« 初冬の津久井アルバム | トップページ | レトロ澁谷 »

フクちゃんへ

041007fuku

 3年前の秋、大分を訪れた時に会った、まいこ家のフクちゃん。18歳にて虹の橋を渡る。

 まだ若さいっぱい4歳のニッキの好き好き!に対して、何だこのがさつなガキんちょは…とちょっと距離を取って警戒していたシャイなフクちゃん、縁台の下に潜ってしまったところを撮影。強張った表情になってしまったけれど、本当はもっと人懐っこくて愛らしい顔立ち。家の外と中を自由に行ったり来たり。大切な家族の一員だったフクちゃん。プレゼントした薄紅色のバンダナとフクちゃんが拾われた神社のお守りのカラーがとっても似合っていたよ。

 手を握られて安らかに息を引き取ったという。我が家の先代犬クマの17歳を上回る18歳の大往生。共に長く過ごせば過ごす分、別れは身を裂かれるように切ない。が、幸せな気持ちに包まれて天に昇っていったことと思う。

 姿形は見えなくなったけれど、ご家族の方がフクちゃんのことを懐かしんで話す時、フクちゃんはそこにいて笑っていることだろうと思う。そして知らず知らずのうちに悲しみが癒やされることを信じて。合掌

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

|

« 初冬の津久井アルバム | トップページ | レトロ澁谷 »

お悔やみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/17421564

この記事へのトラックバック一覧です: フクちゃんへ:

« 初冬の津久井アルバム | トップページ | レトロ澁谷 »