« なかしべつ&しれとこ紀行(16日のいしかわ邸編/その1) | トップページ | 仕事場でのひとこま »

なかしべつ&しれとこ紀行(16日のいしかわ邸編/その2)

080216nakashibetsu_121

 熱いコーヒーをいただいてから再び、犬たちの待つ前庭へ。サモエドのカエデと柴のヨッシーのお散歩タイム。

080216nakashibetsu_122

 そして、ラーナ…

※昨年秋から糖尿病と闘いながらも、石川夫妻の手厚い看護と励ましによって体調を持ち直し、この時もとっても元気だったラーナ。2月25日13時に虹の橋を渡りました。

 ノンノやエニセイ、コボちゃんの母さんでもあり、白夏のお祖母ちゃんでもあるラーナ。小さい体で精一杯頑張りました。魂の安らかなることを祈ります。

080216nakashibetsu_123

 見返りエニセイ。すでに、数日前からブログにアップする画像の順番は決まっていて、今、こうしてみると母であるラーナのことを気遣っているかのように見えてしまう。

080216nakashibetsu_124

 オビ、いしかわ家の最も外寄りに陣を構える。穏やかな表情で、群れの動向と怪しい侵入者の有無を観察する。

080216nakashibetsu_125

 カエデ、ちょっと毛玉は増えていたけれど、とっても元気に北の生活をエンジョイしていた。近くに寄ってマッサージをしてやるとグイッと体を押し付けてくる。

080216nakashibetsu_126

 ガレージの中にある区画には柴のシバレとハコ、そしてコボちゃんの部屋がある。コボちゃん、庭を一走りして排泄を済ませ、美味しそうに水を飲む。この前の日、強いてんかんの症状がみられたが、落ち着きを取り戻しつつあった。

080216nakashibetsu_127

 立てかけたスコップをバックに、さも一仕事終えたような表情とポーズのパエル。あ、たしかに出産と子育てという大仕事をしていたんだね。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

|

« なかしべつ&しれとこ紀行(16日のいしかわ邸編/その1) | トップページ | 仕事場でのひとこま »

お悔やみ」カテゴリの記事

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

ラーナちゃんの訃報今知り。。
残念です。
コボちゃんを心配そうに見守ってる姿がまぶたから離れません。
でも、きっといつも石川さんの、、コボちゃんの、、そして、王国のみんなのところにいますね。

投稿: 七福神 | 2008年2月26日 (火) 10時51分

はからずもこれさんは 石川家でラーナと会えたのですね。
もう一度北海道で会いたかった・・・
でも最後に北海道でおだやかな時をすごせたのはよかったと思います。 これしか言えませんが ラーナ やすらかに

投稿: パンジャ | 2008年2月26日 (火) 11時02分

かあちゃ〜ん!

投稿: ノエル@ちょびん家 | 2008年2月26日 (火) 13時13分

ラーナ、残念だね。
白夏君にとったらお祖母ちゃんだよね。
一緒にお祈りしようね。
王国へ行った時、ピンクのバンダナを
つけてウィンクしてた姿、忘れないよ。

投稿: あやちゃん@サミーJr | 2008年2月26日 (火) 20時19分

ラーナ北海道で少しふっくらしてきて良くなったと思っていたのに会いに行く前に虹の橋を渡ってしまいました。もう一度会えると思っていたのに残念です、我が家に来る子と顔を会わせてやりたかったですね。

投稿: ヒポ 仕事場 | 2008年2月27日 (水) 11時47分

きっとラーナ母さんはコボちゃんが北で元気いっぱい走り回るのを見て、エニセイの出産を見守ってそして子供達が少し大きくなったのを見て安心して逝ってしまったのですね。
それまでは…と小さな身体で精一杯頑張ってくれたんだと思います。

これみつさんにも「エニセイは立派にいい子をたくさん産んでくれましたよ。安心してね」と報告できたんじゃないでしょうか。

ちゃんと最後の最後まで優しく強く暖かいラーナ母さんでしたね。

ラーナ母さんの優しく強く暖かい心はみんなに受け継がれていくことでしょう。

ラーナ母さんはみんなの笑顔を空から見るのを楽しみにしてると思います。

投稿: がっちゃん | 2008年2月27日 (水) 14時41分

>七福神さん

はい、私もそう思っています。子どもたち思いの素晴らしい母犬でした。ラーナの笑顔は白夏が守っています。またいつかいしかわ家の子となって帰っておいで。


>パンジャさん

ラーナは幸せな子だと思います。人間で言えば、家族に看取られて畳の上で息を引き取ることができたわけですから。それも、彼女のことを心から大切にしていた石川夫妻の下で…。


>ノエルくん

切々と胸に響くよ


>あやちゃん

白夏のところにもきっとラーナお祖母ちゃん姿を現してくれたと思うんだ。そろそろ天国に到着した頃だね。


>ヒポさん

パエルっ子たちは庭で日向ぼっこしていましたから、ラーナも新しい命の息吹をわかっていたと思いますよ。


>がっちゃん

同じ思いでコメントを読ませていただき、涙があふれてしまいました。もっとゆっくりしていって欲しかったのに。やっと、のんびりとした余生を送れる状況になったのに。犬やネコたちの潔さは、時としてあまりに切なく思えるものです。

投稿: これみつ | 2008年2月28日 (木) 00時35分

ラーナ母さんは偉大な母でした!
小柄で優しい控えめな美人母さん・・・
本当にもう少し北の生まれ故郷でのんびりしていて欲しかった。
この思いはみんな同じでしょうが、あっさりとさよならしちゃいましたね!
北でこれみつさんに会えたこときっと喜んでいたと思います。
ラーナ母さんにたくさん大切なプレゼントを頂き感謝しています!

投稿: ちょんぼ | 2008年2月29日 (金) 03時11分

>ちょんぼさん

ラーナ母さんの写真を過去のアルバムから集めていると、子育て風景以外にも、様々な表情を持っていたことに気づきます。ニッキに対して娘のように接してくれたこと、また、子どもたちが一緒の時にはニッキにガウガウしたところなども懐かしく眺めています。早い別れは淋しいですが、最後に元気な姿を見せてくれたこと、ありがたく思っています。

投稿: これみつ | 2008年2月29日 (金) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/40206558

この記事へのトラックバック一覧です: なかしべつ&しれとこ紀行(16日のいしかわ邸編/その2):

« なかしべつ&しれとこ紀行(16日のいしかわ邸編/その1) | トップページ | 仕事場でのひとこま »