« 画像・記事整備中 | トップページ | 白夏のご帰宅 »

みちのくサモエド倶楽部/帰途

080630yamagataoff_0

080630kaerimichi_1

 往路にも利用した高速フェリー、ナッチャンWorldは0時35分に定刻通り、青森フェリーターミナルに到着。

080630kaerimichi_2

 青森料金所前の駐車場でニッキの排泄と荷物の整理・車両の点検を行ってから夜の東北道を直走る。目指すは山形みちのくサモエド倶楽部!

080630kaerimichi_3

 朝の集合時刻を考えて、山形まで100km地点あたりのSAまで走ってから仮眠を取ろうと思ったが、札幌からの連続運転のため視線の移動が鈍くなっていることに気付き、安全第一で岩手県境を越えた金成PAにて大休止することとした。未明の3時32分に金成PAに到着。4時間ほどの仮眠を取ってから朝の散歩。この辺りは先の地震の震源が近いこともあって、4月に散歩した時のわんこたちの様子が気になっていたが、エニセイ似のMIXちゃん、元気に吠えていた。一安心。

080630kaerimichi_4

 7時30分過ぎにPAを出発。順調に山形道に入り、8時54分に山形市の霞城(かじょう)公園に到着。周りを見回すと…駐車場から100メートルほど先に、白いモフモフを発見! すでに会場入りしていたセラちゃんと太郎くんだ。太郎くんは9ヶ月の仔サモから若サモになろうとしている未去勢の男の子。ニッキとはガウガウ関係からスタートとなった。

080630yamagataoff_1

 ややあって、今回のオフを企画してくださった小次郎くんとお父ちゃんが到着。小次郎くんは、同じ犬舎の出身。兄弟ではないが、血も近いとあって、何か通じるものがあるよう。

 それにしても、小次郎くんの大きいこと。すでに40kgはあるだろう。「小」次郎ではなくって、大次郎だねと皆にからかわれていた。

080630yamagataoff_2

080630yamagataoff_3

 太郎くんはセラちゃんとラブラブ。彼は名古屋のこゆきちゃんの同胎さん。鳶色の瞳の美しいセラちゃんはいわきの出身。狐系の美人顔で、エニセイともどこか似ている。

080630yamagataoff_4

080630yamagataoff_5

080630yamagataoff_6

 山形城も様々な復元工事中。街のシンボルであるこういった事業は悪くないのだが、きれいに仕上がった途端に「犬の立ち入りはご遠慮…」なんてことにしないで欲しいよね。

080630yamagataoff_7

 セラちゃん、看板看板!(笑)

080630yamagataoff_8

 白い犬4頭はかなり目立ち、行く先々でサモエド紹介の仕事に忙しかった。最上義光公より人目を引いたんじゃないかな。

080630yamagataoff_9

 途中、生後2ヶ月のネコと散歩をしている方に会う。うーん、このかわいさ。いっちょまえに、山のようなサモエドたちに対して威嚇をしていた。

080630yamagataoff_10

 太郎くんの、この足の開き方は白夏と一緒。

080630yamagataoff_11

 セラちゃんとニッキ。

080630yamagataoff_12

 白いライオン小次郎くん

080630yamagataoff_13

 誰かが犬のために容器を設置しておいてくれている。犬に優しい公園。

080630yamagataoff_14

 なんと、ニッキと白夏、「みちのくサモエド倶楽部」の特別会員にしていただいた! か~わいい!

080630yamagataoff_15

 山形霞城公園で2時間ほど過ごした後は、温泉で名高い上山(かみのやま)へ。立派な復興天守がある。

080630yamagataoff_16

 札幌も山形も暑い! サモたちと一緒に、茶店で一休み。セラちゃんと太郎くんはいつも一緒だね。

080630yamagaoff_17

 小次郎、会いたかったぜ!

080630yamagaoff_18

 小次郎と父ちゃんはすてきな関係。

 ここで、小次郎の父ちゃん、セラパパとお別れしてから、太郎くんのご一家に米沢まで連れて行っていただく。途中、お腹も空いてきた頃…車は長閑な田園地帯へ。あ、このパターン、いつぞやの讃岐うどんの時に似てるな~

080630yamagaoff_19

 太郎パパの同級生の営んでいるラーメン屋「すがい」さんは、そんな長閑な農村のど真ん中にある。犬を連れてきたということで、お庭にレジャーシートと卓袱台を出していただき、アウトドアでのラーメンタイムとなった。

080630yamagaoff_20

 んまい! シンプルにして、奥深い。塩ラーメンと並んで難しい、ごまかしの利かない昔ながらの中華そば。夜食に何杯でも食べてしまいそう。腕のたしかさを堪能した。我が家の近くなら田名の「支那そばの里」よりうまいんでないかと思い、家に戻ってから気になる「すがい」さんを検索。様々なラーメンスレで話題になっている。やはりただ者ではなかった! もちろんナビに地点登録はしておいたさ。

080630yamagaoff_21

 甘えん坊で生意気盛り(ごめんね)の太郎くんに、我が家の白夏や茶々丸くんの姿を重ねてしまう。ニッキにはガウガウだけど、人間にはとってもフレンドリー。

080630yamagaoff_22

 山形県内でも、山形と並んで歴史のある街米沢に到着。数々の偉人を生み出した街。

080630yamagaoff_23

 米沢のサモ、ナナちゃんがお出迎えをしてくれた。今年9歳になるので、ニッキより1つだけお姉さん。山猿を追いかけるという激しい気性もお持ちのようだが、見た目からは想像もできない。

080630yamagaoff_24

 大きくて真っ白なナナちゃん、夢さんの家の蘭ちゃんに面影が似ていた。

080630yamagaoff_25

 上杉神社(米沢城)にて…

080630yamagaoff_26

 ニッキも立派な犬になるんだぞ!

080630yamagaoff_27

080630yamagaoff_28

 グリーンの芝生をバックに太郎くん

080630yamagaoff_29

 青空をバックにナナちゃん

080630yamagaoff_30

 ニッキの出発時、「行かないで~」と見送ってくれたふたり。何だか離れられなくなっちゃうよ。

080630kaerimichi_5

 太郎パパさんお奨めの、国道121号を辿り、大峠トンネル・日中ダムを経由して喜多方方面に向かうコースは、なかなか快適だった。途中、サモエドのスカイクロッシングに出くわす。ただの雲とサモエド雲の見分け方? サモエド飼いなら心に響くからすぐにわかるんだよ。

080630kaerimichi_6

 ナナママさんからいただいた詳細な喜多方の案内図がとっても役立った。肉そばの「坂内食堂」が第一候補だったが、喜多方市街の土地勘がないので車でのアクセスの良い「来夢」へ。

080630kaerimichi_7

080630kaerimichi_8

 チェーン店で、お店の風情といったものはないけれど、味は悪くなかった。あぶりチャーシューはよくできていると思う。

080630kaerimichi_9

 一応この垂れ幕のあるお店は喜多方に昔からあるラーメン屋さんだということである。最後は、自分の舌しか判断基準はないけれど。

080630kaerimichi_10

 情緒のある街だ…。ラーメンを食べて素通りするのが惜しくなった。いずれここでオフがあったらもう一回ラーメン食べてもいいな。「やまぐち」さんの前を通ったら、ニッキを褒めていただいたので、メロンパンを2個買う。帰りの車中で美味しくいただいた

080630kaerimichi_11

 蔵の街といわれるだけのことはある。蔵之輔くん、見てくれている?

080630kaerimichi_12

080630kaerimichi_13

 蔵之輔くん、喜多方のシンボルドッグに立候補してみてはいかがでしょう?

080630kaerimichi_14

 市内を流れる川に足を漬けて今回最後のクーリング。夏のサモエド散歩は多少神経質なくらいがちょうど良いかも。

080630kaerimichi_15

 せっかくここまでやって来たんだ。目と鼻の先にある鶴ヶ城へも立ち寄りたい。でも、時間的には限界かもな。

080630kaerimichi_16

080630kaerimichi_17

 迷った挙句、寄っちゃったね。あんまり良い写真は取れなかったけれど。今度は鶴ヶ城近辺の観光情報をもう少し調べてから来なくちゃね。

080630kaerimichi_18

 さようなら、会津。ありがとう、サモエドみちのく倶楽部!

080630kaerimichi_19

 ノンストップで日付の変わる前に帰宅しようと考えていたが、おやおや、どうしたことか栃木県に入ったあたりからどっと眠気が…。まだ23時にもなっていないのに。

 少し寝よう。眠くなったら寝るのが1番。

080701kaerimichi_1

 目が覚めたら車外が明るくなっていた。時計を確認すると4時30分。トイレに行って顔を洗って出発。下手にラッシュに巻き込まれないよう、佐野藤岡ICで下りて、国道50号線を西へ。関越・圏央道経由のコースを取ることにする。

 この3月に開通した区間から北関東自動車道へ。4年前のナビにとって知らない道がどんどん増えていく。

080701kaerimichi_2

 北関東自動車道はいずれ関越道と東北道を結ぶ。我が家から東北方面に向かう際には、首都圏を越えるストレスがない分、使えるコースかもしれない。

080701kaerimichi_3

 鶴ヶ島JCTから勝手知ったる圏央道へ。あの観覧車の向こうにいたエニセイやコボちゃんならば、まる1日運転し続ければ会えるけれど、ラーナやクロマメにはたとい地の果てまで走ってももう会うことはできないんだね…

 6時54分に帰宅。佐野SAを出て2時間ちょっと。総走行距離2562.2km

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

|

« 画像・記事整備中 | トップページ | 白夏のご帰宅 »

味にっき」カテゴリの記事

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした。
てっきり仙台までフェリーで来られたのかと思いきや、青森から走って来られたとは、1日で本州半分近くってすごい。しかもそのまま仕事で、このブログの大量アップ、頭下がります。お体に気をつけてください。
いろいろなお話聞かせていただいて楽しかったです。ぜひまた山形にお越しください。
太郎君とセラが一緒にいるときにお話ししてたんで聞き違いしたのかと思いますが、名古屋出身は太郎君です。セラは福島の磐木市の生まれです。

投稿: セラパパ | 2008年7月 2日 (水) 06時56分

この度ははるばる山形の地まで足を運んでいただきありがとうございました。
また山形での思い出をいっぱいUP・・・、とても楽しませていただきました。
これみつさんとニッキくんのバイタリティーには感服しました。

こんどはみちのくサモエド倶楽部オールスターズで関東方面にお邪魔したいと思います。
その時は白夏くんも御同伴でお会いしたいですね。

投稿: こじろう | 2008年7月 2日 (水) 08時27分

>セラパパさん

山形では大変お世話になりました! フェリーなら寝ている間に距離が稼げますが、ニッキとの離れ離れの時間がつらいです(笑) ブログ記事、早速訂正をいれておきました。ありがとうございます。いずれまた、山形を再訪いたしたく思っております。よろしくお願いします。奥様、セラちゃんによろしく~


>こじろうくん&小次郎とうちゃん

山形での大歓迎、旅の疲れも吹っ飛びました。まだまだ写真はありますが、いずれ特集編でアップしたいと思っています。関東へお運びの際は白夏ともモフモフしてやってください。

お土産、美味しくいただきました! 奥様、小次郎くん、動物達によろしく~

投稿: これみつ | 2008年7月 2日 (水) 08時43分

わあ~~い♪
僕の街だあ~(笑)いっぱい僕の名前が
さすがにお兄ちゃんの街ってのは見たことないから、、
僕の勝ちだね~おにいちゃん。。happy02
あ、、でもお兄ちゃんの神はいるんだなァ・・・・

投稿: 蔵之輔 | 2008年7月 2日 (水) 10時46分

参ったー!凄いスケジュールをこなされたのですね!
しかし、どれもこれも素晴らしい写真です。
↓リクエストとありましたが・・「へべれけI氏とこれみつ氏」なんてありませんか(笑)?
お疲れはきちんと修復してくださいね。
「お疲れさまでした!」

投稿: チームはる♪ | 2008年7月 2日 (水) 17時45分

ナナちゃん、蘭ちゃんとよく似てるねー。
姉妹かなと思ったよ。
ニッキ君、沢山のお仲間達と交流できて
よかったね。これから暑くなりそうだから
夏ばてしないでね。

投稿: あやちゃん@サミーJr | 2008年7月 2日 (水) 18時13分

>蔵之輔くん

福丸兄ちゃん特集だけだったら、不公平だよね。
よーく探せば川越以外にも「福蔵」ってあったかもね。


>チームはる♪さん

今回は、いしかわさんもお酒を過ごす前に、早寝をしたので、
ないんですよ(笑) 疲れそのものより、車の中で寝違えて首筋が痛いのがつらいです。早く修復しなくっては。


>あやちゃん

大きくって真っ白で…蘭ちゃんのような優しい笑顔のナナちゃんでした…

投稿: これみつ | 2008年7月 2日 (水) 23時12分

先日は、お世話様でした&お疲れさまでした。
『みちのく…』の写真いっぱいアップしていただきましてありがとうございます。
太郎がガウガウでゴメンナサイ!ニッキくんと再開のときはもっと距離が近づけるようになるといいのですが・・・
小次郎父ちゃんのHP(板)では今秋『みちのく…』が関東(茄子方面)に遠征する話で盛り上がっているようです。


投稿: 太郎パパ | 2008年7月 3日 (木) 07時03分

今回はお会いできなく残念でしたweep
埼玉・千葉あたりまでは毎年遊びに行きますので
その時にでも会えたらなぁ・・・・
でもその前に秋あたり会えるかもねhappy01

投稿: さくら | 2008年7月 3日 (木) 10時23分

>太郎パパさん

9ヶ月といえばもう少しで立派な成犬サモです。ニッキ共々ガウガウになっちゃうのはやむを得ないですよ。でも、ガウガウ関係から友情を育んだ♂サモも結構います。今回の旅も最後は太郎くん、別れを惜しんでくれましたね。

那須へのルートとして北関東自動車道コースを試してみたいと思います。夜明けや深夜なら2時間30分もあれば那須まで到達しそうです。関東の北限なら山形勢にもなんとか日帰り可能距離ですね。

お土産、ご馳走様でした!


>さくらママさん

宮城もまだまだ素通りに近い感覚です。青葉城や白石城も訪れていませんし、気仙沼もまだです。いつかは本腰を入れてニッキと訪れたい土地です。

投稿: これみつ | 2008年7月 3日 (木) 19時19分

セラちゃん、智の友達のさんごまるに似てる~♪
さんごまるも福島出身だからもしかして同胞でしょうか?

投稿: ななん | 2008年7月 5日 (土) 12時12分

>ななんさん

「さんごまる」ちゃんですか。かわいい名前ですね。セラちゃんの気持ちを引こうとニッキ、一生懸命でしたが若い太郎くんと♥♥で付け入るスキがなかったようです。福島出身だとすると大いに可能性ありますね。shilphさんのサーベイの復活を山形勢も望んでいましたよ。

投稿: これみつ | 2008年7月 5日 (土) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/41628937

この記事へのトラックバック一覧です: みちのくサモエド倶楽部/帰途:

« 画像・記事整備中 | トップページ | 白夏のご帰宅 »