« 夜を衝いて西へ | トップページ | 紀州にっき(1) 貴志川へ »

君に愛に―蘭ちゃんとの小旅行

080608to_west_1

 当初の予定では夜のうちに京阪神を越えて夜明けに三木SAにたどり着く予定だったが、0時を回って雨が降ってきたこともあり、安全第一で岐阜県の養老SAで仮眠を取ることに決めた。

080608to_west_2

 夜食はきしめんと冷豚しゃぶ。寝袋に潜り込むころには結構の雨になっていた。

080608to_west_3

 明けて8日。幸いなことに雨が上がり、ニッキの朝の散歩も支障なく行えた。西の空を見るとぼんやりながら青空も覘いている。せっかく養老で泊まったのだから彦根城に寄ろうと思い立ち、7時過ぎに彦根城の外堀に面した24時間営業の駐車場に車を停める。

080608to_west_4

 朝早かったために、城内を自由に散策することができた。天守閣は譜代筆頭井伊家35万石のものとしては決して華美ではないが、格式に負けない質実な威容を誇っている。

080608to_west_5

 彦根で費やした時間を取り戻すべく、西に急ぐ。11時45分に室津のサモ友、夢さんの家に到着。ニッキと共に、先月23日、13歳で亡くなった蘭ちゃんにお参り。大好きな蘭ちゃんの移り香をくんくんと激しく嗅いでいたニッキは、蘭ちゃんの祭壇の前で、心安く眠っていた。きっと、蘭ちゃんの魂が優しくニッキを包み込んでくれていたのだろう。

080608to_west_7

080608to_west_6

 蘭ちゃんが暮らした美しい町、室津。室津の人たちにとっても蘭ちゃんは、アイドルだった。「小嶋」の洋食焼きをご馳走になってから夢狗君との散歩で出会う人たちが、蘭ちゃんのことを心から悼んでいた。この海と山を見ると蘭ちゃんがそこにいないのがたまらなく寂しい。でも、姿形はなくても、室津の風と光となって、夢さんや夢狗君を優しく励ましてくれるのだと信じている。蘭ちゃんに再訪を約して、4時前に帰途に就く。

 家島群島を見ながら、はりまシーサイドラインと名の付いた国道250号線を走ると蘭ちゃんのことが思い出されてならない。何度でも君に愛に来るからね!

080608to_west_8

 明石城を経て、権ままさん、shilphさんの待つ神戸のメリケン波止場へ。権ちゃん、ちびちゃんと久々の再会(遅れて済みませんでした。誘導、ありがとうございました)。

080608to_west_9

 チビちゃん、好き好き! 今日は怒らないでくれたね。

080608to_west_10

 ふたりで蘭ちゃんのこと話したんだろうな。

 少し寂しくはあったものの、ニッキが円くなった、すごく変わったと言ってもらえたのはとっても嬉しかった。自分自身、ニッキはそれほどの高みは望めまいと見切ってしまっているところがあるのかもしれないが、それでも地道にしつけ教室に通ったからこその成果だと思う。

080608to_west_11

 蘭ちゃんのおかげでこんなにすばらしいつながりができたんだね。ありがとう

 思えば、今回の旅で出会う友人は、皆、蘭ちゃんが紡いでくれたんだった。

080608to_west_12

 20時にshilphさん、権まま&権ちちさんと別れ、20時25分に関西の定宿、『北の坂ホテル』へ。

 おやすみなさい

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

|

« 夜を衝いて西へ | トップページ | 紀州にっき(1) 貴志川へ »

城にっき」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

これみつさん、こんばんは。
先ほど、こみつさんのメールに2度返信したのですが、どうしてかわからないのですが、2度ともエラーで帰ってきてしまいました。
すみません、こちらでご連絡いたします。

ご連絡いただいた件、了解いたしました~!!

もうおやすみのことと思われますが、朝みていただけたらと思い、こちらに書かせていただきました。
ご迷惑おかけして、申し訳ありません。

投稿: ケリーママ | 2008年6月 9日 (月) 01時26分

ニッキ君、蘭ちゃんにお参りしてクンカクンカして、そこに蘭ちゃんを感じて安心して眠れたんですね。
室津の町をノエルを連れて歩いた時に町の方が優しく声を掛けて下さったことを思い出します。蘭ちゃん、町の方に愛されていましたね。これからもあの風光明媚な町のあちこちで感じることができることと思います。

投稿: ちょびん | 2008年6月 9日 (月) 06時30分

>ケリーママさん

了解しました!


>ちょびんさん

また共に室津を目指しましょう!

投稿: これみつ | 2008年6月 9日 (月) 08時15分

昨日はありがとうございました。
ニッキくん大人になってましたね。ちびとも権とも良い関係でうれしかったです。
また一緒に蘭ちゃんに会いに室津に行きましょうね。
権もニッキくんも室津には思い出いっぱいだものね。

投稿: 権まま | 2008年6月 9日 (月) 10時18分

遠いところ蘭に愛に来てくださってありがとうございました。

これみつさんと蘭の思い出話が出来たこと、そして何より、「蘭ちゃん」って、声に出しで数え切れないほど名前を呼べたことが一番嬉しかったです。

投稿: 夢さん | 2008年6月10日 (火) 18時30分

>権ままさん

権ちゃんもちびちゃんもニッキを認めてくれました。室津に行けば、犬たちはきっと蘭ちゃんに会うことはできるでしょう。直接姿は見えなくても、彼らの喜び方で、蘭ちゃんの存在をたしかめられると思うんです。白夏と2頭での輸送計画、真剣に考えないと…


>夢さん

蘭ちゃんのためなら、遠さは感じませんよ。

蘭ちゃんと親しいサモ飼いさんの口から、これからも「あの時、蘭ちゃんがね~」と語られることでしょう。いま暫くはつらくとも、心の奥底にしまわないで、蘭ちゃん、といつも呼びかけてあげられるようになってくださいね。

投稿: これみつ | 2008年6月11日 (水) 02時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/41437283

この記事へのトラックバック一覧です: 君に愛に―蘭ちゃんとの小旅行:

« 夜を衝いて西へ | トップページ | 紀州にっき(1) 貴志川へ »