« 宮津から出石・但東へ | トップページ | 穴子オフ!大盛況! »

鳥取砂丘

070616sakyu_4

 以前、のりんさんやけいちんさんと日御碕を訪れた時に、日本海をバックに撮影したニッキが美しかった。漠としてちょっと淋しさもただよう写真だったが、思えば、この海の遙か彼方に君の祖先の故郷があったんだね。

 今回、ニッキと砂丘を訪れるにあたっては、未だ自分も知らない名所を組み込んだのだが、砂丘とニッキ、そして日本海の取り合わせは―おおげさにいえば―予想を超える素晴らしいものだった。

070616with_rakuda

 鳥取砂丘のラクダ。撮影料100円というのはご愛嬌。むしろ気兼ねなく撮影できるし、ラクダにある程度ポーズも付けてもらえる。犬が近寄っても興奮したり攻撃したりということもなく、他方で、ある程度異種間交際術も身に付けているニッキの方も、取り乱したりせず、いつものように撮影に応じてくれた。ラクダ、サービスに自分の顔と腕を舐めてくれた。その後甘噛みされたが、まったく痛くなかった。観光化といえばそうなのだろうが、一生懸命動物たちが仕事をしていると、そしてそれに寄り添う人間たちも気の良い人たちだと応援したくなってしまう。

070616sakyu_1

 曇天であればもう少し滞在してもよかったのだが、砂丘を訪れたサモ友さんから肉球火傷と熱中症の危険性のあることを示唆されたので、砂丘滞在は正味30分程度という予定を組んだ。ニッキ、はやり暑かったのだろう。時々狂ったように砂を掘り始めたが、少し掘ると湿った砂が出てきた。動物ならではの勘で砂底から伝わる冷気を感知していたのかもしれない。

070616sakyu_2

 「馬の背」を目指すニッキ。すでに15分経過。暑いけれど、空が鉛色ではやはり良い写真は望めない。滞在時間を決めているので、ポーズが決まらなくてもそうそうダメ出しはできない。

070616sakyu_3

 「砂丘」ではなしに、「砂漠」らしきアングルを見つけて撮影。人のいない方角を狙う。

070616sakyu_5

 馬の背に登ると日本海が観望できた。透明な青のグラデーション。ニッキもこの大パノラマを楽しんでいるようだった。ここでニッキ、500ccの水を一気に飲み干す。昨日は天橋立でほとんど水を要求しなかったのに…。すでに砂丘にて30分は徒過している。もう少し、ニッキと日本海を眺めていたかった。が、幸せな思いが暗転するのは実に容易い。「あと少し」という思いが強まる前に、馬の背を下り始めていた。駐車場にて人用の足洗い場にニッキも浸からせてもらう。

 運転席からはバリケン内部のニッキの様子が見えない。鳥取から兵庫を目指す道のりで、信号停止の度に何度もテールゲートに回りこんでニッキの様子を確認した。お蔭様でニッキ、無駄なくらいのスタミナを残して無事に穴子オフの会場である室津に到着することができた。

※穴子オフは画像多数のため現在の通信環境では莫大な時間がかかってしまいます。よって、ニッキ本陣に戻ってからアップいたします。また、ここ数日の画像も増補し、誤った内容の記事(橋や川の名称)を修正しますからね。

Higakiline2

Hotate12 Tsuboyaki Cyasyumen2_1 Matutake_osuimono1_12779 Unadon102_1   Maguro12_1 Namabeer20 Tako11 Geta1 Peace_ani_2 D_uni F_4_36_1 Purin D_akamaki  Ranking_banner_1 Ika11Maguro14_2 Atsukan Kazu11  Ebi12 Tamago11 Kappa13 Ikura11_1 

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

|

« 宮津から出石・但東へ | トップページ | 穴子オフ!大盛況! »

旅にっき」カテゴリの記事

コメント

長旅お疲れ様です。
ふぁ~。ものすごいキレイですね。外国みたい!
砂漠の色と空の青にニッキくんの白が映えてる!

投稿: かねかね | 2007年6月17日 (日) 06時19分

青い空、砂とニッキが美しい。
レヴン&グワイの知床の海とは違った美しさです。
一人と一匹が脱水症状にならなくて良かった。

投稿: 餡子庵 | 2007年6月17日 (日) 07時03分

ちょうど学生時代、義兄が鳥取大学に勤務していたので毎年行きました~鳥取砂丘♪
ちなみにクリン父は行った事がないので行こう行こうと言いますが私が行った事のないところが最優先ですから~(^^;)

投稿: クリン母 | 2007年6月17日 (日) 09時51分

昨日はありがとうございました&お疲れ様でした。
ハンサモなニッキ君が青い空と白い?砂に映えて
カッコエェ~♪
砂漠にシロクマ、ハケ~ン!!

投稿: ちょびん | 2007年6月17日 (日) 15時37分

無事お帰り~お疲れ様でした。
今回も参加、ありがとうございました~
夢狗とニッキ君がだいぶん接近できましたね、それだけでも大収穫です。(笑)

ニッキ君はどこでも、写真とマッチして素敵ですね。
今後の画像も楽しみにしています。

投稿: 夢さん | 2007年6月18日 (月) 00時07分

>かねかねさん

日本海、イメージ通りいつも波がありますが、決して鉛色の空とどんよりした海原というわけではないんですね。はい、南国の海のようでした。あんなところでサモエドの集合写真を撮ってみたいですね~。


>餃子庵さん

ははは、道中ニッキの熱中症、脱水症状のことばかり気になっていました。室津に着いてから自分も喉が渇いていることに気付き、冷やしてあった烏龍茶をがぼがぼ飲みました。知床の海も素敵ですが、鳥取の海、瀬戸内海、島根の海、高知の海、大分の海、神奈川の海、みんな個性があって素敵です!


>クリン母さん

今回の旅ではパンジャさんからとっても重要なブツを預かっています。鳥取市、私は初めてです(米子周辺は以前通りましたけど)。時間があれば市内や智頭あたりも探訪してみたいです。クリン母さんは次はどこに行ってみたいです?


>ちょびんさん

ラクダさんとのツーショットも撮ってありますよ。本当は帰りにもう一度撮るつもりだったんですが、熱中症になったら大変なので引き上げました。砂の上を歩いているとちょっとした迂回でも大儀に思えちゃうんですよね。

今日は時間があれば名城に寄ろうと思ったんですが、どうせならちょびんさんと一緒の時がいいなと思い、岡崎のお城を巡りました。家康が一指し舞うカラクリ時計に魅入ってしまいましたよ(笑)


>夢さん

いや~、今回も楽しかった~!美味しかった~!

室津の写真もたくさん撮りましたよ。次回はまたゆっくりお散歩しましょうね。蘭ちゃん、たくさんのサモエドたちからいっぱいパワーをもらったことと思います。夢狗君とニッキももうすぐ仲良くなれそうですね!

投稿: これみつ | 2007年6月18日 (月) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148065/15413728

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取砂丘:

« 宮津から出石・但東へ | トップページ | 穴子オフ!大盛況! »