« ニッキはニッキなりに | トップページ | 凄い嵐だった »

帰ってきたよ

080516camera_1

 発光部分の故障や、CCDへの異物混入などで長期休止していたカメラたちを一括してサービスセンターに修理依頼した。犬たちの撮影は地面スレスレから呷るようにすることが多いので、まずコンパクトで取り回しが容易なこと、そしてできれば回転レンズを装備していることが望ましい。メインカメラとして一眼レフやいわゆるハイエンドカメラを携行するも、旅から帰っての撮影枚数を比較すると、コンパクトカメラで撮った枚数の4分の1くらいなので、本来の意味からすればメインカメラはコンパクトの方なのかもしれない。

080516camera_2

 ただ、S社からの修理見積もり金額にやや躊躇している間に、時は過ぎ、修理に拘るのは不合理かもしれないなと考えるようにもなった。結局、今年の2月、修理代金相当で手に入る有名な光学メーカーN社のコンパクトカメラを買ってから、犬を撮影に北海道へ飛んだ。700万画素とのスペック、コンパクトカメラとしてはシャープな望遠時の画質、単3電池使用という汎用性、胸ポケットに入る筐体の薄さと軽さ、機能のシンプルさという点では良い買い物をしたと思うのだが、フラッシュを発光させてからのタイムラグが大き過ぎて、長年馴染んだS社のDSC-F88の使い勝手の良さ(夜間の赤外線暗視機能もN社のものはエントリーモデルということもあって略されている)が恋しくなった。

080516camera_3

 もう1台のDSC-W1は、回転レンズは備えていないものの単3電池2本で動いてくれるコンパクトカメラで、F-88よりも気持ちシャープな絵が撮れるように思う。ちょっと重くて厚いのが玉に瑕だが、リードを曳きつつ大判カメラを首にぶら下げるのがかったるいところでは、しっかりと仕事をしてくれた。ただ、名古屋城で自分がうっかり落としてしまってからレンズに歪みが生じたか何かで(結局はCCDへの異物混入とのことだった)、青空を撮影したときに、筆で描いたような筋が2本入るようになってしまった。持ち物を極限まで軽くしなければならなかった釧路旅行の際は、記録メディアの関係から故障を承知で連れて行ったが、まずまずの働きをしてくれた。空模様がパッとしなかったことも幸いしたのかもしれない。

 現在のコンパクトカメラの性能アップも凄まじい。すでに自分の持っているデジイチを画素数では凌駕するものも多いし、笑顔検出機能などという犬ばかり撮る人間にはあまり必要のない機能も搭載されている。ただ、F-88の後継機は予定されていないようで、変に妥協して新製品を追うよりは、手に馴染んだ愛機をきちんと整備して使う方が豊かな気がしてきた。自分の年齢にもよるのかもしれない。犬たちを追ううちに自然にできた擦り傷、自分の不注意で落とした時にできた名誉の負傷。筐体そのものに、自分自身の記録が刻まれていることがまた味わい深く思えるのだ。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

|

« ニッキはニッキなりに | トップページ | 凄い嵐だった »

MONOにっき」カテゴリの記事

コメント

カメラ、名城で名誉の負傷をしてしまったんですね。最近のカメラは様々な面で向上しているものの、犬をメインに撮る側からすると不要と思われる機能もありますね。レンズが動くものは犬達を撮るのに便利ですね。うちで眠っているDSC-F505、フラッシュに難ありで画素数も今のものに比べると…でも、持った時のしっくり感やレンズが動くのが好きで処分しないで置いてあります。

投稿: ちょびん | 2008年5月20日 (火) 12時28分

>ちょびんさん

はい、でも今は元気に復活しています。購入価格がウン千円だったので、修理費でちょいと悩みましたが、共に犬を追った仲間です。直して良かったと思っています。DSC-F505は設計年代は古いけれど、当時の価格から考えるとかなりのハイエンドカメラだったんですよね。我が家の回転レンズ機はコンパクトのDSC-F55Vから始まりました。以後、F77、F88と主力を担ってきましたね。F55V、F77(2台)、F88(好きだったので3台)一応全部稼働できます(充電器やバッテリーを共通させたいということで同じ機種のダブりがあるんですよ)。

デジイチよりも出番の多いF828はちょびん家のF505の系譜に連なります。レンズにカメラが付いているような独特な形状ですよね。F828、四日市では大活躍をしてくれました。

いかがでしょう、部品交換のできるうちにF505を復活させてやるというのは…。ただ、あの機種なら外付けのストロボが使えたんじゃなかったかな。

投稿: これみつ | 2008年5月20日 (火) 22時08分

使い込んで様々な跡の付いたカメラは愛着ありますね。
昔はブラックボディで角がハゲて下地の金色が見えたのがカッコいいとかありました。

単3で駆動出来るのは魅力あります、我が家のコンパクトは防水・耐衝撃性を優先しました。

プチで叩きつけてしまった時は少しヘソを曲げてましたが、いつの間にか復活してくれたし、茶々丸相手だと防水=防塵じゃないと(汗)

FZ50は出番なしです。

投稿: N | 2008年5月20日 (火) 23時53分

>Nさん

そうですね、真鍮の下地が出るというのもイカしていましたね。単4でもう少しスタミナがあればかなり薄く軽くできるのにね。LUMIXも何でもこなせる名機だと思うんだけど、犬を撮るにはやはり取り回しづらい。遠くから自由ネコを狙うのには最適なんですが。N家ではカメラもまた茶々丸くんみたいじゃないとね(笑)

今はカメラよりは2頭一緒に積めて長距離を移動できるクルマが欲しいです。できれば化石燃料要らずでバンバン走ってくれるようなやつ。

投稿: これみつ | 2008年5月21日 (水) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/41255574

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきたよ:

« ニッキはニッキなりに | トップページ | 凄い嵐だった »