« 小太郎撮影会 | トップページ | メタボリック☆ザ☆キャット »

オビ逝く

0802nakashibetsualbum_38

 朝方、ニッキと白夏のトイレ出しのついでにいしかわさんの掲示板を覗いたところ、にわかには信じられないようなタイトルが目に飛び込んできた。

 「オビ、急死!」

 まだ5歳の男盛り。生まれたばかりのパエルとの子どもたちを残して天に駆け上がっていってしまった…。

080623aisatsu_4

 堂々とした体格のオビは威厳を備えながらも、優しさと愛嬌を持った素晴らしいサモエドだった。いしかわさんも次代を担う犬たちの親分として大いに期待していたに違いない。

 4月の頭にニッキと中標津を訪れた折も、近付いてくるニッキを王者の風格をもって「謁見」し、快く仮初の仲間として受け入れてくれた。オビの娘であるノンノとエニセイを妻に迎えたニッキにとって、オビは義父。犬たちにそういった概念などないのかもしれないが、最も原初的な縁のようなものを互いに感じ取ったのではなかろうか。オビの子、孫たちにオビの血は分脈されていく。

061120obi

 あきる野の王国時代も、お客さんが訪れると、「やぁ、こんにちは!」と最高のサモエドスマイルで迎えてくれた。父親のカザフ以上に目付きが鋭く、一見コワモテではあったが、笑顔は実に人懐っこく、柵の中に差し入れた手に額を押し付けて「撫でてよ~」と甘える姿は、なんとも愛らしかった。

080926hakkamorning

 その、オビの初孫である白夏に祖父の訃報を伝えた。一度だけ、まだ白夏が1歳になる前だったが、あきる野のドッグランでオビと挨拶を交わしたことがある。昨年1月29日のことだった。

070129obi_4

 いずれ大親分になるはずだったオビは白夏にとても優しく接してくれた。

 お祖父ちゃんと一緒なら何も怖くないよ!

071201hakkainhyakuyubou_1

 同じく昨年12月1日、いしかわさんのご厚意で白夏を百友坊に入れていただいたときのスナップ。白夏にとって、この時の鼻合わせがオビ祖父ちゃん(右奥がオビ、手前が白夏、左は懐胎中のパエル)との最後の別れになってしまうとは…

080926hakkaafternoon

 母であるノンノを通して、祖父であるオビよりも祖母であるラーナの面影が強く白夏に映じたように思えたが、切れ長の目、人懐っこい豊かな表情の中にはオビの匂いも感じる。

070822samokumo

 あまりにも早い無念の死。命はやがて尽きるものだとはしても、やはり、あまりにも…というやり切れなさを引き摺ってしまう。彼の保護者であり親代わりでもあった石川ご夫妻の哀しみの深さは想像すら及ばない。

 今はただ慎んで哀悼の意を表するとともに、オビの魂の安らかなことを祈ります

|

« 小太郎撮影会 | トップページ | メタボリック☆ザ☆キャット »

お悔やみ」カテゴリの記事

コメント

これみつさん、皆さん、おはようございます。

3日振りにPCを開いてみたら、「えっ・・・」
ただただ唖然、しばらく固まってしまいました。

またもサモエド界の巨星が逝ってしまったんですね。

これみつさんが仰る通り、石川さんご夫妻の哀しみは計り知れないですね。

本当に悲しいけど、オビに出会えた事に感謝、「ありがとう」ですね。

投稿: 雹男S | 2008年9月27日 (土) 09時09分

>雹男Sさん

オビのいなくなった心の空白を埋めるため、結局一晩中起きてオビの記憶を紡いでいました。この日のブログ、何回書き換えたことでしょう(ほとんどが増補ですが…)。オビとはチロルほどモフモフできませんでしたが、自分が行くと緑川のダーチャかベコに続いて、柵のコーナーまでやって来て歓迎してくれました。彼はとってもチャーミングなサモエドでしたね。驚きが寂しさに変わり、そして今、なぜ彼が夭折しなければならなかったのかがたまらなく不合理でなりません。何の理由もないからこそ、命とはかけがえのない尊いものなのかもしれませんが、それはできるなら自分の知らない世界のできごとであって欲しかったという整理できない気持ちです。

石川さんの心の中には、何度も「もしもあの時…」の思いが去来したことと推察します。ただ、過去をとやかく言うことは、石川さんの世界観そのものと相容れません。その苦しみを乗り越えてのオビを送る言葉。悲しくも胸を打たれるのは愛する者と暮らすことの覚悟と矜持ゆえのものだからでしょう。これだけの思いに包まれて天国に旅立ったオビを始めとする石川家の犬たちは最高に幸せだと思います。

投稿: これみつ | 2008年9月27日 (土) 09時43分

石川さんご夫妻、オビのことを思う私を含む皆さんの無念の思いが押し寄せます。オビ父ちゃんの遺してくれた子供・孫達、オビの分まで幸せに長生きしてほしいと願います。オビ、ありがとう。安らかに。

投稿: ちょびん | 2008年9月27日 (土) 09時43分

>ちょびんさん

カザフが亡くなることなどあり得ないと思っていたことが自分の思い込みに過ぎなかったことを痛感したあの日から2年ばかりで同じ嘆きに見舞われるとは…。今年は悲しみが癒される時間もありません。

ノエル君は尾張オビ家の初代。誇り高いオビの長男として堂々と胸を張って、そして何よりも健康で長生きするんだよ!

投稿: これみつ | 2008年9月27日 (土) 10時08分

仔犬たちの誕生を見届けて駆け足でお空に逝ってしまいましたね。
オビはマロの血を受け継いで、これからまだまだ石川家で活躍して欲しい存在だったのに残念です。
石川様ご夫婦の心痛を思うと言葉がありません。

一目、仔犬たちに立派なオビお父ちゃんを見せてあげたかったですね。

投稿: 夢さん | 2008年9月27日 (土) 19時18分

>夢さん

白夏よりずっと若い叔父さんや叔母さんがこれからも続々とチキウデビューするのを楽しみにしていたのですが、本当に残念です。マロもカザフもオビも皆一様に、自分の成すべき仕事を終えたかのようにさっさと天国に帰って行ってしまうのが寂しいです。

オビはその名通りの大きくてカッコいいサモエドでした。

投稿: これみつ | 2008年9月27日 (土) 21時45分

今年は本当にお別れが多すぎて・・・

投稿: シトラス | 2008年9月27日 (土) 21時49分

>シトラスさん

昨日から白夏を抱きまくりです…

投稿: これみつ | 2008年9月27日 (土) 22時05分

今日、花屋さんに行って中標津へ送るように
頼んだよ。明後日には着くって。
白夏君、お祖父ちゃんと北の大地を一緒に
走りたかったよね。あやちゃんも北で再会できる
のを楽しみにしてたのに残念だよ。

投稿: あやちゃん@サミーJr | 2008年9月28日 (日) 20時29分


 おはようございます。
 物置き部屋の窓がオレンジ色に染まってきています。
 快晴、陸霧もなく風もないのでしょう、ミズナラやカシワの葉は静寂の中です。
 視線を下げると、主の消えた大きな小屋が見えます。その前には白を中心とした花の集まりが、、、。
 昔、友人が続けて自死・病死をしたことがあり、神田を回り、しばらくの間、夭折をした若者の本を読みあさったことがあります。その中に流れる無念さを、今も思い出します。

 多くの生きものたちとの暮らしを続け、あの感覚を何度も思い出します。13歳のマロも、15歳のタムも、そして10歳のカザフも6歳のタローも、みんな私の中では夭折です。
 そしてその輪にオビが加わりました。
 
 これみつさん、そして皆さんの言葉、しっかり受け止めさせていただきます。オビの記憶を留めていただき、ありがとうございます。
 そして私と女房は、また『日常・普通の日々』に戻ります。多くの瞳が見つめてきます、ずぼんに泥足で跳びつき、催促してきます。彼らとともに普通をかみしめて進みます。
 
 ありがとうございました。

 追記
 目の開かないうちに父を亡くした8匹のパエルっコ、オス1匹を残します。オビ似になると嬉しいのですが、、、。
 

投稿: 北のウブ | 2008年9月29日 (月) 05時40分

>あやちゃん

そう、いつかはニッキと白夏ふたりで北の百友坊を目指したかったんだ。白夏のお祖母ちゃん、お祖父ちゃんは父方も母方もいなくなってしまってとっても寂しいよ。オビ、白いお花に囲まれてゆっくり眠っているんだね。


>北のウブさん

マロ、カザフ、オビと…いしかわ家3代にわたるサモエドの頭領たちを友とできたことは幸せなことでしたが、その分だけ別れは重く沈鬱なものです。特段のしつけによらず、オビは石川さんの望むところを知り、期待通りの道を歩んでいましたね。犬の賢さと人への思いやりの篤さを身をもって実証してくれました。カエデやミゾレ、あるいはパエルまで攻撃する猛々しさもありましたが、彼はいずれその本能を鞘に収めていきました。もし、…と仮定を続けていけば際限はないでしょうが、彼が親分になったら、あと数年の後には犬たちの争いを鎮めることのできる名ボスになったのではないかと思います。

4代目、オビに似ずにカザフやマロ似になるかもしれませんが、それもまた愛すべき多様性だと思います。そのうち、白夏が4代目の叔父貴に挨拶に行ったとき、オビのように挨拶を交わしてくれることでしょう。オビの意思だとすればあまりにもせつな過ぎますが、石川家のサモエドの系譜が空位となることはなく、次の物語が始動していくのですね。パエルっ子のこと、大きくなりそうです。

投稿: これみつ | 2008年9月29日 (月) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/42583086

この記事へのトラックバック一覧です: オビ逝く:

« 小太郎撮影会 | トップページ | メタボリック☆ザ☆キャット »