« 西へ! | トップページ | 懐かしき笑顔 »

雨中逍遥

090404ichinomiya

 家を出たのが22時近くと遅かったため、足柄SAを出てからはニッキのリクエストのない限り、距離を稼ぐために途中休憩を減らすことにした。できれば、夜明けまでに京阪神間をパスして西宮名塩SAまで到達したい。0時を回って、一挙に尾張一宮まで駆け抜ける。

090404taga_1

 とはいえ、春期の疲れが溜まっていることを自覚しながらの運転。安全を最優先にどこかでバランスを取らなければならない。とすると滋賀県内での大休止か。大津、草津までとも考えたが、少しでも早く仮眠を取ってその分早く行動するのがベストかと考え、多賀SAで休むことにした。

090404taga_2

 携帯のアラームを仕掛けたはずが、ONになっておらず、いったい何時かとギクッとしたが、予定した6時を14分超過していただけだった。体内時計も結構信頼できる。

 SAのGSで給油してから出発。満タンにしても5000円を切るのは嬉しい。そして、今回は高速の割引が適用されているはずだから、移動費はかなりお財布に優しくなっているはずだ。ありがたいことである。

090404sasayama_2

 多賀を出て、京都府内は順調に通過するも、宝塚と西宮の間で朝の渋滞に遭遇。40分程度時間を損する。神戸周辺の道付きを研究しておく必要を痛感。9時前に篠山市内に入る。歴史を感じさせるしっとりとした町。

090404sasayama_5

 9時1分に本日最初の目的地、丹波篠山に到着。折りしもお花見シーズンで、屋台がずらりと並んでいた。賑やかなのは悪くないが、お城の景観がお祭り気分で変容してしまう憾みもある。駐車場前の「大正ロマン館」にて。

090404sasayama_7

 篠山城前にて。

090404sasayama_10

 桜の花と石垣と。いかにも春のお城らしいシチュエーション。

090404sasayama_12

 天守閣や大きな櫓こそないけれど、大書院が復元されている。天守閣ではなく、書院を復興事業の対象とした篠山市民の心意気のようなものを感じる。

090404sasayama_14

 祭りのイベントに備えての度重なるマイクのテストにニッキが怯えていた。何もイベントがなければこの書院をバックに素敵な写真が撮れただろうが、その代わりに多くの入場者にニッキがかわいがってもらったので野暮は言わない。

090404sasayama_15

 今度はイノシシのキャラクターが近付いてきた。ニッキとのツーショットをお願いすればよかった。

090404sasayama_17

 大手門前にて。

090404sasayama_19

 石垣下より書院を望む。渋い!

090404sasayama_22

 風情のあるこういったお店がいつまでも残っていけますように。

090404nishiki_1

 篠山を出て、次の目的地福知山を目指す。途中の西紀(にしき)SAにてニッキのトイレ&朝食休憩。ここにはドッグランの設備もあり、旅する愛犬家にとっては嬉しい限り。

090404nishiki_2

 たっぷりとお水を補給して…マーキングの準備(笑)

090404nishiki_3

 小さなお友だちとも仲良く遊べたね。飼い主さんも大きな犬が来たからと神経質にならないで、分け隔てなく接してくれた。

090404fukuchiyama_3

 お城へは、駐車場から「昇龍橋」を渡って行ける(渡らなくても行けるんだけど)。せっかくだから渡らないとね。

090404fukuchiyama_5

 福知山城は明智光秀が大改修したお城としても知られる。別名を臥龍城とも。

090404fukuchiyama_7

 平山城らしく、天守閣に近付くほどに眺望が開ける。守るにも攻めるにも力を発揮したことだろう。

090404fukuchiyama_8

 安土城同様に石垣には石仏などの「転用石」が使われている。しげしげと石垣に見入るニッキ。わかるのか?

090404fukuchiyama_10

 堂々の大天守。福知山市民のシンボルだろう。のっぺりした都市相模原にはこういった心の拠り所がないのが寂しい。

090404fukuchiyama_12

 桜花に煙るかのような天守閣。

090404fukuchiyama_14

 たまには横顔ショットもね。

090404fukuchiyama_16

 わんこ専用雨宿りスペース?

090404fukuchiyama_18

 昇龍橋を望む。

 昼前に福知山を離れ、津山を目指す。

090404kasai_1

 途中、睡魔に襲われる。コンマ1秒でも寝てしまっては取り返しのつかないことになる。仮眠を取りはしたもののまだまだ疲労が蓄積しているのだろう。本当に眠いと、精神力だけではカバーできないものだ。中国自動車道に入り、加西SAにて一休みすることに。

 芝生広場でコーギーくんと濃厚な挨拶。

090404kasai_3

 敷地の一角にあったセットのような建物。文字通りの看板建築。

090404kasai_5

 売店でパンを買って朝食を安く済まそうと思ったのだが、あれこれ選んで770円。結構高くついてしまった。

090404tsuyama_2

 福知山から2時間ほど高速を飛ばして、津山に入る。市街は閉鎖された商店や取り壊し中の百貨店など、不況の影響をもろに受けているようなもの寂しさを感じた。

090404tsuyama_4

 津山の旧地名は鶴山といい、現在も津山城は鶴山公園として親しまれている。ただ、城内は犬の立ち入り禁止。仕方なく、お城の外をぐるりと歩くことにした。

090404tsuyama_6

 津山に入る前から強くなり出した雨で、ニッキも濡れていく。前々から津山のお城を見たいと思っていた分、気持ちまで萎えてしまいそう。ただ、もうニッキとこの地を訪れることはないだろうと思うと見られるだけ見てやろうという気持ちにもなる。

090404tsuyama_8

 お城よりも気に入った建物(*津山郷土博物館/旧津山市庁舎)。設計年代は戦前かもしれないが(*竣工は昭和9年とのこと)、なんとも洒落っ気を感じさせる。こんな屋敷に犬たちと住めたらどんなによいだろう(*建物の中で行方不明になる危険あり)。

090404tsuyama_10

 さらば津山よ。

090404hotel_1

 本当なら、どうしても登りたかった高梁市の備中松山城だったが、雨天のため今回の登城は断念。本日の投宿地玉島に向かう。スーパーマーケット「Halows」で夕食を買い込み、宿にチェックイン。

 室内は殺風景だが、シャワーがありベッドがあり、そして愛犬とともに過ごせるのであればこれ以上何を望もうか。快く犬を泊めてくれる宿の主人に感謝したい。

090404hotel_3

 ほれ、お前さんのご馳走も張り込んだよ。国産和牛の霜降りだなんて、贅沢は言うなよ。

090404hotel_5

 疲れたかい?

090404hotel_7

 シャワーを浴びてからタイムサービスで買ったオードブルとお弁当で腹ごしらえを済ませ、ニッキにもご馳走を。さて、明日は早起きしような。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に参加していますhappy01

応援よろしく~good

Anber005_2

|

« 西へ! | トップページ | 懐かしき笑顔 »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

西宮を通られたのですね。
さくらはにっき君の気配を感じたかも。
昨日はあいにくの雨でしたが今日はよいお天気、西国の旅を堪能して頂けたでしょうか?

投稿: さくらママ | 2009年4月 5日 (日) 13時08分

⊂二二二( ^ω^)二⊃ バックの景観がいいなぁ~~~
o(*^▽^*)oもんちゃん達にもいつかお城を見せてあげたいなぁ~~

投稿: やすきち | 2009年4月 7日 (火) 10時58分

西への旅ということはニッキママに愛に?

う~(>_<)ニッキくんに逢いたかったなぁ…明日は休みなんだけどなぁsweat01

あ、もちろんこれみつさんにも逢いたいのです(*^_^*)

投稿: がっちゃん | 2009年4月 7日 (火) 21時26分

もうお戻りでしょうか?
「お疲れさまです」
旅のご報告を楽しみにしてます♪
二人でぷらっと出かけられるって・・羨ましい!!

投稿: チームはる♪ | 2009年4月 7日 (火) 22時56分

>さくらママさん

はい、往路・復路ともに西宮周辺を通過いたしました。遠くから山腹に家々の灯りが点るのを眺めると、ついに関西に来たのだなと感じます。ただ、あの辺りでどうしても渋滞につかまってしまうので、今度はさくら家を訪問して渋滞回避のための抜け道を教えていただこうと思っております。ニッキにとってはさくらちゃんと遊ぶ絶好のチャンスですね(笑)


>やすきちさん

もんちゃんたちはお城じゃなくっても、海や崖、大草原をバックにいっつも幸せそうですよ。ニッキも私も羨ましいです。


>がっちゃん

広島の友サモさんを訪れるにも、土佐の実家(ニッキの)を訪れるにも十分な時間が取れず、また、急遽決めた旅立ちだったため、今回は西への小旅行といった感じになりました。前もって休みが取れれば、必ずご連絡いたしますよ。


>チームはる♪さん

春期講習から通常授業までブランクが3日あるじゃん!と気付いたのが数日前のことでした。ために、追い立てられるように旅立ちました。ここのところ、ニッキに十分なことをしてやれなかったことからの衝動だったのかもしれません。

投稿: これみつ | 2009年4月 8日 (水) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/44549720

この記事へのトラックバック一覧です: 雨中逍遥:

« 西へ! | トップページ | 懐かしき笑顔 »