« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

なんだかんだで…

071231nikkisoine

 大晦日になってしまった。仕事の分量以上に気分が滅入ってしまい、賀状も作れないまま1年が終わってしまった。ブログでは弱音を吐くわけにはいかないが、ニッキにそういったことを話すと慰めるように聞いてくれている。犬が一緒にいるからこそ、なんとかやっていけるのだなとただただニッキと白夏に感謝。

 来年は鬱屈した気分を少しでも爽やかなものとしていきたいものである。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パウンドケーキ

071230poundcake

 近頃母がケーキ作りに凝っている。今まで働いてばかりだったので、そんな気にもなったのか。市販のものに比べるとスコーンというか甘食のような食感で、まだまだ無骨な感じだが、一応ニッキと白夏も残さずに食べる。ぎりぎり合格か。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

るるちゃんの南高梅

071203nankoubai_1

 本年んまいものシリーズの最後を飾るのは、るる母さんが送ってくださった紀州特産南高梅のはちみつ漬け。

071203nankoubai_2

 ご飯のおかずというよりは、食後のデザートという感じ。拡大して写真を見ているだけでもう一個食べたくなってしまう。でも、そこはぐっとガマン。サモ友の皆さん、本当に美味しいものご存知だ!

※るる母さん、ありがたくいただいていますよ~。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末の親子

071227oyako_1

 白夏、年末は我が家と津久井を行ったり来たり。でも、お正月は津久井で過ごす予定。ネット通販で12メートルのロングリードを2本買ってやったので、新年はそれで存分に遊ぶといい。今はロングリードも非常にカラフル、そして長さも自由に注文できるようになったんだね…。それにしてもω付き♂同士なのに、遊ぶ時以外はほとんど無関心。

071227oyako_2

 白夏、写真写りによってはこんな風に間抜け面に見える。弟からは「箱河豚」みたいな顔になるときがあると言われているけれど、ニッキ以上に色っぽい表情を見せることもある。人間だったら、良い俳優になれそうなんだけど親ばかかな。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイアナちゃん安らかに

071227diana

071007sagamikooff_2

 この10月、「ゆきちゃんと遊ぼう」オフで会った時はとっても元気だったのに。Kingさん家の愛娘ダイアナちゃんが糖尿病で虹の橋を渡ってしまった。享年9歳。信じられない思い。

 まだまだどこかで会えると思っていたのに…。アーサー君の待つ天国にもう着いた頃かな。

 心から彼女の魂の平安を祈ります。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

白夏にもプレゼント

071226pizaman_1

 ニッキにはあんまんをやったので、白夏にはピザまんを。

071226pizaman_2

 エビチリなんかだと、香辛料やタマネギが入っているから×だけどピザまんなら大丈夫だね。

071226pizaman_3

 仕事の合間に食べようとおもっていたおやつはこんな風にして白い狼たちに奪われてしまうわけだ。

071226pizaman_4

 それにしても、白夏、食べるの下手過ぎ!

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験まであと…

071226goukaku_10

 預かっている子どもたちの受験まであと1ヶ月少々。1月中に、いわゆる試し受験をする子もいるので、早い子はあと2週間ほどで試練に挑むことになる。

 毎年のお付き合いなので、いつの間にかクリスマスも正月もあってないようなものとなってしまった。2月になればきっと子どもたちには春が来るのだろうが、自分たちはまた長い1年のスタートを切るだけのこと。

 今、一番苦しいときかもしれない。でも、君たちにはゴールがある。頑張れ!

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリークリスマス!

071225anman_1

 このところ、1日か2日おきに白夏が津久井からやって来たり戻ったり。田舎ではいろいろな行事があるらしく、白夏にかまってられない時はすぐに父ちゃんのところに帰ってくる。

071225anman_2

 そんな合間を縫って、ニッキにクリスマスプレゼント。綺麗な飾り付けのケーキも悪くないが、花より団子で、あんまんを分け合って食べた。ささやかなプレゼントだけど、甘党のニッキには嬉しいデザートだったと思う。

071225anman_3

 この笑顔で催促されたら困っちゃうんだよね~。ただ、自戒も含めて甘いものはほどほどに…

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歳月人を待たず

071225yumestreet_1

071225yumestreet_2

071225yumestreet_3

 もう歳の瀬かよ。そしてすぐに子どもたちの入試…。冬に入る前に、ニッキと西へ遠征する予定だったのに、いろいろとあって叶わなかった。年明けまでの仕事の間、ニッキと白夏が健康でありますように!

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

白夏、お静かに!

071223nikki

 ニッキ、お腹の調子が良くない。愛用の長座布団にゲボして収まったかと思ったら、それからもPPが続く。

071223hakka

 津久井の農事で一時帰省中の白夏はそんなことお構いなしに、父ちゃんとバトルを繰り広げようとする。ニッキもそれに応じようとするところが健気。

071223suimin

 ニッキと白夏を同じフロアで引き離すのはなかなか難しい。仕方なく白夏にはショートリードを着けて、それを握りながら寝た。特に悪いものを食べたのではなかろうに、原因がつかめない。白夏にそそのかされてベッドパッドの中綿でも食ったのかもしれない。流行のノロウィルス、犬にも感染することがあるのかな。もう少し様子を見て、Pが続くようなら仕事の合間にお医者さんだな。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寝床から撮らえた白夏

071222teddybear

 白夏、1歳と4ヶ月。耳毛のぽやぽやがテディベアを思わせる。

071222nighthakka_1

 夜明けの寝相。目が合ったが、まだ体は眠っているみたい。

071222nighthakka_2

 少しでも動くとブレてしまう。そのまま一眠りするんだよ。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レトロ澁谷

071219shibuya_1

 午後から会議で渋谷へ。渋谷駅から五島文化会館(現在再開発中)への連絡通路、昔はとってもモダンな感じがしたものだが、今、こうしてみてみると物悲しささえ覚える寂び方。すでに凛とした壮年の趣はなく、もうすぐ役目を終える鉄骨の老体を思う。

071219shibuya_2

 向こう側に見える特徴ある造りの渋谷駅もやがて地下に潜ってしまう。一体誰が何のために都市のアイデンティティを失わせるような大改造を施しているのだろう。何者か、得体の知れない力が、日本の日本らしさ、都市の持つ脂臭さ汗臭さを徹底的に分解しようとしているのではないかと穿ってさえしまう。機能優先、美観優先。詰まる所誰も愛着を持てない無機質なコンクリートとガラスの集合体に変貌するだけなのではないのか。新しいランドマークが築ければそれでその街らしさは維持できるのか。

 いずれ、何よりも大切にすべきものがあったんだと気付いても後の祭り。人の心が離れた建物の温かみはもう戻って来ない。人の心が荒れたから街が荒れたのか。いや、街が表情を失ったから人の心も荒んだのだのではないのか。単純に建物の文化財的な価値ではなく、人の温もりのある街並みを守っていくことが人の心を守っていくことでもあるように思う。

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フクちゃんへ

041007fuku

 3年前の秋、大分を訪れた時に会った、まいこ家のフクちゃん。18歳にて虹の橋を渡る。

 まだ若さいっぱい4歳のニッキの好き好き!に対して、何だこのがさつなガキんちょは…とちょっと距離を取って警戒していたシャイなフクちゃん、縁台の下に潜ってしまったところを撮影。強張った表情になってしまったけれど、本当はもっと人懐っこくて愛らしい顔立ち。家の外と中を自由に行ったり来たり。大切な家族の一員だったフクちゃん。プレゼントした薄紅色のバンダナとフクちゃんが拾われた神社のお守りのカラーがとっても似合っていたよ。

 手を握られて安らかに息を引き取ったという。我が家の先代犬クマの17歳を上回る18歳の大往生。共に長く過ごせば過ごす分、別れは身を裂かれるように切ない。が、幸せな気持ちに包まれて天に昇っていったことと思う。

 姿形は見えなくなったけれど、ご家族の方がフクちゃんのことを懐かしんで話す時、フクちゃんはそこにいて笑っていることだろうと思う。そして知らず知らずのうちに悲しみが癒やされることを信じて。合掌

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初冬の津久井アルバム

071217tsukui_1

 今までだったら、しつけ教室が終わると王国のドッグランに直行していたのだけれど、これからは暫く津久井通いになりそう。

071217tsukui_2

 でも、ここも春先になるとダニー君やヒル君が占拠するので当座しのぎ。そうなったら月曜日はR413で山中湖まで出張るとするかな…

071217tsukui_3

 いろんな匂いがするね

071217tsukui_4

 そっちの柵は電気が流れているからあぶないよ

071217tsukui_5

 競走しようか

071217tsukui_6

 それ、行くぞ!

071217tsukui_7

 やっほー

071217tsukui_8

 記念写真を

071217tsukui_9

 平和だね

071217tsukui_10

 もういっちょ、駈けようよ!

071217tsukui_11

 幸せだなぁ…

071217tsukui_122

 そうだね

071217tsukui_13

 あ、叔母さんだ!

071217tsukui_14

 おぉーい!

071217tsukui_15

 つかまえたっ!

071217tsukui_16

 戻っておいで!

071217tsukui_17

 まんまる白夏

071217tsukui_18

 白夏御殿にて

071217tsukui_19

 白夏のガムを取り上げるニッキ

071217tsukui_20

 とっても幸せだよ!

071217tsukui_21

 煮干大好き!

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (9) | トラックバック (0)

年締めの勉強

071217sitsuke_1

 キリリとまでは行かないが相当冷え込んだ今朝の関東。だが、寒ければ寒いほど気合の入るサモエド親子。

071217sitsuke_2

 交代でみっちりフセマテ、持って来いのトレーニング。ニッキに比べて白夏は素直なので覚えるのが早い。ただ、コマンドごとに「ワン!」と不服ったらしく吠えるのは父ちゃん譲り。変なところは学ばないでもらいたい。

071217sitsuke_3

 黒ラブのチェリー君はレトリーブもマテもびしっとこなす。犬たちは(とくにサモエド)自分も負けないように頑張ろう!と向上心を燃やさないのだろうか。

071217sitsuke_4

 学んだ後の一杯は最高だね~。うん、その気持ちは良くわかるけれど、それはバッチリ学んだ者のセリフだからね。

071217tsukui_01

 今日は白夏、津久井出向日。悪い虫のいなくなった裏山を思い切り駈け巡る。フリーにした場合の2頭曳きリード、もう少し長くてクッション性の高いものを考えてやらなくては…

071217tsukui_02

 草地の感触と匂いは彼らにとって最高のご馳走。ただし、フロントラインは必須。

071217tsukui_03

 白夏、しばしのバイバイ!

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日浴び

071216hakukota_0

 年賀状用の写真を撮ろうと思ってニッキと白夏、そして小太郎を屋上に出して遊ばせたが、ニッキだけ距離を取って協力してくれない。さて、撮影しようという段階になるともう家に入る!と「ワンワン!」…わがままニッキ。

071216hakukota_1

 白夏、小太郎兄さんのことが大好きなんだけど馬鹿力で撫で付けるので小太郎は不機嫌。

071216hakukota_2

 かろうじてニッキ、左手だけ登場。手タレかい、おまへは! 小太郎、なんだか首の辺りのデッサンが狂っているような(笑)

071216hakukota_3

 構図的にはまあまあなんだけど小太郎の表情がまったくないので×

071216hakukota_4

 これだと虐待しているみたいなので× なかなかこちらの注文どおりというわけにはいかない。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

12月4日の記録

071204kouhai_1

 12月4日の第2回婚儀の際の画像。この日は自分の帰りが遅くなってしまったため決定的瞬間を見逃してしまった。

071204kouhai_2

 これは予備カメラで母が撮影したもの。

071204kouhai_3

 エニセイも今は北の地に…

071204kouhai_4

 そして、ふたりの子どもたちも北の地に産声を上げる。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリン印のミートビスケット

071213beefbiscuit_0

 待ってました! 白夏の顔が輝く。

071213beefbiscuit_1

 あ、ニッキもやって来た。親子でドタバタの興奮状態でも、ピタリと静まらせることができるのが「クリン印のミートビスケット

 クリン母さんお手製のトリーツで、添加物を一切使わないで脂を飛ばして肉の旨みだけを残したスグレモノ。

071213beefbiscuit_2

 本当はもったいぶってここぞという時に使いたいのだけれど、鮮度が命のため、いただいてから3日以内にお腹に収めてやらなければならない。

 人間が食べても肉の旨みはわかるけれど、つまみにするには塩味に欠ける。で、これみつが見つけた取っておきレシピは、この1ブロックを解して「カップヌードル」に入れること。すんごく豪華版カップヌードルとなるのである。あとは、レンジでチンして梅酢でいただくかマヨネーズを付けていただくというのもオケ。

 が、このビスケット自体そうそう手に入るものではないのが悩みの種。

※クリン母さん、ご馳走様でした!

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ダブルで見送り

071212double

 仕事に行く時のダブルの見送り。頑張って働きたいような働きたくないような…

 白夏、マズルぶっといね。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (11) | トラックバック (0)

迷惑だけど愛してる

071211nikuhaku_0

 津久井から白夏が帰ってきた。時間距離にして30分ほどなので、農繁期や行事などで忙しい時は気軽に「帰郷」する。

071211nikuhaku_1

 長い別れでもあるまいに、必ず父ちゃんに対して律儀に挨拶する白夏。ω♂同士でも険悪にならないコツなのだろうか。

071211nikuhaku_2

 父ちゃんが、白夏にマウントしたり押し倒したりするというのも一種のお約束。家の中でこれをやられるとたまらないんだけどね。

071211nikuhaku_3

 白夏だとわかっているくせに執拗に匂いを嗅いでプレッシャーをかけるニッキ。目が笑っていないのがちょっと怖い(笑)。白夏から見て、ニッキってどんな風に映っているんだろうか…父ちゃんだとはわかっていなくても、そして迷惑なんだけれど大好きで大切な存在なんだろうね。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

愛らしきオヤジ犬

071210hai

 あと2ヶ月で8歳となるとっつぁんニッキ。でも、おやつを強請るときは子犬の表情。いろいろとあって落ち込んでいる時、どれだけこの天真爛漫さに救われるか…。サモエドって最高だよ。ニッキ、いつもいつもありがとうね。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いしかわさんお元気で!

071209soubetsu_0

 昨日は仕事を終えてから秋川の「梵天」さんで石川さんを元気に送り出す会へ。

071209soubetsu_1

 夜7時過ぎの秋川駅。ここに犬友さんを車で何度か送迎したことはあるが、冬の夜、電車での訪問は底冷えするような寂しさ。

071209soubetsu_2

 「梵天」さん。思っていたよりもずっと大きな中華料理屋さんだった。料理も美味しくって朝から何も食べていない自分は駆けつけ一杯の後、ガツガツと料理を物色。とくにエビチリと炒飯、とっても美味しかった。

071209soubetsu_3

 王国に何度も足を運んだお客さんたちのエールの後はスタッフたちからの挨拶。犬たちといるときのようにもっと元気に!…とはなかなかいえないもの。

071209soubetsu_4

 王国出身の犬(パグのメカブ)とネコ(リンゴスター)と暮らす「アストロB」による『パグの惑星』の熱唱!

071209soubetsu_5

 そしていしかわさんの「ありがとう、そしてグッパイ!」 いしかわさんが最初に出会ったジャーマンシェパードの「マリー」の話。みんな泣くのを堪えていましたね。

071209soubetsu_6

 王国スタッフ以上に百友坊の風景に溶け込んでいた小泉兄弟と。

 お世話になった方との別れというものは寂しい限りではあるけれど、こうした盛り上がりの中でいしかわさんを送り出すことができたのは素晴らしいことでした。幹事の労を取っていただいた栗鈴父さん、タコシ夫妻さん、ありがとうございました!

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

津久井の冬

071208tsukui_1

 今日から数日留守がちになるため、圏央道経由で白夏を津久井へ。津久井ではさつまいもや柿を干していた。

071208tsukui_2

 焼き芋は人間も白夏も大好き。

071208tsukui_3

 白夏、父ちゃんがいると自分の陣地でも遠慮がち。白夏はこのエリアの中では絶対に排泄をしないというのに、ニッキがしゃらっとマーキング…。そして、さて、帰ろうかと「わんわんわんわん!」 

 まったくワガママなんだから。

071208tsukui_4

 白夏、傍若無人の父ちゃんと一緒でちょっと肩身が狭そう。

071208tsukui_5

 「とんちき亭」まで軽散歩。白夏が先導する後を父ちゃんは付いて行く。マーキングスポットがあるらしく、白夏が立ち止まった所でニッキも止まる。

071208tsukui_6

 この辺りは標高がこんなにあるんだって。冬は寒いはずだ。

071208tsukui_7

 白夏、ニッキとの距離が開くと立ち止まって後ろを気遣う。優しいやつだ。

071208tsukui_8

 裏山の天然ドッグラン。もうヒルもいなくなったので思い切り開放できる。ただ、この辺はいわゆる里山で、夜になると20頭程度のサルが押し寄せてくる(必ず2頭の見張りがいるそう)のでノーリードにするのは勇気の要るところ。関八州のサモエド軍団が集まってくれれば撃退できるんだろうが…

071208tsukui_9

 右側の赤錆びた屋根の納屋が「旧白夏御殿」。左のスケルトンハウスが「新白夏御殿」。画面右下の鉄柵はイノシシ止め(サルには効果なし)。どのような自然環境か大体おわかりになろう。

071208tsukui_10

 新たに増設した上部鉄格子も白夏の脱走防止だけでなく、サル(や盗人)の侵入防止の意味もある。あとは雪が積もった時が少々心配。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

また逢う日まで

071208kekkon_0

 美しい紅葉をバックにニッキ、シーズン最終4回目の婚儀。1回目と4回目は平安風「通い婚(妻問い婚)」。2回目と3回目は「嫁入り婚」。

071208kekkon_1

 やはり日のあるうちだと絵になるものだ。

071208kekkon_2

 互いを気遣いながら仲良く寄り添う。

071208kekkon_4

 知床だろうと樺太だろうと愛に行くからさ…。それにまた関東に戻ってくるんだよね…

071208kekkon_5

 黙ってふたりを見守るマウント・プチ。

071208kekkon_6

 竹林の密談。

071208puchi_1

 エニセイが百友坊に戻ってから白夏と記念写真。もうここに来ることもないんだね…。でも、親子でここに来るのは先月の15日が最後だと思っていたんだから、幸せだと思わなくっちゃ。

071208puchi_2

 とっても楽しかったよ~、本当に、本当にありがとう! エニセイ、次の再会までちょっと時間があるけれど、君のこと絶対に忘れないからね。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ご報告

071207kekkon_0

 王国が閉園してから始まったエニセイの発情。1日の土曜日、4日の火曜日そして6日の木曜日と無事に3回の婚儀を済ませることができました。

071207kekkon_1

 ノンノ、雪菜に続くニッキの3番目の妻になりますが、某芸能人のようにすったもんだあってのことではなく、犬たちにとってはごく自然な関係なので↑のような写真の深読みは禁物です(笑)

071207kekkon_2

 ちなみにエニセイはニッキとの相性はとっても良いのですが、ニッキよりも私(もちろん飼い主さんは別格として)のことを好きみたいな気がします。出産予定日は私の仕事の最も忙しい頃ですが、たとえ日帰りでもみゅーみゅー声を聞きに、あと美味しいお寿司を食べに中標津にお邪魔したいと思っております。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ばたばた親子

071205jump

 昨日エニセイが帰ってからがもう大変。エニセイの残り香はかなり強烈らしく、「エニセイを返せ」「エニセイをどこに隠した」とニッキがキュンキュン。

 そんなニッキに「父ちゃん、うるせーよ!」と白夏がフライングボディアタックで、夜、未明、夜明けにミニバトル。

071205hakka

 それでもまあ、たまにトリーツで軽いケンカをするくらいで、基本的には仲の良い父と子。おたがいがどのように思っているかはわからないけれど。

071205oyako

 似ているような、違っているような、日々新たな発見。ばたばた親子。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エニセイがやってきた

071204kekkon_0

 ニッキの新妻エニセイが婚儀のために我が家を訪問。

071204kekkon_1

 この日、私は仕事が遅かったため、帰宅した時点ですでに婚儀は終了。その後は仲良く遊んでいた。

071204kekkon_2

 ふたりとも目が光ってしまって少々魔犬風味(笑) 和気藹々の雰囲気が伝わらなくってごめんなさい。

071204kekkon_3

 リビングにて。ここからは白夏も参加。笑うエニセイ。

071204kekkon_4

 叔母に対して無礼を働く白夏。ただ、「叔母」といってもこのふたり4ヶ月しか離れていないんだ。自分より年下の叔父・叔母が存在するのは犬の世界では当たり前だからそれほど違和感ないんだけどね。エニセイ、軽く唸って白夏を牽制。

071204kekkon_5

 ちょっとだけ緊張はしていたが、十分に犬慣れしている小太郎。ネコのお客さんは来ないのかなぁ…(多分来ないね)。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の箱根旅

071203toujitabi_1

 仕事仲間と2日~3日にかけて箱根に行ってきた。我が家から西の方に向かって15分歩くと相模線の南橋本駅に出る。本数は少ないが、湘南方面に出るには便利な路線。

071203toujitabi_2

 一昔前までは無人駅同様の駅舎だったのが、どこのニュータウンの駅かと見紛うばかりの美麗な構造物に変貌していた。自転車置き場はぎゅうぎゅう詰めではあるものの、無料だし悪くない。

071203toujitabi_3

 国府津で食事をしてから15時過ぎに小涌谷にある宿へ。

071203toujitabi_4

 箱根の山、箱根の風はいつでも豊かな気を孕んでいる。ここにいるだけで癒される。

071203toujitabi_5

 夕食も美味い。

071203toujitabi_6

 朝5時。

071203toujitabi_7

 浄闇の中を露天風呂廻り。

071203toujitabi_8

 時間と空間を独り占めしたような満足感。

071203toujitabi_9

 大浴場もガラガラ。

071203toujitabi_10

 未明の涼風に揺らめく湯気に日本人である自分を感じる。

071203toujitabi_11

 朝食も豪華。一番感動したのがお櫃に必要以上のご飯を入れていないこと。ご飯が足りなければお櫃ごと必要な分のお代わりができる。食べ物を大切にしようとする気持ちは非常に好ましい。

 3日は朝からの雨。早々に昼過ぎに帰宅し、ニッキにチー鱈やクリームチーズなど酒のつまみの残りを振舞う。ニッキ、昨夜は寂しそうに泣いていたという。まったく甘ったれ父ちゃんなんだから…

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

白夏城落成

071201hakkagoten_0

 白夏が月の半分を過ごす津久井にこの度めでたくドライエリアが完成した。外台所を覆ったサンルームのようなもので、決して白夏専用というわけではないが、津久井でも白夏はノーリード待遇を手に入れることができたのはありがたいことである。

071201hakkagoten_1

 犬好きの地元の鉄骨屋さんが大廉価で引き受けてくださった鉄骨組みのなかなか立派な物。ご自身も甲斐犬を飼っているそうで、この方も白夏のことを非常にかわいがってくださる。

071201hakkagoten_2

 勝手口に接続していて、夜は勝手口の上がり框にあるカーペットで休む。

071201hakkagoten_3

 犬好きの鉄骨屋さんのアドバイスか。いろいろな場所にアンカーが設置されている。初めて犬を飼う人の造作とは思えない。実際我が家よりもずっと犬仕様ではないか…。

071201hakkagoten_4

 ここは白夏がお腹を冷やす玉砂利場らしい。石を食うなよ。

071201hakkagoten_01

 表玄関への犬走り。別名「白夏みち」。今日(※12月1日)はここから近い宮が瀬の巨大ツリーの点灯式だとかでちょうど花火が鳴り響いた。白夏が生れ落ちた時はちょうどあきる野の花火大会だったし、白夏城の落成日にも花火か…。運の強い子というかめでたい子だよね。

 たまらないのが花火大嫌いのニッキ。花火が鳴ると右側のブロックを乗り越えてあらぬ方向に駈けようととしていた。どこへ逃げる気だかね。

071201hakkagoten_02

 ここのアンカーは夜明けに白夏が星を見るために設置したそうな。白夏は寝そべって人工衛星や飛行機の軌跡をずっと見るのが好きらしい。

071201hakkagoten_03

 そして叔母が指差しているのが勝手口のロック。何と白夏はハンドルの扱い方をマスターしただけでなく、錠の開閉機構にも当たりを付けたらしい。それゆえ、白夏の手の届かないところにもう1ヶ所、錠を新設することになった。恐るべし。

071201hakkagoten_5

 イザという時には井戸水も使える。芋も取れるし、もし敵が攻めてきても籠城戦に持ち込める(笑) 実際にこの辺り、猿がカボチャを奪いに出没するらしい。その他に鹿、イノシシ、ハクビシン、ヒルなど。

071201hakkagoten_6

 ここはボクの陣地だもんね~

071201hakkagoten_7

 得意、得意!

071201hakkagoten_8

 今度父ちゃんも泊めてあげるからね。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

白夏in百友坊!

071201hakkainhyakuyubou_01

 驚いた。白夏に百友坊への入場許可が出た! 百友坊の中は強固な犬社会が形成されているために外部の犬がここに入るのは非常に難しい。下手をすれば命に関わることにもなる。別に閉園後だからの特別扱いということではなく、挨拶上手の白夏ならではとのいしかわさんの見立てに基づくもの。

 ちなみに白夏は王国生まれだが、母犬ノンノの出産場所はグッドライフ館。したがって、百友坊は白夏にとっては初めての場所なのである。

071201hakkainhyakuyubou_02

 もっと驚いたのは白夏の挨拶捌きの上手さ(親ばかなもんで以前から白夏はかなり挨拶上手だと思っていたが…)。尻尾を垂らして老若男女犬たちによる匂い嗅ぎにじっと耐えていた。ニッキだったらω♂としてのプライドもあって唸ってしまったことだろう。にらめっこと同じで多勢に無勢の状況では唸ってしまったら即ち「負け」。

071201hakkainhyakuyubou_1

 いずれ北海道でいしかわ犬群団3代目の親分になるであろうお祖父ちゃんであるオビ(右)にも挨拶。耳にちょっと緊張が見える。お祖父ちゃんの方が父ちゃんよりずっと年下らしいけど威厳があるなぁ、なんて思っているのかな。

071201hakkainhyakuyubou_2

 ダーチャはいつものように。

071201hakkainhyakuyubou_3

 大叔父ブランによるチェックも受ける。ドッグラン・プチにいる時よりも厳しい。

071201hakkainhyakuyubou_4

 もう不審に思う犬もいなくなって、白夏、百友坊内をあちこち探検。その間に私はチロルを思い切り抱きしめる。

071201hakkainhyakuyubou_5

 今日はクリンちゃんも生まれ故郷の百友坊で存分に遊んでいた。写真の解説をすると、クリンちゃんが泥水の入ったプラ船に浸かっているのではなく、泥だらけのクリンちゃんが浸かったためにプラ船の水が泥色になってしまたところ。どっちでも一緒か。

071201hakkainhyakuyubou_6

 ラーナお祖母ちゃんとも挨拶を交わすことができた。ずっと元気でいてよね。クリンの入ったプラ船では水羊羹を作っている(笑)

071201hakkainhyakuyubou_7

 やはり大叔父にあたるチロルとの初鼻合わせ。「お前さんが、これみっつぁんところのハッカかい。その名の通りなかなか気風の良いヤツじゃぁねえか」なんて話しているのかな。チロルはしっかりと白夏を受け入れてくれた。チロルと白夏。自分にとっては宝物のようなショット。

071201hakkainhyakuyubou_8

 叔母であるエニセイの匂いは白夏にとってもタマラナイ。

071201hakkainhyakuyubou_9

 ヨシとチャチャの子ども達。

071201hakkainhyakuyubou_10

 ゴン吉とムクの子ども達。

071201hakkainhyakuyubou_11

 白夏を残して青の広場に移動。お父さんに「きたねぇなぁ」と言われ、どうせワタシは汚れた女よ…と拗ねるクリン嬢。

071201hakkainhyakuyubou_12

 汚くってもカワイければいいじゃない!

071201hakkainhyakuyubou_13

 来年の流行は泥化粧なの。北の桃ちゃんや西のさくらちゃんにも負けないんだから!

071201hakkainhyakuyubou_14

 でも、全身は撮らないで欲しかったな。

071201hakkainhyakuyubou_15

 本当は白夏とも会わせたかったけれど、あいにく発情が来てしまったノンノ。

071201hakkainhyakuyubou_16

 ノンノとクリン姉妹、これからお互いちょっぴり寂しいね。でも、きっとまた会えるよ。

071201hakkainhyakuyubou_17

 あきる野の 草の匂いを 憶えつつ

        思いを馳せる 北の大地よ

071201hakkainhyakuyubou_18

 ノンノ、白夏を産んでくれてありがとう! グッドライフ館もありがとう。

071201hakkainhyakuyubou_03

 百友坊に戻ってみれば夜盗の頭目のごとき白夏を発見。ダーチャ御用達の「緑川(=ドブ)」体験を楽しんでしまったらしい。

071201hakkainhyakuyubou_04

 ざぱっと大まかに洗って雑居館入り。3年半前、そこには君の高祖父マロ親分がいて、君はまだ存在すらしていなかった…命は不思議だね。

 いつまでも記憶に残るであろう、最初で最後の白夏百友坊探訪記となった。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (13) | トラックバック (0)

エニセイに愛に!

071201nikueni_0

 いしかわ家のサモ娘、エニセイに本格的に発情が到来。ニッキ、早速男の仕事に向かう(笑) エニセイとの相性は抜群なんだけど、エニセイの方がずっと積極的。考えてみれば20台後半の娘さんと50がらみののおっさんなんだから無理もないか…。それにしてもエニセイニッキで跳び箱? さすがは魔性の女。

071201nikueni_1

 ニッキ、少しずつ乗ってきたようだが、前半戦は中途半端な形でお仕舞い…。やっぱり歳なのかなぁ。

071201nikueni_2

 あと考えられる原因は、ここが百友坊のすぐ裏だということ。中から聞こえてくる大勢の犬の声にニッキがナーバスになったのかもしれない。エニセイにしてみれば家の裏庭みたいなもんだろうけれどね。

071201nikueni_01

 2時間ほど冷却期間を置いてから100mほど離れたA駐車場(ほとんど使われていない)に移動。草の繁みに頭を突っ込んだふたりは何だか凄いことになって帰ってきた。が、結婚は見事に成立。

071201nikueni_02

 やや短いかなと感じる9分間だったが、サポートをしていただいたアベさんによれば十分ですよとのこと。来週にかけてあと数回の結婚を予定しているが、来年2月にみゅーみゅー声の嬉しい合唱が聞こえるものと信じている。

071201nikueni_03

 良い仕事したぜ…のニッキ。この後阿部さんに草の実を丁寧に取っていただきました。

Anber005

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Anber005_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »