見下ろすニッキ。高所恐怖症の人にはあまりお勧めできない。

090613anagooff_14

 日本のマチュピチュという形容が合っているかどうかはわからないが、天空の城というのは決して誇張ではないような気がする。

090613anagooff_20

 400年ほど前までは、ここに多くの櫓が立ち並び、武士達が行き来をしていたのだね。その頃に、自分の先祖もニッキの先祖もたしかにどこかに存在していた。

090613anagooff_24

 ニッキと共に大展望と世の無常を味わってから疎水でクールダウン。和田山のジャスコで買い物をしてからニッキの朝食を済ませる。

090613anagooff_30

 中国自動車道をさらに西へ。岡山県に入り、前回訪れることの叶わなかった備中松山城への登城。ちょっとお願いをすれば麓にある駐車場から8合目の鞴(ふいご)峠までを頻繁に往復するシャトルバス(大きめの1BOXカー)に乗せてもらえるかもしれなかったが、「大型犬ですよね…」とちょっと困った表情をした若い男の子に無理を言うのはやめようと、気合いで全行程を歩くことにした。スタッフさんはOKでも、他のお客さんに犬の嫌いな人がいたら、その人のためというよりもニッキがかわいそうだもの。

090613anagooff_58

 日本一高い地点にある天守閣を擁する城郭とのこと。ニッキまでがなぜか神々しい。

090613anagooff_70

 このバケツはワンコのために置いてくれているのかな。とっても役に立ったよ。ニッキもすぐに足を抜かなかった。気持ちよかったのだろう。

090613anagooff_80

 ニッキ、キメのポーズ。

090613anagooff_90

 こんど人がいないときに乗せてね。ちゃんと2名分お支払いしますんで。

090613anagooff_94

 後で案内図で見たら、天守閣のある「小松山」のさらに後に「天神丸」「大松山」の曲輪があるそうだ。しかしすごい城だね。

 夏至の日の長さに助けられ、まだ明るいうちに今夜の投宿地岡山市内へと向かう。途中の道で今夜の食糧(人間用)を調達。腹が減っては旅を続けることもできない。備中松山城の往復にもっと時間がかかるかと思ったけれど、結局シャトルバスを利用した面々と所要時間は大差なかったようで、18時過ぎには岡山市内のホテルに到着することができた。岡山市内でちょっと混んだが、交通量ではなく信号の配置と調整が悪いような気がする。

090613anagooff_104

 設備も古いホテルだけれど、犬にはおおらか。客室は驚くほど広く、川側の部屋を宛がってくれた。ただし、クーラーの利きが弱いのがちょっと残念。

090613anagooff_106

 岡山市内を貫く旭川。下流には野生のヌートリアなんかもいるらしい。

 今夜は長旅の疲れを癒し、明日のために体力を回復しなければ。先に眠り込んだニッキ、いったいどんな夢を見ているのだろう。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

桐に紫陽花

090611kiri

 例の「気になる桐の木」も伐採されずにこんなに大きくなった。巨大な草と誤解していた頃からすればずいぶんと成長したものだ。

090611ajisai

 桐の花はまだ咲かせてくれないが、対向ホームの柵側には紫陽花が咲き誇っていた。

 桐も紫陽花もがんばれ!(安易な結びだ)

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

送料1000円とな?

090608nts_1 

 ネット通販なんかだと落札価格が異様に安くても、送料がバカ高く設定されていて、うっかりしていると安物買いの銭失いになってしまうことがあるが、今日ここで愚痴を聞いていただきたいのは通販ではなくって、メーカーへの部材請求の件。

 ご覧のように、スイッチを保護するゴムのカバーに、長年の使用で穴が空いてしまい、漏電でもしたらいけないと考え、カバーを送って欲しいとカスタマーサービスに連絡を入れた。

090608nts_2  

 まあ、対応は円滑で迅速だったし、慇懃無礼というような感じでもなかったので、まったく問題はない。また、部材なんてそんなに売れるものではないだろうし、保管のコストだってあろう。倉庫に照会して袋詰めする手間なんかもかかるだろうからこれが1つ800円というのは許せる。

 ただ、すごーく薄い部材というかシールみたいなものの送料がなんと1,000円! しかも送料込みで消費税まで取られてしまう。何かの罰ゲームみたいだ。ちょっと気の利いたメーカーなんかだと送料は後で切手で送ってくれれば結構ですよとやってくれるのに、ここは代引きしか受け付けていないらしく融通が利かない。途中の配達事故で問題が起きるよりは良いだろうという判断なのだろうが、それでも何か釈然としない。部材より送料の方が高いのも何なので、予備にもう1つ追加をお願いしたが、まさか送料を高くすれば追加にいくつか頼むのではないかとそこまで読まれていたのだろうか。だとすれば見上げた商魂である。部材だけでは購入できずサービスマンが伺っての有償修理になります、とか、すでに生産を打ち切っていますというのよりはずっと救えるんだけどね。。。

090608nts_3

 送料を損したというよりは、何か社会的にムダなタテマエに縛られているようなところが違和感の元なのかもしれない。きっとそんなメーカーさんでも、資源の有効活用とかエコ運動のような啓発を行っているんだろうと考えるともっと変な感じだよ。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

迷子札

090530maigofuda

 白夏の古い首輪に付けている「♂」の性別記号を象ったカッコいい重量感のある迷子札(錫製?)は、軟らかい金属を使っているためか、表面に刻印した電話番号が摩れて見えなくなってしまった。これでは迷子札としてはいざという時に役立たない。ただ、いまや白夏のトレードマークでもあるし、白夏のガウ友、柴犬バロンくんともお揃いのアクセサリーなので、愛着もある。そこで、♂の迷子札はそのままアクセサリーとして残し、新たにより実用的な迷子札を注文した。

 七宝焼き風のカラフルなもので、両面ともに磨耗を防ぐ特殊加工がしてある。

090606maigofuda

 白夏については2種類の首輪に合わせて2つのバージョンを作ってもらった。

090607hakka

 装着したところ。通常はモフモフに隠れて見えない。

090530maigofuda_2

 そしてこちらがニッキの迷子札。プラ製なので普段の首輪に付けると強度が不安。そこで、散歩用の拡張ネックレスに装着。いずれは白夏同様、普段使いのメタルバージョンの迷子札を発注する予定。

090530nikki

 あまりいろいろとぶら下げるのもスマートではないような気がする。

090608fudatsukikotarou_1

 そして、家ネコさんにも念のため。

090608fudatsukikotarou_2

 小太郎にとってはあんまりありがたいものではなさそうだ。

 迷子になれば、犬たちも飼い主も不安になってしまう。迷子札に頼らないで済むように、まずは戸締りと散歩時の注意から心がけたい。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ご飯の時は休戦だぜ

090608nakayokugohan

 顔を見合わせればガウガウ言い合う親子だけれど、楽しいご飯は仲良く揃って、いただきま~す。こちらも癒される平和なひと時。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初夏のカラヤン便り

090607karayan

 サモ友Aさんから、故郷でご両親と暮らすカラヤンのほっかむり画像が到着。雪はなぜ白いんだろう、なぜヒヤッとするんだろう。。。と沈思黙考中?

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DogPALへ~穴子オフリハーサルを兼ねて~

090607dogpal_0

 ちょっと陽射しは強かったが、ニッキのストレスを解消しにアベさんのDogPALへ。

090607dogpal_1

 この暑さでは遊びに来る犬たちも少ないかなと思っていたが、意外に多くの犬たちが元気に駆け回っていた。

090607dogpal_2

 ラブラドールのセンタロウとヘアレスドッグムム子の子、万太郎くん。最初はニッキに対してガウガウしていたけれど、ノーリードにしてからはたまに小競り合いがある程度。飼い主から離れたところで犬たちは絶対に無謀なことをしないのだと再確認。

090607dogpal_3

 先月、狭山PAでも会ったヘアレスドッグのレオンくん。万太郎くんとは同胎。早速ぺちぺちさせていただいた。

090607dogpal_4

 DogPALの主、ポチポチももう8歳。昔のようにニッキをマークすることはするが、以前のように最初から最後までという感じではなくなった。ニッキも分別がついてきたし、ポチポチも歳を取ったのだろう。

090607dogpal_5

 クーっ子にスキスキ♪をするニッキ。

090607dogpal_6

 まだ小さい子なんだよ。

 それでも好きなものは好きさ。

090607dogpal_7

 お母さんと一緒。

090607dogpal_8

 アベさんの犬たちは忠犬揃い。ニッキだったら、「勝手に行くな!」とワンワカ吠えることだろう。

 ニッキをフリーにさせている間に、FOMAの通信テストを兼ねて現場からのブログ更新テストを行ってみた。Webの閲覧のストレスはないのだが高々100KB程度のサイズの画像でもアップロードに結構時間がかかる。14日の穴子オフで、どれだけ力を発揮できるだろうか。美味しい物を食べるのが何より優先だからね。

090607dogpal_9

 売られたケンカもすぐには買わないように老成してきたものの、♂としてのマーキング習性だけは相変わらず。

090607dogpal_10

 犬種を超えた女好きも相変わらず!?

090607dogpal_11

 いっそ、犬という垣根も越えてしまえばいいのに(笑)

090607dogpal_12

 そして、年齢にも無頓着。。。

090607dogpal_13

 なんなんだ、あいつはという目線のジニー

090607dogpal_14

 空中散歩と洒落込んでみました。

090607dogpal_15

 レオンくんお気に入りのタイヤ。結構重いのにぶんぶん振り回す。

090607dogpal_16

 ふーっ、冷たくって気持ちいいや。

090607dogpal_17

 ホントだよね。これさえあれば夏でも遊べるよね。

090607dogpal_18

 ついでに腹と足の泥も落とし、シャワーでお尻も洗ってスッキリ!

090607dogpal_19

 楽しかったなー、今度はいつになるかな。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

つい手が伸びて

090604castella_1

 ダイエー相模原店の店内大改装に伴う見切り品の処分らしい。ワゴンに安値の菓子だの缶詰だのが山積みになっていた。あれだけの量があると一つ一つの商品が魅力に乏しいとしても、クリスマスツリーのオーナメントのように、不思議と輝いて見えるものだ。

 商品販売の戦略にまんまと乗ってしまったのかどうかは別として精算時のカゴの中には小太郎へのお土産の贋カニほぐしだの見切り販売の肉だのと一緒にこんな物も入っていた。

090604castella_2

 味は大体想像していた通りで、コーラと相性が良い。分け前をと来たヤツも、うん、なかなかイケルね、と表情で褒めてくれた。美味しいと口をこちらに向けてクチャクチャやっているところを見せてくれる(ただし素敵に美味すぎるとドアを開けてどこかで食べに行く)。

090604castella_3

 悪くない買い物をしたとホッとしていると、机の上にある「半額」シール付きの。唐揚げが気になるようで、本命はどうもこっちだったようだ。もちろん、独り占めなどできるわけがない。味も濃くなかったので2つだけ与えてやる。それにしてもいろいろな骨と一緒に写っていると何となく迫力があるね。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょいと顔見世、お立ち寄り

090604poipoi_0

 白夏、叔父夫婦の買い物がてらちょっとだけ我が家に立ち寄る。今日はね、すぐ帰っちゃうんだよね、と報告に来る。

090604poipoi_1

 白夏としてはどんな表情をしたら良いものか迷うところだろう。

090604grugru_1

 白夏到着の当時は「キューン」と切なそうな声を上げたニッキも、いざ白夏が目の前に現れると、ボク、知らないもんね~♪と以前、犬友の晴れ男さんに貰ったおやつをガジガジ。

090604grugru_2

 照れているのか、摩擦を回避する知恵なのか、ニッキにとって存在するのはこの「ねじりン棒」だけ。

090604grugru_3

 結局白夏滞在中に全部お腹に納めてしまいましたとさ。

090604poipoi_2

 着いて早々に引き上げ態勢? 白夏、ドライ過ぎるよ。

090604poipoi_3

 今まで犬と暮らしたことのない叔父夫婦に慣れたのはいいんだけれど、もっと皆にサービスしなくちゃ。

090604poipoi_4

 あ、ニッキ風の白夏が撮れていた! 白夏、来週早々また我が家に中期帰省の予定。親子仲良くね。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビッグガム

090603biggum_1

 サモ友、パンジャさんにいただいた「ビッグガム」。ニッキも白夏もお気に入りなんだけれど、食べない。お互いに自分の威を示すときに持ち歩くような感じ。オモチャというよりはステイタスシンボル。武士の刀のようなものなのかな?

090603biggum_2

 もっとも、ニッキはこのタイプのガムは大きくても小さくても消化しないので、持ち歩くに留めておいた方がよいのかもしれない。近くにあると安心する、おやつ兼オモチャというところかな。

090603hone_1

 そしてこちらもサモ友夢さんにいただいたカンガルーの骨。

090603hone_2

 よこせよこせと催促してからむにゅっと強い力で持っていく。

090603hone_3

 ただ、やっぱりその場で全部食べようとはしない。そんなこんなで、ニッキと一緒の居室には骨や骨型のガムが散乱している。それらを組み立てると「何か」が復元できるような生々しさ。部屋を訪れる人はぎょっとするだろうな。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

クローバーの植え替え

090530uekae_1

 蘭ちゃんのクローバー、我が家に来てほぼ1年が経った。最初は親指の爪くらいの小さな球根だったので、それに合わせて小ぶりの鉢で育てたところ1年ですくすくと成長して、窮屈そうになったので少し大きめの鉢に植え替えた。球根の周囲の土をできるだけ落とさないようにしたため正確な球根の数や大きさはわからないが、ニンニクくらいのサイズと持ち重りがあった。

 もっと大きな陶器の鉢やプランターに植え替えると、水遣りのしやすさと陽光のバランスがとれた湯沸かし器の上に置けなくなるので今年いっぱい、冬まではここで暮らしてもらう。

090530uekae_2

 植え替えた鉢を置いていたらニッキがこっちを見て笑ってた。ヤツには蘭ちゃんの姿がちゃんと見えるんだろうと思う。来年は株分けをして、サモ友さんの庭に、そして白夏の暮らす津久井にも花を咲かせたい。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユニコーン!

090530unicorn

 惰眠を貪るユニコーン。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

暑さに負けぬ食養生

090525hiyashitantan

 暑さに負けないように、冷たいもので栄養補給。写真は『揚州商人』の冷やし坦々麺。添えられている赤唐辛子を齧りながら大盛でいただく。チェーン店ではあるけれど、当たり外れがなくって好き。

090526curry_1

 こちらは町田ジョルナ地下のインド料理屋さん。暑さに対して暑さで処す。

090526curry_2

 カレーも美味しかったんだけれどナンで手が油っぽくなったので写真は撮らず。それにカレーの写真って余程巧く撮らないと美味しそうに見えないんだよね。

090526curry_3

 仕事が引けるのが21時過ぎ。お店が閉まるのが22時。ちょっと忙しないのが残念。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »