« 地域限定コメッコ | トップページ | 哀悼 »

津久井勤番

070825hakka

 私が夏の講習で1日仕事。そして母が旅行に出るため大叔母と白夏は津久井へ。近頃はオモチャや骨ガムを咥えてニッキ父を威嚇したり、わざと自分から取り上げるように仕向けてバトルを望むようになったりと今までとは違うやんちゃさが表れてきたが、父ちゃんの迫力に押されるとすぐに腹を見せてゴメンナサイをする。

070825jyunban

 ニッキの食器にフードが残っているような場合でも今はちゃんと順番待ち。男気とともに犬としての社会性を身に付けてきたということなのだろうか。ドッグランでも、同じくらいの歳の子には結構積極的に振舞うけれど、年上の子、自分より体格面ではるかに大きい子に対しては逃げ腰である。

 ジャーマンシェパードと追いかけっこして自分がターゲット役になって逃げたところ、相手の子に追いつかれたため(白夏の頭の中では逃げ切れる自信があったのだろう。あるいは、追いついても捕まえない「お約束」があると)、ベンチの下に逃げ込んだ事件があってからその性向がとくに顕著だ。

 自分より若くて大柄な♂サモとガウになったり、ボルゾイやグレートデンに「意見」したり(サモエ道を?)と、たまに見せる怖いもの知らずな面で冷や冷やしたニッキに比べるとその辺の心配はしなくて済む分楽かもしれない。そして、幼時からの他犬とのやり取りや犬の文化、不条理を膚で経験しているからこそ、玉♂同士の我が家の関係もある程度穏健に推移しているのではないのかなとも思う。

 さらには両者の緊張とストレスがピークに達しないうちにガス抜きの意味で白夏が津久井に「出向」する。こんな状況がニッキと白夏の暮らしの背景になっている。別れと再会が犬にとってどのような影響を与えるのかはわからないけれど、少なくとも人間がそれを経験することで犬たちがいることのありがたさ、喜び(その反面としてさびしさも)を新鮮に味わうことができるのは確かである。白夏、今日もたっぷり津久井の叔父夫婦に甘やかされていることだろう。

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

|

« 地域限定コメッコ | トップページ | 哀悼 »

わんにゃんにっき」カテゴリの記事

コメント

性格はいろいろですよね、それに経験によって更に色付けされて。

向こう見ずの茶々丸も多少(ほんのちょっと)相手の様子を見るように
なった気が。

そろそろ、ガス抜きさせないと大変なことになりそうです。
昨夜、花火見物をしに外に出したら、マーキングをするように。何も
大人しくさせておきたい時にタイミング悪すぎ。

投稿: N | 2007年8月25日 (土) 14時09分

>Nさん

今日は家に帰ったらカーペットが剥がされ、弟の部屋に乱入とニッキが大暴れしていました。原因は相模原市の花火大会です。ただ、5kmは軽く離れている相模川の河原での打ち上げだったんですけどね。耳の良いニッキにはとんだ災難だったようです。白夏は不在だったのですが、一緒にいた方がよかったのかな。

茶々丸君、マーキングする余裕があるんだね。羨ましい。マーキングのやり方はニッキが親身になって指導しますよ。お楽しみに。

投稿: これみつ | 2007年8月25日 (土) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/16231116

この記事へのトラックバック一覧です: 津久井勤番:

« 地域限定コメッコ | トップページ | 哀悼 »