« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

お散歩エリア調査

070629sanpo_4

 ニッキの傷の具合を診ていただきに、よこやまだい動物病院へ。化膿することもなく順調に傷が塞がっているとのこと。来週真ん中辺りで抜糸の予定。体重もベスト体重である25kg近くまで回復していた。他方で白夏の体重が21kgのまま止まってしまっている。白夏、物心ついて、暑さに向かい合うのはこれが初めて。ために食欲が進まないのだろうか。

070629sanpo_1

 診察の際に起きた「事件」があった。ニッキの傷の経過を見ていただくとき、なかなか傷跡が見当たらない。「あれ、どっち側だったかな? まだコートに血の痕が少し残っているはずですが…」と私。先生も「たしかこの前(周囲の毛を)剃ったはずですよね」と仰って不思議そうにしていた。「そうですね、サモエドは毛が密ですから湿疹などがあっても気付かないことが多いんですよ」などと自分もおかしいなぁと思いつつ受け答えしていた。

 ややあって、ミントグリーンの首輪を見て(これ白夏じゃん!)。「あ、こっちじゃありませんでした」大慌てで白夏を下ろし、ニッキを診察台の上に載せたらすぐに傷は見つかったが…、エラく恥ずかしかった。書くべきか書かざるべきか迷った、作り話のような実話である。ニッキも白夏も、お前たち黙って見ているんじゃないですよ、まったく(笑)!

 家を出るときは曇っていて涼しかったのに、病院を出る頃は日差しが強まってきた。

070629sanpo_2

 せっかく出てきたのだから路面が熱くないうちに横山公園を一巡り。ちょっとした小川でも流れていれば、いや水路程度で構わない、クールダウンできるのだが、ここの公園はどちらかと言えば競技場主体で、ゆっくりと滞留するタイプではない。犬の散歩もコースを周回するという感覚。犬と人との絆を強めつつ、周囲の自然と一体化できる配慮という点では弱い。

070629sanpo_3

 と、帰りに立ち寄ったクッキーさんでそんな話しをしていたら、お店のMさんから、湧水のある格好のお散歩スポットがありますよとトップ画像の「横山丘陵緑地」をご紹介いただいた。

070629sanpo_5

 気温が高くなってきたので、ニッキと白夏をお店で休ませていただいている間に自分だけ下見に出かける。クッキーさんのお店から自転車で5分くらい。自転車を止め、遊歩道を下りるとご覧のようにマイナスイオンの多そうな広場に出る。光の当たっている辺りから散歩の神様でも降臨しそうぢゃないか。季節柄藪蚊が多く、くもの巣のようなものが顔に引っかかり、また園地内を流れるせせらぎも枯れてはいたが、夏を除くすべての季節、素敵なわんこの社交場になると思う。

070629sanpo_6

 緑地内にある「湧水」。規模は小さいものの、人間の飲用も可能だという。もう少し水量があれば、犬たちがクールダウンしつつ水分を補給できるのだが…

070629sanpo_7

 この水はすぐ近くの姥川に流れ出す。夏が過ぎたら遊びに来ようね。

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

| | コメント (12) | トラックバック (0)

白クマラ~メン♪

070629shirokumaramen_0

 けふのお昼はもりりんさんから送っていただいた白クマラーメン!

070629shirokumaramen_1

 茹ですぎないように…。本当はもっと大きな鍋が望ましいんだけどね。標準茹で時間-20秒くらいが最も手堅く仕上がる。前後でもたついている時間て結構あるんだよ。

 スープはやや濃い目に作っておく。

070629shirokumaramen_2

 よーく湯切りをして

070629shirokumaramen_3

 塩ラーメンだけに具材はいたってシンプルに。癖のないメンマと白髪葱がポイント。卵は入れない。

070629shirokumaramen_4

 サモ友ちょびんさんからいただいたハムが大活躍。彩りはホウレン草に任せて。

070629shirokumaramen_5

 へいっ、一丁あがり。どうぞ、召し上がれ!

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

発掘画像

070619nikki

 2月の牡蠣オフの時に撮影した画像が、別の記録メディアに入ったままだった。シトラスさんにいただいた「ニッキアメ」「ハッカアメ」画像どこに行ったかなぁと悩んでいたところ、今回の穴子オフの画像を整理するタイミングで発掘することができた。

070619hakka

 CMに使えそうなハッカアメパッケージ。この頃の白夏、まだ子犬の風情を残している。

070619hotel_1

 夜の散歩&排尿時、三宮「北の坂ホテル」をバックに撮影したつもりが、何とも淫靡な感じに仕上がっていた(笑)

070619hotel_2

 北野の街を流す夜の白犬、ニッキ。こんなニッキですが、これからも応援してやってください。

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ホッキョクグマチョロQ

070627choroq_1

 もりりんさんにいただいた、ホッキョクグマのチョロQ。リクエストをいただいたので、画像をアップさせていただきました。

070627choroq_2

 なかなかにリアルでしょ。

070627choroq_3

 男前のホッキョクグマ君です。

070627choroq_4

 こちら向きはちょっとアンニュイな表情。

070627choroq_5

 走らせると追っかけるやつらがいるので、走らせていません。尻尾ブンブンで、水陸両用だとかっちょいいのにな。

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

| | コメント (10) | トラックバック (0)

しろくま同盟

070626moririnpresent_1

 北の大地にサモエドゆきちゃんと暮らすサモ友「もりりん」さんから“しろくま便”が到着した。何を隠そう「もりりん」さんと私は、大のしろくまファン。

070626moririnpresent_2

 あの旭山動物園グッズを中心に、とっても素敵な「しろくまグッズ」をどっさりと送っていただいた。北の豊穣と白熊の愛らしさに与ろうと、まずは我が家の税関職員が厳しくチェック。

070626moririnpresent_3

 近頃は2頭態勢で、チェックも厳重に…。「俺の仕事に鼻を突っ込むな!」新任の職員さんは、まず先輩のチェックの仕方を学ぶところからスタートする。

070626moririnpresent_4

 開梱後のグッズについて、新任の職員さんも早速丁寧にチェック。いや~豪華だな。楽しいな!

070626moririnpresent_5

 あっ、かわいい。しろくまのチョロQだ! あ、これこれ、君にはもっと頑丈なオモチャをあげるからね。

070626moririnpresent_6

 もりりんさん!

070626moririnpresent_7

 ありがとう!

070626moririnpresent_8

 これが前から食べてみたかった「白クマ塩ラーメン」。パッケージだけでなく味もすんごくんまいらしい。

070626moririnpresent_9

 そしてこれが「白熊ガラナ」。飲むと強く、色白になれそう。

 もりりんさん、今宵、北極で白熊たちと戯れる夢を見られそうです。ありがとうございました!

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

| | コメント (10) | トラックバック (0)

みんなのたからもの

070625nonnobook

 ニッキと白夏にとって忘れられない存在であるムツゴロウ動物王国のノンノ。ニッキが初めて迎えた妻であり、白夏は最初の男の子。早いものでそれから1年が経とうとしている。

 予約を入れていたノンノのお母さんであるTさんの手作り絵本がついに完成し、先日漸く手に入れることができた。ノンノの独り語りがTさんの優しい字で綴られている。そこにはノンノの乳房に吸い付く生まれたばかりの白夏の姿も(どの子かはよくわからない/笑)。そして最後のページには、ノンノの肉球サインがぺたんと捺されている。

070625hakka 070625nikki

 白夏の表情の中に、ニッキとノンノの面影を見ることができる幸せを噛み締めながら、そして、ノンノの前にも幾世代、笑顔の犬たちの生活があったことを思いながらページを1枚1枚丁寧に捲っていった。

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

| | コメント (16) | トラックバック (0)

動きのある絵を

070624sisha_1

 ニッキと白夏のポートレートばかり撮っていてもしかたがないので、今日は動きのある絵に挑戦。白夏の寝そべっている上をニッキ父ちゃん、ジャンプ!

070624sisha_2

 コットンロープを使っての引っ張りっこ。力でも技でもニッキの方が上。ただ、ロープに対する執着は白夏も負けていない。

070624sisha_3

 白夏のくやしそうな顔。

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

切なきこと多かれど…

070623krin

 まだ1歳になったばかりのサモエドの陽向(ひな)ちゃんが昨日早朝に亡くなった。慰めの言葉もないほど、そして自分もまだ信じることのできないほどの悲報である。飼い主のTさんの気持ちを思うとまことにやり切れない。なぜ、あんな無垢な魂が奪われなければならないのか。神様は不公平で残酷過ぎる。

 Tさんを気遣って、サモ友さんたち、犬友さんたちもドッグランにお見えになっていた。体調がここのところ勝れなかったクリンちゃんは、ティアラを着けてちょっとだけ微笑んでくれた。まだ本調子ではないみたい。

070623nikki_cooldown

 ニッキ、久々のドッグランでせっせとマーキング。暑くなってきたので、クールダウンは欠かせないらしく、自主的に行っている。真夏のドッグランにはプラ船は必須だ。

070623daijyoubu

 今回、エニセイとの間に子どもはできなかったようだ。七夕の出産ラッシュを期待していた身には残念ではあるが、エニセイもニッキも健康である。命の問題は人の思い通りにはならないのが当然。焦らずに次の機会をと思う。

070623chirol_1

 百友坊のチロル、どちらから撮ってもハンサモだ。

070623chirol_2

 人間界だったら、とっくに俳優デビューしているサモエドだね。朝方泳いだらしいけれど、今はすっかり王国標準色。

070623kaede

 居住エリアに日蔭を作ってもらった楓ちゃん、思ったより早く毛が吹いてきている。冬まで待たずとも秋にはふっこふこじゃないのかな。良い笑顔。近頃楓ちゃんファンも増えてきている。

070623tomeko

 ラーナっ子のトメコちゃんもすくすくと育っている。耳もそろそろ立つ頃かな。

070623with_gratedane

 ニッキ、グレートデーンの男の子と遊ぶ。いつものように、若いオスっ子にちょいと意見しようとしたのだろう、小競り合いになってしまい、1ヵ所犬歯が深く刺さってしまった。もちろん、「怪我と弁当は自分持ち」の原則通りで、犬たちの争いの結果は飼い主が引き受ける。グレートデーン君の名誉のために一言すれば、彼はとっても温厚な子。ニッキにプレッシャーを掛けられて已む無くの反撃だったのだろう。

070623nikuhaku

 軽症だと判断したが、念のため掛かり付けの「よこやまだい動物病院」へ。傷跡の消毒の後、1針だけ縫ってもらう。

070623nikki_1

 化膿止めを処方していただき、家へ。

070623nikki_2

 縫合する時もじっと我慢の子だった。偉いぞニッキ。ただ、ガウガウしなければならない時も君としてあるんだろうけれど、それじゃあ命がいくつあっても足りないよ。さらりとかわせるようになって欲しいな。

Higakiline2

Hotate12 Tsuboyaki Cyasyumen2_1 Matutake_osuimono1_12779 Unadon102_1   Maguro12_1 Namabeer20 Tako11 Geta1 Peace_ani_2 D_uni F_4_36_1 Purin D_akamaki  Ranking_banner_1 Ika11Maguro14_2 Atsukan Kazu11  Ebi12 Tamago11 Kappa13 Ikura11_1 

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

白夏お帰り

070622sisha_3

 自分も母も旅行のため不在という状態が続いていたので、その間大叔母と白夏は津久井の親戚の家で過ごしていたが、本日白夏が帰ってきた。

070622sisha_1

070622sisha_2

 で、早速デジイチの試射を兼ねて記念撮影。カメラが変わっただけで、犬たちの普段見るのとは異なった表情が撮れる。不思議なものだ。

070622sisha_4

 コンパクトカメラに比べてちょっと暗いかな。白夏、マズルぶっとくなった?

070622fureai

 旅から戻ったニッキ以上に、白夏は茶々丸色になっていた。津久井での野生児ぶりがよくわかる。明日土曜日は久々に王国行きの予定。

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

デジイチ試射

070621sisha_2

 コンパクトデジカメを買い換えるのだったら、いっそデジイチをお買いなさい。素晴らしい被写体がいるんだから…とのサモ友さんのアドバイスを容れて、ついに憧れのデジイチを手に入れた。

070621sisha_1

 最も標準的なセットのエントリーモデルではあるが、それでも仕様・機能は従前の銀塩一眼レフと変わりなく本格的で、持ち重りが心地よい。今回の穴子オフの前日に届いたが、慣れない機材は逆にストレスのネタになるかもしれないので、携行を見送った。

070621sisha_3

 まだマニュアルすら目を通しておらず、戦闘機のコックピットにあるような液晶モニターにダダーっとデータが表示されても何が何やら…。しかも1画面でなく、何画面にも渡ってわけのわからない情報や設定状況がモニタリングされていく。そんなわけで、十全にカメラの性能を引き出すことができないのは承知で(この種の機械はこだわらなければある程度のお仕事は勝手にやってくれる。最低限ピントが合えばよい)おまかせモードで何枚かニッキを撮ってみた。嬉しいことにどんな状況でもシャッターが落ちるので、今までのような「何でここでシャッターが落ちないかな!」というじれったさはなくなるだろう。

070621sisha_4

 望遠がそれほど利かないレンズの性能から、今のところドッグランなどで駈ける犬たちの躍動感ある姿を撮るのは難しい。いずれは望遠レンズも手に入れたいが、実はレンズ1本の方が本体価格より高いので、ハマってしまったらさあ大変!金食い虫になりそう。まあ、愛サモと楽しむためにはお金のことなんて考えるのは野暮だよ、というのがサモエ道でもあるんだけどね。

Line00

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Line00_1

| | コメント (10) | トラックバック (0)

samoeyed coaster

070619coaster

 室津オフでは、食べ物以外にも良い物を手に入れた。サモ友ちょびんさんの旦那さん、ノエル父さんお手製のサモエドコースター。涼しげなグラスに、昼はグリーンティなどを入れて、夜はスッキリと冷えた麦酒や冷酒などを入れて楽しみたい。もちろん傍らには白い犬を侍らせて(笑)。サモエド、右向きバージョンもあるといいね。

 ノエル父さん、素敵なコースターをありがとうございました!

Higakiline2

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (8) | トラックバック (1)

ニッキと白夏がラジオに出ます

070616with_yuki

 ニッキと白夏の声が、ラジオの電波に乗ります!

 とはいってもローカル局なのでお近くの方しか聴取できませんが、お近くの方はラジオの周波数をFM相模(さがみ/83.9Mhz)に合わせてみてください。

 本日19日と20日は13時33分から、21日は13時3分からの10秒間です(笑)

※画像は室津オフ会でゆきちゃんにお話しするニッキ

Makidama

Flame14   Ranking_banner_1 Flame14_2

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Makidama_1

| | コメント (8) | トラックバック (0)

相模帰着

070617makinohara

 岡崎を17時過ぎに出て、途中牧之原SAで最後の休憩。ニッキのトイレ休憩を済ませてからチャーシュー麺で夕食。

070617ramen

 SAのインフォメーションコーナーや走行中の案内板で「秦野中井~横浜町田間30km渋滞」の表示を見てどよーんとしたが、秦野中井ICで下り、いつも使っている伊勢原経由の間道を使い、21時40分に無事に家に戻ることができた。総走行距離はおよそ1500km。正味3日を使ったちょっと欲張りな旅行だった。ニッキ、涼しくなったらまた行こうね。

Higakiline2

Hotate12 Tsuboyaki Cyasyumen2_1 Matutake_osuimono1_12779 Unadon102_1   Maguro12_1 Namabeer20 Tako11 Geta1 Peace_ani_2 D_uni F_4_36_1 Purin D_akamaki  Ranking_banner_1 Ika11Maguro14_2 Atsukan Kazu11  Ebi12 Tamago11 Kappa13 Ikura11_1 

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (9) | トラックバック (0)

六甲から岡崎へ

070617ootsu

 六甲からは銀河パパさんに教えていただいた「裏六甲ドライブウェイ」を経て、すんなりと中国自動車道に合流できた。その後、帰路最初の休憩地大津SAまで渋滞なし。ニッキ、さすがに写真撮影にうんざりしたのか、もうポーズを取ってくれないで知らん振り。

070617kuromaru

 大津SAを出てすぐの黒丸PA。ここはドッグランが併設されている。犬連れの人は、食事を取る予定がなければ大津ではなく、黒丸をメインに使った方が良いかもしれない。もっとも大津SAから見る夜景は美しいけれど。

070617kuromaru_dogrun

 ドッグランで無意味にポーズを取るニッキ。たった今この木にマーキングをしたばかり。いい仕事しましたね。ここから名古屋を越えて、岡崎ICまでだーっと走る。

070617okazaki_1

 いつも東海道を素通りなので、日のあるうちにちょっと寄り道してみたくなった。ノエル君のお膝元名古屋のお城を…とも考えたが、巨大都市の中を走るだけの精神力は残っていない。そこで家康出生の地、岡崎を目指すことにした。

070617okazaki_2

 鄙びた小都市を想像していたが、どうしてどうして我が相模原なんかよりも堂々とした街の構え。県庁所在地並みの風格を備えていた。お城のある岡崎公園の駐車場に入り、城内を廻る。「犬の立ち入りを禁ず」というイヤらしい立て札はなかった。うん、良い街だ。

070617okazaki_3

 岡崎城、徳川発祥の城とあって威風堂々としている。ところが、天守閣のすぐ下に神社が設けられていて本丸がやや狭苦しい感じになってしまっているのが残念。また、堀の周辺を歩いてみたが、天守閣を障害物なしに眺められるポイントが見つからなかった。大手門の方はとてもゆったりとした縄張りなのに、なぜ一箇所にこんなに押し込んだのだろう。神社だって、もっと広い敷地を備えていたほうが格調も高まりそうなのに。

070617okazaki_4

 お城に遊びに来た岡崎の子どもたちに囲まれるニッキ。君たちのご先祖は三河武士だったのかな。

070617okazaki_5

 犬の一生だって重き荷を負うて遠き道をゆくがごとし…だよね、家康さん。

070617okazaki_6

 木立に囲まれるようにして天守閣は顕に姿を見せない。

070617okazaki_7

 近くの水路で。乙川、矢作川に流れ込む小川だが、足を冷やすのにはもってこい。ニッキも一息ついているような晴れやかな表情。

070617okazaki_8

 復興なったばかりの大手門。いずれ差萌城を作る時の参考にしたい。

070617okazaki_9

 モヒカン少年と乙川ほとりで。この子はニッキのことを最初は怖がっていたけれど、ニッキがくんかくんか顔を近づけて友好的な態度で接すると、平気でさわれるようになった。

070617okazaki_10

 清涼な川と近代的なビル群。札幌や岡山を思い出す。名古屋という巨大都市が近いので、衛星都市に甘んじているのだろうが、歴史、風格いずれも一般的な県庁所在地に劣らない。

070617okazaki_11

 ニッキもモヒカン(笑)

070617okazaki_12

 手すり付きの沈下橋を渡って対岸へ。広い河原ではラブのトレーニングをしている方がいた。ニッキ、本日最後のクールダウン。

Higakiline2

Hotate12 Tsuboyaki Cyasyumen2_1 Matutake_osuimono1_12779 Unadon102_1   Maguro12_1 Namabeer20 Tako11 Geta1 Peace_ani_2 D_uni F_4_36_1 Purin D_akamaki  Ranking_banner_1 Ika11Maguro14_2 Atsukan Kazu11  Ebi12 Tamago11 Kappa13 Ikura11_1 

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (2) | トラックバック (1)

六甲散策

070617rokkou_1

 今朝はうんと早起きしようと思ったのだが、就寝時間が午前1時を回ってしまったこともあり、起床は7時を過ぎてしまった。旅装を整えてから8時に宿の駐車場を出て、標高800メートルの六甲に駆け上がった。繁華街三宮からわずか30分程度で箱根のような清涼な別世界へと突き抜ける。

070617rokkou_2

 サモ友銀河パパ&ママさんの山荘駐車場に車を停め、大河君と1時間ちょっと六甲山頂付近を散策する。Tさんは、かつてニッキの大叔父にあたる銀河君と一緒に暮らしていた。ニッキの表情に銀河君の面影を見てくれるそうである。六甲にいる間だけは、君は銀河だよ。

070617rokkou_3

 ここから東は遠く梅田まで、西は明石までが見渡せる。今朝は多少ガスってるが、夜明けと夕焼けの時間は最高だろう。

070617rokkou_4

 六甲ガーデンテラスの物見の塔に登ったニッキ。下からは大河君が「どう? 素敵な見晴らしでしょ!」

070617rokkou_5

 いいなぁ、ボクもここで暮らしたいなぁ。どれでも好きなお家をあげると言われたらどれにするか今、決めてるの。やっぱり夜景のきれいなお家がいいかな。

070617rokkou_6

 お洒落な六甲は自然も豊か。これが本当の六甲の美味しい水! 大河君も一緒に飲んでいた。

070617rokkou_7

 最初はニッキからガウガウしてしまったが、お散歩を済ませるといつの間にか緊張は解けてご覧の通り。そうそう、今月に新しい家族として迎えられたビアンカちゃんとシェリーちゃんは大河君の親戚さんでもあるんだよ。大河君そっくりのお父さん、ラン君はついこの間、ニッキの最初の奥さんであるノンノと結婚したんだよね。不思議なつながりのある大河君とニッキなのである。

 このお散歩の後、涼しい風の吹く山荘で、小鳥の囀りを聞きながら銀河ママさんの用意してくれた朝食を取り、ニッキもまた茹でていただいたささ身をぱくついて、正午過ぎに六甲を後にした。

※銀河パパさん、ママさん、大河君、素敵な山荘への招待ありがとうございました。またの関西訪問時にはぜひ寄せてください! とっても楽しい1日となりました。

Higakiline2

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穴子オフ!大盛況!

070616murotsu_1

 列島を横断して14時過ぎに室津へ。正午からのスタートとあって、すでに穴子オフの参加者の方々は満腹状態。とにかく喉が渇いていたので、烏龍茶を1リットルくらい飲んで人心地着く。もちろん自分より先にニッキにも冷たい水を。それにしても良いお天気になった。

070616with_blan

 ニッキもサモ友たちにご挨拶。まずは同郷のブラン君と。

070616with_lyre

 そして、初対面のライア君。ライア君は島根のサモ友のりん家の若サモちゃん。ニッキ、盛んに好き好き!をしていた。ただ、リオ君とは相変わらず超ガウガウの関係(笑)

070616ikutarou

 東の旅サモがベルク君ならば、西の旅サモといえば育太郎君だろう。ラーナ母さん譲りの優しい表情。今回は留守番、白夏の伯父に当たる。残念ながら、ニッキとは軽度のガウ。男の子だもんね。

070616ranruri

 とっても元気な蘭ちゃんと姪っ子筋の瑠璃ちゃん。蘭ちゃんとニッキ、今回はきれいなツーショットが撮れなかった。

070616anago

 ほーら、特大穴子!

 旅先という緊張感が無意識のうちに存在するのだろうか、バーベキュー会場ではこれだけの海の幸、山の幸、お肉の山と特製デザートに飽食するくせに、今こうして家に戻ってからブログなどをまとめていると無性に食べたくなってしまう。胃袋と時間の関係というのは実に意地悪だ。

070616ebi

 すごいでしょう! ぷりぷりの海老。こんな迫力ある海老そんじょそこらのスーパーなどではお目にかかれない。

070616with_moko

 動物王国のパエルちゃんの同胎。「も子」ちゃん。「一緒に踊ろう!」ニッキはパエルに対する気安さでアプローチを図るが、も子ちゃん、「いきなり何よ!」とカワイイ怒り顔。

070616gyakugire

 じゃあいいよぉ!と失礼なニッキ。も子ちゃん、ますますぷんすか!

070616chachamaru

 ちかごろ白夏っぽい態度、表情の茶々丸君。どうも同じ指導者(犬)の影響を受けているようで…(笑)

 いや~今日も会った当初から茶色かった(笑)。それでこそ茶々丸!

070616henteko

 パッと見、なんだかわからない写真。画像を拡大して片目を閉じ、茶々丸君の口を指で隠すと白駱駝がご覧になれます(笑)

070616with_gon

 威張りン坊ニッキも、若サモ時代に何度も叱られた大先輩の権ちゃんには下手にでるんだよね。権ちゃん、サモエド界の西の大親分だね。

070616with_leo

 今回の幹事を引き受けてくださったパンジャさん家のレオ君。ニッキは関西、中部、関東とどこでも会っている。モリ君と同じくらいツーショットの多い子かな。

070616four

 左からネージュちゃん、ブラン君、ラスター君、ニッキと、どらGON家出身の4頭揃い踏み。一番右側の権ちゃんは友情出演。5頭揃ってサモエド戦隊(どら)GONレンジャー! ちなみにラスター君はニッキと異父弟。目元がそっくり!

070616murotsu_2

 美しい室津の港。コンパクトカメラでもこんなにしっかりと撮れるのに感激。朝見た日本海と瀬戸内海。動と静の好対照。

070616mac

 マグプリ家のマック君。優しい無邪気な表情が撮れた。

070616dog_run

 オフ会済んで日が暮れて…。本日の投宿地、三宮まで神明道路を経由しようかと最初は思ったが、三木SAに今日のメンバーが集まると聞き、山陽道経由に切り替える。いつもであれば、西宮周辺の渋滞情報にはどきっとするのだが、この日はその前で逃げることができるので気が楽。

 犬たちは草の匂いを嗅いだり、一緒に駈けたりしてリフレッシュ。大きな落し物を済ませる子もいたが、暗闇で人の目には探すのが骨。高速道路は24時間開放されているわけだから、夜間のドッグランを制限したり、使いにくくしているのは疑問。煌々と明るくしなくてもいいけれど、落し物をしっかり回収できるくらい、夜のドッグランもある程度の照明が欲しい。それこそセンサーを付けて、動く物がいるときだけ照明を点灯すればよいのにな。

070616meshi

 21時過ぎに神戸北の坂ホテル着。ニッキ、空腹を満たす。あっ、客室に備え付けのこのお皿はイワンママさんにいただいたのと同じデザインだ!

Higakiline2

Hotate12 Tsuboyaki Cyasyumen2_1 Matutake_osuimono1_12779 Unadon102_1   Maguro12_1 Namabeer20 Tako11 Geta1 Peace_ani_2 D_uni F_4_36_1 Purin D_akamaki  Ranking_banner_1 Ika11Maguro14_2 Atsukan Kazu11  Ebi12 Tamago11 Kappa13 Ikura11_1 

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (9) | トラックバック (0)

鳥取砂丘

070616sakyu_4

 以前、のりんさんやけいちんさんと日御碕を訪れた時に、日本海をバックに撮影したニッキが美しかった。漠としてちょっと淋しさもただよう写真だったが、思えば、この海の遙か彼方に君の祖先の故郷があったんだね。

 今回、ニッキと砂丘を訪れるにあたっては、未だ自分も知らない名所を組み込んだのだが、砂丘とニッキ、そして日本海の取り合わせは―おおげさにいえば―予想を超える素晴らしいものだった。

070616with_rakuda

 鳥取砂丘のラクダ。撮影料100円というのはご愛嬌。むしろ気兼ねなく撮影できるし、ラクダにある程度ポーズも付けてもらえる。犬が近寄っても興奮したり攻撃したりということもなく、他方で、ある程度異種間交際術も身に付けているニッキの方も、取り乱したりせず、いつものように撮影に応じてくれた。ラクダ、サービスに自分の顔と腕を舐めてくれた。その後甘噛みされたが、まったく痛くなかった。観光化といえばそうなのだろうが、一生懸命動物たちが仕事をしていると、そしてそれに寄り添う人間たちも気の良い人たちだと応援したくなってしまう。

070616sakyu_1

 曇天であればもう少し滞在してもよかったのだが、砂丘を訪れたサモ友さんから肉球火傷と熱中症の危険性のあることを示唆されたので、砂丘滞在は正味30分程度という予定を組んだ。ニッキ、はやり暑かったのだろう。時々狂ったように砂を掘り始めたが、少し掘ると湿った砂が出てきた。動物ならではの勘で砂底から伝わる冷気を感知していたのかもしれない。

070616sakyu_2

 「馬の背」を目指すニッキ。すでに15分経過。暑いけれど、空が鉛色ではやはり良い写真は望めない。滞在時間を決めているので、ポーズが決まらなくてもそうそうダメ出しはできない。

070616sakyu_3

 「砂丘」ではなしに、「砂漠」らしきアングルを見つけて撮影。人のいない方角を狙う。

070616sakyu_5

 馬の背に登ると日本海が観望できた。透明な青のグラデーション。ニッキもこの大パノラマを楽しんでいるようだった。ここでニッキ、500ccの水を一気に飲み干す。昨日は天橋立でほとんど水を要求しなかったのに…。すでに砂丘にて30分は徒過している。もう少し、ニッキと日本海を眺めていたかった。が、幸せな思いが暗転するのは実に容易い。「あと少し」という思いが強まる前に、馬の背を下り始めていた。駐車場にて人用の足洗い場にニッキも浸からせてもらう。

 運転席からはバリケン内部のニッキの様子が見えない。鳥取から兵庫を目指す道のりで、信号停止の度に何度もテールゲートに回りこんでニッキの様子を確認した。お蔭様でニッキ、無駄なくらいのスタミナを残して無事に穴子オフの会場である室津に到着することができた。

※穴子オフは画像多数のため現在の通信環境では莫大な時間がかかってしまいます。よって、ニッキ本陣に戻ってからアップいたします。また、ここ数日の画像も増補し、誤った内容の記事(橋や川の名称)を修正しますからね。

Higakiline2

Hotate12 Tsuboyaki Cyasyumen2_1 Matutake_osuimono1_12779 Unadon102_1   Maguro12_1 Namabeer20 Tako11 Geta1 Peace_ani_2 D_uni F_4_36_1 Purin D_akamaki  Ranking_banner_1 Ika11Maguro14_2 Atsukan Kazu11  Ebi12 Tamago11 Kappa13 Ikura11_1 

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

宮津から出石・但東へ

070615izushi_1

 当初の計画では、天橋立を見たらすぐに但東町(現豊岡市)にある湯治宿に投ずる予定だったが、昼過ぎから宿の所在地を目指してしまうとあまりにも間延びしてしまう。かといって、鳥取砂丘まで長躯すれば宿の到着が夜中になってしまうし、往復の行程が半分以上同じ道路のなぞり書きになってしまうので、美しくない。

 そこで、次の日の朝訪れる予定だった、但馬の小京都と言われる城下町、出石(いずし)を訪れることにした。ナビが何を考えたか、非常に効率の悪いコースを選択した割には1時間ほどで出石に到着。都市部では非常に役に立つナビも郊外の道は意外と苦手みたい。

070615izushi_torii

 まずは出石城を廻る。神社の境内と城の縄張りが重なっている。

070615izushi_2

 石垣が可憐な花で覆われて、参拝客の目を奪う。ニッキまでが神々しい。江戸時代あたりに、こんな風にして神社にサモエドが現れたらきっと瑞祥とされたに違いない。

070615jinjya

 神社を守護するは、狛犬ではなくお稲荷様。関白太政大臣並みの正一位というのもすごいが、油揚げが好きだというのも面白い。キツネってえらいのに、庶民的な嗜好なんだね。

070615izushi_cooldown

 お堀に流れ込む清流でニッキはクールダウン。そんなにきれいではないのかもしれないが、ボトルから与える水よりこっちの方がお好みのようだ。

070615izushi_3

  武家屋敷や商家などが往時の雰囲気を伝えるように並ぶ。時代劇のセットのようで、実に奥ゆかしい街ではあるが、シンボルともいえる出石城の縄張りが昨年の台風24号によって壊滅的な打撃を受け、現在鋭意復興中という状況だった。平日金曜という割には街は賑わっており、ニッキも待ち行く人からかわいがられていた。

 出石といえば、お城の他に、もうひとつのシンボルがあって、藩士たちの登城時である辰の刻に太鼓を鳴らしたところから名前がついた「辰鼓楼」。和風時計台である。

070615izushi_4

 出石は美味しい「そば」でも有名だが、よく共倒れにならないなと思うほど、蕎麦屋がひしめいている。ニッキを連れていたこともあって、味わうことはできなかったが、この後、温泉や宿泊施設を持つ但東の公営施設に併設された食堂で、「赤花そば」というお蕎麦を啜ることができた。豆腐や蕎麦の美味さというものを論ずることのできる粋人ではないんだけれど、蕎麦を啜るたびに口の中に広がる酒粕のような香味があり(出汁の問題かもしれない)、悪くはなかった。

070615silkonsen

 ニッキには車で待ってもらい、20分のカラスの行水。陽は差していないものの、やっぱり心配だ。旅の間は万が一が百が一くらいの気持ちで行動してしまう。

 温泉は公営の「シルク温泉」。お湯は入っているだけで肌がつるつるになるのがわかるほど。溶けてなくなったりしないから大丈夫。いや、お腹のお肉だけ溶けてなくなってくれた方がよかったかな。

070615soba

 お腹が空いていたので、食べ終わってところの撮影になってしまった。撮ってから食べるか、食べてから撮るか。後者は無意味。

070615izushigawajpg

 暑くなってきたので、とにかくチャンスを見つけてはクールダウン! 出石川にて足を冷やすニッキ。今回の旅では、夏の旅行ということもあり、熱中症対策を第1に、胃捻転対策を第2に置いた。ただ、訪れるまちごとに獣医さんのリストを作っておくべきだったのに、その準備がまったくできなかった。これではいけない。

070615kodamasou_1

 出石を経由して15時過ぎに今日の目的地「こだま荘」に入った。田んぼの海に浮かぶように建っている。飲み物の自動販売機くらいしか置いていないのは、長期逗留の湯治宿という性格から。夜中にお腹が空くとちょっと切ないが、こういうシンプルな形態の宿はもっと増えてほしい。小さな蛾や羽虫くらいはいたけれど、それくらいは気にならない。幸いあの足の多いヤツとは遭遇しなかった。

 風呂上りでくたくたの体にふかふかのお布団というのはとっても幸せを感じる。

070615kodamasou_2

 ニッキ、何をやっているのか。下に敷いたタオルと備え付けのサークルの金具が相俟って、ニッキの似顔絵上半分みたいになっている。偶然だけどね。いまさらサークルかよ!なんて思わないで、おとなしくしてくれていたのでホッとした。疲れていたのかもしれないが…

 先ほど、20時過ぎに、宿の管理人さんの勧めで、近くを流れる小川の堤防に蛍を見に行った。薄黄緑色の光は思っていたよりもずっと強く、奇跡もハッキリしていた。以前は川面から蛍が涌いてくるかのように見え、地元の人間でさえ感動したということだが、蛍もまた台風23号の影響で、餌となる虫がいなくなり、激減してしまったらしい。今、有志の方が、蛍を育て、また昔のような蛍の乱舞する里にしようとがんばっておられるようである。さて、走り通しで疲れた。明日も早い。そろそろ寝よう。にくすけはもう健やかな寝息を立てている。

Higakiline2

Hotate12 Tsuboyaki Cyasyumen2_1 Matutake_osuimono1_12779 Unadon102_1   Maguro12_1 Namabeer20 Tako11 Geta1 Peace_ani_2 D_uni F_4_36_1 Purin D_akamaki  Ranking_banner_1 Ika11Maguro14_2 Atsukan Kazu11  Ebi12 Tamago11 Kappa13 Ikura11_1 

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

天橋立股のぞき~

070615yourou

 14日は気合の入った授業だったので、家に帰ってからもすぐに出発というわけにはいかず、自分なりにきちんと仕事の所感をまとめ、仕事から旅へと頭を切り替えてから家を出た。また、途中雨に祟られることを覚悟してニッキの排泄の時間を長めに取ると同時に、外食しなくて済むように自分もニッキも軽くお腹に詰め込むこととした。

070615asameshi

 結局、家を0時頃出たのだが、途中、足柄SAと三方原SAでニッキのトイレ休憩をそれぞれ10分ほど取るに止めて、中京圏をもっとも混雑のない時間帯にパス。途中渋滞もなく、岐阜県の養老SAに4時台に到着できた。普段ならここまでで軽く夜食を取っておくのだが、今回は缶コーヒーを1本飲んだだけ。夜明けと共に空腹を覚えてきたので北陸道の賤ヶ岳SAでみそかつ丼セットを朝食として取った。

070615nihonkai

 敦賀ICからは国道8号線を経て、原発を縫って走るような国道27号線に入り、久々に荒々しい日本海と再会した。まっすぐ第1目的地である天橋立を目指すはずだったのだが、「三方五湖(みかたごこ)」方面への分岐があったので、どんなところか確かめておこうとスケベ根性を出して右折してみた。

070615sakage

 地図上で見てイメージしたのとは異なって(松島みたいな感じかなと思っていた)、あるものは灌漑用水のため池のようであり、あるものは入り江のような感じで、統一感はまるでなかった。天気が良くなかったこともあるだろうが、富士五湖とか裏磐梯のようなお洒落な感じではない。むしろ、剥き出しの自然と人間の暮らしがぶつかり合っているような「生活の場」としての無骨な迫力のようなものがある。三方五湖にはそれぞれ名前が与えられているのだが、日本海と細長い陸地で隔てられたようなところもあって(早瀬だったかな?)、日本の国土が実にバラエティに富むものだと再確認できた。

070615mikatagoko

 ここは湖というより海の延長のような感じだった。内陸に入るにしたがって、田面とあまり変わらないような平板な大池といった風情になっていく(家に帰って調べたところ、塩湖もあれが汽水湖もあり、また水深38mあるものもあれば、2.5mしかないものもあり、最初に得た感触はそう当ての外れたものではなかった。が、天気がよければもっと素敵な場所に見えたはずである)。

070615monkey

 国道を時速60kmの定速で走る(1車線で追い抜きもかけずにずらーっと1列になって走っている)ので、燃費も良いし、時間効率も悪くはないのだけれど…)。ナビに導かれて、小浜の市街を出た辺りで部分開通している若狭道に入ってみた。山間部を縫って走るのでトンネルが多く、途中、トンネルを出るたびに激しい雨に叩かれた。雨の上がるのを待った舞鶴PAでは擁壁にわらわらと動くものが…。なんと日本サルだった!

070615amanohashidate_station

 途中のJCTから京都縦貫道路に乗り換えて、9時40分に天橋立に到着。ニッキと一緒としてはもちろんのこと、自分も初めて訪問したところ。京都のサモ友、権ままさんからもっと有益な情報を仕入れておくんだった。

 駐車場は数多くあれど、結局どこに車を停めてのがベストなのか皆目見当がつかず、天橋立の駅の駐車場を利用する。ただ、「30分以上の駐車はご遠慮ください」とあったので、律儀に30分ほど停めて、文殊堂の側から廻旋橋を渡って天橋立の先っちょに上陸してみた。

070615monjyudou

 駅から歩いて3分程度の「文殊堂」

070615kaisenkyou_1

 有名な「廻旋橋」。観光名所としてだけでなく地域の足(人や犬の通行、船の通航)としても重要な働きをしている。

070615kaisenkyou_2

 袂から見上げた廻旋橋。これが機械仕掛けとは、ど迫力。

 動く!廻旋橋にニッキもびっくら

070615amanohashidate_1

 お決まりの記念碑とパシャっ。たしかベルク君もここで撮ったはず。

070615amanohashidate_2

 この橋を渡るといよいよ天橋立。

070615amanohashidate_3

 砂洲から外洋方面を臨む。ここには容赦なく日本海の荒波が押し寄せる。

 後から思えば、文殊堂の駐車場に車を停めてレンタサイクルを借り(400円)、自転車曳きで橋立を縦断してしまってから傘松公園を攻略すればよかったのだが、後の祭りである。もっとも、この暑さではニッキがバテてしまう恐れもあるので決行するならちょくちょく海に足を浸すか寒い時期だね。また、観光客で賑わう前に到着したので、お店も閉まっていて権ままさんお勧めの「知恵もち」も食べ損ねてしまった。あ~、それじゃ、自分もにくすけもバカのままということなんだろうか…

 そういった情報収集の不手際もあり、あまり同じところで足踏みしていても得るものは少ないと考え、何はともあれ股のぞきで有名な「傘松公園」へ行こうという意思決定をした。これはサモ友夢さんからのアドバイスのおかげ。この後のスケジュールを大きく外さなくって済んだ。ただ、車での迂回路(天橋立の全長3.9kmに対して自動車の道は9kmある)はあまり情緒のあるところは通らない。町の名こそ「与謝野町」と美しげだが、町政のシンボルのような箱物の看板ばかりなのには辟易した。

070615kasamatsu_noboriguchi

 ケーブルは犬×。リフトは抱っこできる犬までね…。はいはい、ニッキは犬ですし、常識的に抱っこはしない犬ですね…などと「犬に厳しい観光地○○選」に選んだり(笑)、不貞腐れたりしなかったのは、入った(鶴屋さんの)駐車場の案内の方が、わんちゃんと上れる道はあそこから付いていますよと教えてくれたから。

070615kasamatsu_1

 雨で滑る階段の続く勾配はきつかったが、中年同士励ましあって20分足らずで頂上制覇だぜ。サモエド山岳部ゲリラ部隊の実力を出せばこんなもんだよ。登っている途中はハァハァゼイゼイだったけどね。

070615kasamatsu_2

 もうすぐ頂上という辺り。先がわからないのでここらが一番キツかった。実はあと1分ほどで頂上。

070615kasamatsu_3

 やった、着いたよ。お~、やっぱり橋立は上から見ないと何だかわからないよね。ぶらぼー。この辺りからぐんぐん青空が広がってきた。

070615kasamatsu_4

 ニッキ、さっそく股のぞき! 覗いているのはこれみつだが…

070615kasamatsu_5

 今度は天橋立の「付け根」の方から、つまり先ほど訪れた文殊堂に向かって少しばかり進入してみた。進行方向左側はほぼ日本海なので荒々しい感じ。右側は砂洲に抱かれた湖のよう。たくさん歩いたので、ニッキの足を日本海浸させながら歩く。塩水でも問題なしの簡便なクールダウン。天橋立、車は通れないが、125CC以下のバイクは通れる。橋立が単なる観光名所ではなく、自然のバイパスとして地元の方の生活道路、通学路となっているのには驚いた。

070615amanohashidate_4

 同じベンチからまず外洋側を臨む。かなり深く入り組んでいる湾なのに波が打ち寄せる。台風の時なんかはかなり怖いんだろうね。

070615amanohashidate_5

 こんどは砂洲を挟んでの反対方向の陸地側。こちら側は穏やかだが水が濁っていて、藻も生えていて生温そう。ニッキのクールダウンには向かない。ただ、全体としての天橋立は日本三景の名に恥じないなかなかの名勝だった。

 次にここに来たら、もうちょっとスマートに行動できそうだな。地元の人の散歩に間違えられるくらい。

Higakiline2

Hotate12 Tsuboyaki Cyasyumen2_1 Matutake_osuimono1_12779 Unadon102_1   Maguro12_1 Namabeer20 Tako11 Geta1 Peace_ani_2 D_uni F_4_36_1 Purin D_akamaki  Ranking_banner_1 Ika11Maguro14_2 Atsukan Kazu11  Ebi12 Tamago11 Kappa13 Ikura11_1 

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

因幡にっき

070614miokuri

 「紀伊にっき」と「因幡にっき」。どちらの旅程を採用するか最後まで迷ったが、久々に日本海方面をニッキと訪れたくなった。また、大和・紀伊方面には犬友さんが多いが、事前に十分な連絡をしておかなければ突然の訪問は迷惑だろうし、かといって素通りをしてしまっては義理を欠くことになってしまう。あとは、犬と宿泊できる施設や未踏地域の分布などを考慮して、天橋立と鳥取砂丘を行路に組み込み、サモエド界屈指の大イベント、室津は夢さん主催、パンジャさん幹事の「穴子オフ」へと合流することに決めた。次の室津訪問では、暗峠や十津川渓谷、和歌山城、伊勢を組み込んだルートを考えたい。

 すでにニッキも7歳。できればあいつの諸国漫遊のお供をしたいが、旅先での体調不安を押してまでは強行できるものではない。寂しいけれど、ニッキにはいつまでも、健康で穏和な楽隠居であって欲しい。「旅するサモエド」としてはあと2年から3年といったところだろうか。そう考えるとモロ母さんとの面会もあと数回しか叶わないということになる。山陰・九州再訪、北海道渡航は実現できるだろうか…。犬の寿命の短さは実に切ないけれど、だからこそ時の貴重を思い、深い絆で結ばれる相棒となれるのだろう。

 もちろん関東近辺のオフ会や避暑などは10歳を超えても付き合ってもらう予定。ただ、遠方への旅路はいずれ白夏が辿ることになる。

070614cards

 さてと、新しいバージョンのニクハクカードの印刷も終わったし、出発の準備もほぼ調った。衣類は少なめに、機材も少しずつコンパクトになってきた。北極探検に行くでなし、どうしても必要な物は訪れた街で調達すれば足りる。ニッキのフードと幾許かのお足があれば後はニッキとの旅の思い出を記憶に焼き付けるだけ。火の用心、鍵を掛けて小太郎のことを弟に言付ける。門を出づれば非日常の世界。虹の橋を渡った者たちとも旅の間は出会えそうな予感がする。

 それでは行ってきます!

*******************************************

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

*******************************************

| | コメント (4) | トラックバック (0)

記念品が届いたよ!

070614wonderfulwanko_5

 ローソン主催の「わんこのおやつ」というサイトの「みんなのアルバム」というコーナーで、ニッキと白夏が4月の「ワンダフルわんこ(テーマは“HAPPY”)」に選ばれたことはすでに報告させていただいたが、昨日、記念品が到着した。

070614wonderfulwanko_1

 いつもの郵便配達のお兄さんが届けてくれた。封筒を見てニンマリ。

070614wonderfulwanko_2

 ムツゴロウさん直筆のポストカードサイズのデッサン画とともに、入選写真をあしらったQUOカードが記念品。いい味出している素敵なプレゼントに感激! やるね、ローソン。

070614wonderfulwanko_3

 ムツさんの絵、白夏のやんちゃで好奇心たっぷりの目付き、ニッキのヘラヘラしたお人好しな表情が実によく表れている。いつか直々にお会いしてお礼を述べたいものである。できれば、描いてもらった犬たちと共に。

Higakiline2

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (8) | トラックバック (0)

おにぎり

070602onigiri_1

 旅行の際は「本物食」を、これは東京ムツゴロウ動物王国の石川さんの提唱するところ。ソーセージやおにぎりなどをいつもより少量与えることで、胃腸に負荷をかけないで済むらしい。この15日からニッキと西へ向かう。旅程の最後の方でどうしてもお腹の調子を崩しやすいので、今回はさらに工夫を重ねたい。

070602onigiri_2

 今までも、レトルトフードを持参したり、カリカリフードの量を少なめに、かつ食事時の水分は最小限に(これはクッキーさんから教えていただいた)したりと工夫はしてきたが、まだおにぎりを与えたことはない。おにぎりなら、コンビニ等で容易に調達できるし、ニッキと一緒に食べられる。ということで実地訓練。

070602onigiri_3

 ニッキが食べているように見えるが、実際に食べているのはこれみつ。

070602onigiri_4

 別にブログのためのネタ作りでもなく、また意地悪をしているのでもなくって、ニッキ、匂いを嗅ぐだけでなかなかパクリとやってくれないんだ。ご飯はアレルギーを防げる食品らしいが、匂いも少ないためか嗜好性は小さいのかもしれない。スープの実としてなら結構食べてくれるんだけどね。ロシア系だからやっぱり黒パンに肉のスープ、カタクチイワシなんかが好きなのかな。あ、ニッキは高知出身だから皿鉢料理に酔鯨か(笑)

*******************************************

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

*******************************************

| | コメント (9) | トラックバック (0)

白大福CM向け熱血演技指導

070610shirodaifuku_1

 ソフト○ンクの「Wホワイトプラン」「ホワイト24家族」のCMを当て込んでいたのに採用されなかったニッキと白夏親子、心機一転、今度は「白大福」メーカーに売り込みを開始。

 ニッキさん、お願いしますよ。え、こんな半チクな仕事引き受けないって? プロは仕事を選んじゃだめだよ。

070610shirodaifuku_2

 それじゃあ勝手にやるよ。こんなのどう? 「白犬も食べてるぞ、もぐもぐ。美味しいぞ白大福!」

 はぁ、コピーも含めてセンスゼロ? 全然ダメですか…。

070610shirodaifuku_3

 じゃあ仕方がない、ギャラのちょっと安い白夏を使おう。白夏も歌って踊れる役者が希望だって? CMだって立派な仕事だよ。そんな無気力じゃサモ俳優さんとしても売れないよ。

070610shirodaifuku_4

 おっ、ちょっとはヤル気になったかな。だからといって、それだとちょっと目付きがギラギラし過ぎないか? 流し目は必要なし。

070610shirodaifuku_5

 そうね、和菓子っぽくはんなりした感じは悪くないんだけど、ちょっとお高くとまりすぎているような感じだな。落雁とか干菓子なんかならいいんだろうけど。でも、「大福」の持つ、何かこう親しみやすさを表現してほしい!

070610shirodaifuku_6

 オッケー! これで行こう! 「白夏大好き、白大福!」

 仕事来ないかな。

Makidama

Flame14   Ranking_banner_1 Flame14_2

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Makidama_1

| | コメント (10) | トラックバック (0)

絶対サモエドですって!

070610aritasamo_1

 昨日七福神家より持ち帰りし有田焼きサモエドの置物。手作りで、一つ一つ表情が違う。どれもかわいいので選ぶときには迷ってしまう。

070610aritasamo_2

 何パターンか撮影モードを変えたので、とくとご覧あれ。とても滑らかな乳白色。

070610aritasamo_3

 商品名は「有田焼スピッツ」らしいが、どうみてもサモエドでしょう。まあサモエドもスピッツ系だし、「サモエド」では一般ウケしないから(お菓子の名前かなんかと間違えられちゃう?)タテマエ上はスピッツでいっか。

070610aritasamo_4

 あんまりサモエド、サモエドと言っていると、サモエドマニアの人だと思われちゃうしね。実態は似たようなものだけど。

070610aritasamo_5

 後ろから見たところ。

070610aritasamo_6

 ビーグルなんかもいるけれど、一応ここが我が家のサモエドハウス。仲良くね。

Higakiline2

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (8) | トラックバック (0)

帰路の訪問

070609fukkura_1

 T家からの帰り、横横道路から保土ヶ谷バイパスを経由して東名に入り、川崎ICからサモ友さんのお家を訪問。この写真を見ればもうおわかりですね。はい、七福神さんのお家です。

 「は~い、ご用件は何ですか?」と蔵之輔君(正しくは福丸君でした)が迎えてくれた。

070609fukkura_2

 「お母さんのお友達のこれみつです。実は、七福神さんが買い置きしてくださった有田焼のサモエドの置物を受け取りに来たんですよ」

 オフや集まりにお誘いいただいたのに、なかなかお会いできる予定が調わず、置物を預けっぱなしにしているのが心掛かりだった。ちょうどタイミングよく連絡を取ることができて、ニッキと白夏をお庭に招いていただいた。

070609fukkura_3

 ニッキと白夏をノーリードにして思い切って庭に放してやると、ほとんどガウガウもなく、4頭群れをなして楽しそうに走り回っていた。お互い乗ったり乗られたりするものの、順位付けというようなシビアな感じではなく、あくまで遊びの感覚のようだった。白夏までが福丸君や蔵之輔君に乗っかり、今度は乗っかられると素直にお腹を見せていた。

070609fukkura_4

 ふっくら兄弟と白夏3頭で遊んでいる最中、ニッキちょっと目を離してお庭の植木をクンクンしていたら迷子になって独りになってしまい、あわてて仲間を探してぶっ飛んで行った。

070609fukkura_5

 ふっくら兄弟とニッキの友好関係をこれからも深めたいので、ちょっとした弾みで険悪になる前にいったんニッキだけ車に退避させ、あとは白夏だけ残す。白夏は、昨年ふっくら兄弟と遊んでもらっているので末っ子みたいにかわいがってもらえる。

070609fukkura_6

 白夏、またおいでよと誘ってくれる窓の奥の目。蔵之輔君かな(こちらも福丸君でした)。

070609kaerimichi

 七福神さんの家から我が家までは「津久井道(世田谷街道)」を経由する。途中、道に張り付くように一杯飲み屋がある。何か不思議な懐かしい雰囲気の気になるお店。決してキレイな店構えではないがそこそこお客さんが入っている。

※七福神さん、今日はお忙しいところお邪魔しました。今度日を改めて遊びに伺いたく思います。ドッグラン&ドッグカフェのセットコースも良いですね。サモの置物、後日アップします。

Makidama

Flame14   Ranking_banner_1 Flame14_2

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Makidama_1

| | コメント (7) | トラックバック (1)

愛する娘たちへ

070609kazoku_shugou

 午後から旅立ちを間近に控えたZ市のサモ友Tさんご夫妻の家へ。ピンクちゃんはビアンカ、イエローちゃんはシェリーという素敵な名前をもらい、今月中旬までにそれぞれの家族の下に旅立って行く。

070609bianca_1

 今日はニッキだけでなく彼女たちの異母兄にあたる白夏も連れて行った。ふたりともシャンプー仕立ての「礼装」で。ラティス越しに義父の呑太さんに挨拶をしてからお庭に入れていただく。

 大きくなってかわゆさ絶頂のビアンカちゃんと…

070609shelly_1

 シェリーちゃん!

070609shelly_2

 ビアンカちゃん、シェリーちゃん、それぞれにファンクラブができそうなくらい、かわいさにも個性がある。

070609yukina_01

 でも娘たち、顔立ちはお母さんである雪菜ちゃん譲りか。もう少し成長するとどこかにニッキの面影が出てくるのかもしれないけれど…

070609sleeping_bianca_1

 ビアンカちゃんの寝顔。

070609sleeping_shelly_1

 シェリーちゃんの寝顔。子どもたち、たくさん寝てたくさん育つんだよ。

070609sleeping_bianca_2

 ビアンカちゃん、まだ寝ています。

070609shelly_3

 あ、シェリーちゃん、起きまちたねぇ~

070609shelly_01

 人間のお母さんに赤いおべべを着せてもらいます。きゃわい~!

070609shelly_4

 これがかわいくなくて何がかわいいだろうか! サモっ子よりかわいいのはサモっ子だけ! う~ん、奇跡のかわゆさだね。

070609yukina_02

 そりゃそうよ、私の娘たちなんだから。雪菜母さん、自信たっぷり!

070609bianca_01

 今度はネムネムのビアンカちゃんのお着替えです。ねむいよぉ

070609sleeping_bianca_3

 服を着せてもらってもまだまだ夢の中

070609bianca_2

 ちょび髭がかわいい白熊ちゃん。

070609shelly_02

 起きたら早速、水のみボウルにかわいいお手々を突っ込む。お米研ぎの花嫁修業?

070609sleeping_shelly_2

 はい、今度はシェリーちゃんの電池が切れました。

 ぴーっ充電中です。

070609yukina_03

 こんなに優しい雪菜母さんだけど、ニッキが近付いたらすんごくコワ~い顔をしたんです。ここにはアップしないから心配しないでね。

070609shelly_03

 ちょっと落ち着いて娘が気になるニッキ、シェリーちゃんの方に近付きます。シェリーちゃん、かなり不安な表情。

070609shelly_04

070609bianca_02

 ビアンカちゃんも目が覚めたかな。

070609tokkumiai

 多分世界一かわいい取っ組み合い。

070609bussyoku

 バッグを物色中のビアンカちゃん。おいちいものあるかな

070609nikkishelly

 ニッキ、シェリーちゃんに「幸せになるんだよ、脱走して心配をかけないようにね」と話しかける。

070609niikibianca

 そして今度はビアンカちゃんに「幸せになるんだよ、お部屋を水浸しにしないようにね」と。

070609nikkihakka

 今日は出番の少なかった白夏、かわいい妹たちにご満悦。

070609shelly_05

 シェリーちゃん、そうすると少しは涼しいのかな?

070609shelly_06

 あと何ヶ月すると新しい歯が生えてくるのかな。またどこかで会おうね、ビアンカ&シェリー!

※Tさん、今日も楽しい時間をありがとうございました! 呑太君、雪菜ちゃん、娘たちによろしく~。ニッキ、とっても満足そうな表情ですよ。

Higakiline2

Hotate12 Tsuboyaki Cyasyumen2_1 Matutake_osuimono1_12779 Unadon102_1   Maguro12_1 Namabeer20 Tako11 Geta1 Peace_ani_2 D_uni F_4_36_1 Purin D_akamaki  Ranking_banner_1 Ika11Maguro14_2 Atsukan Kazu11  Ebi12 Tamago11 Kappa13 Ikura11_1 

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (10) | トラックバック (0)

サモエド共和国移動体!

070608sagase

 3年前にちょっと作ってみようかなと思ってからほとんど放置状態だった「サモエド共和国移動体」。里親さん募集等の急を要する情報の他は、オフのお知らせページなんかも開店休業の状態で、作成者自身がその存在を忘れているような体たらくだった。

070908maro

 が、今回、「サモエド共和国移動体」を携帯でご覧になった方から佐賀サモレスキューに関するお問い合わせがあり、またカウンターも予想以上に回っていた。もともとこの携帯サイト向けにアップしようと思っていた画像フォルダを覗いたらリリース当初はそれなりの気概を持っていたようである。

070608osikko

 マーキング作業のためにエリアを闊歩するマロ親分、露天風呂オープン早々、自分のエキスを仕込もうと企むニッキ団の方(これは古いにきにき日記でアップしたかな)や

070609rotenbakaichidai

 ぁゃιぃ人なんかの画像があった。

※まあそれはそれとして、「サモエド共和国移動体」のコンテンツなんかもたまにはご覧ください。知らない間に画像の許容容量なんかも増えたようだし、提供されているBBSも使いやすいものになっているようです。もちろんPCからでもそれなりに楽しめますが、いつもPCの前に張り付いているわけにもいかないでしょうから、URLを携帯に送っておくと通勤通学時なんかの暇つぶしにはなると思います。

 いただいた情報のアップなんかも多少タイムラグがあるかもしれませんが、いずれは「携帯版救急ネットワーク」やらレスキュー時のチャットなんかも提供できればと思っています。こんなコーナーを作って欲しいとか、うちの子をもっとかわいくでっかく載せて欲しいとか、ちょっとわがままなご希望なんかも待っています。

それじゃ、よろしくね。

*******************************************

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

*******************************************

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「良質素材」勝手にレポ

070607oisikatta_1

 lunasmileさんの「サモエドが我が家にやってきた!」の雪菜っ&ニッキっ子画像にきゃいきゃいしながら「良質素材」の試飲もこなす。いやはや発泡酒だからなんてバカにできない。確実に味のレベルが上がっている。もっとも値段の方もビールに近付いてはいるんだけど、税金の分、素材の質を楽しんでいると思えば多少は憂さも晴れようか。
 いずれは自家酒造OKのサモエド特区を設立して、ニッキビールやチロルビールなど、テイストを競おうではないですか。もちろん無税でね。

070607oisikatta_2

 「良質素材」おいちかったです。(おい)

※「サモエドが我が家にやってきた!」lunasmileさん作成の特製壁紙はすんごくお奨め!

Makidama

Flame14   Ranking_banner_1 Flame14_2

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Makidama_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私きれい?

070607jyosou_1

 母のお下がりTシャツを着せられた白夏。ニッキと違ってすんなり着てくれるんだが、コートのボリュームがあるのでぱんぱん。とくにお洒落のためというのではなく、津久井での仕事が「穴掘り」なので、泥はね防止にシャツを着る。男性用下着よりかは見栄えがいいかな。

070607jyosou_2

 あたち、きれい?

Higakiline2

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (8) | トラックバック (0)

夕焼けニッキ

070603yuyake_nikki

 背景が映画のセットみたい。「悪い奴らをやっつけて、街に平和がやってきた」

 夕焼けニッキ今日も行く!のエンディングシーンといったところだろうか。

*******************************************

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

*******************************************

| | コメント (10) | トラックバック (0)

午後のひととき

070605oyako_1

 このごろとうちゃん、ぼくのこときびしくしかるんだ…

 ちょっとまえまではなにをやってもゆるしてくれたのに とうちゃんのごはんをよこどりしてもいいよっていってくれたのに…

 もうぼくのことかわいくないのかな…って

 そのときはちょっとはさ、かなしくってはら立つけどさ

070605oyako_2

 でもね、とうちゃんのことほんとうは大好きだよ

 だからずっとげんきでなが生きしてね

 もうすぐ父の日だから、てれくさいから今のうちいっとくね

070603crossing

 とうちゃん、チュッ

Higakiline2

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「凄味」勝手にレポ

070605sugomi

 発泡酒なんだけど、これは気に入った。旨い。そんなに苦くはないけれどたしかに切れ味はある。何を飲んでいるのかわからない不気味な感覚もない。アルコール分6%とやや高めだけれど、それで雑味を感じさせないようにしているのかな。ビールではないけれどビールと同等のアルコール飲料として認めてもいい。へゞれけサモ友のこじこじ教授の審査もこれなら通ると思う。今度はキリン「良質素材」を飲んでみよう。

Higakiline2

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

仲良くご飯

070604yugohan_1

 イワンママさんにただいたダイニングテーブル。ニッキ優先でこんな感じで使わせてもらっています。

070604yugohan_2

 もちろん、下の画像のようにニッキと白夏が入れ替わることもありますが(ニッキがパピー用フードを食べている)、あまり神経質になる必要もないですね。

070604yugohan_3

 イワンママさん、ありがとう!

Makidama

Flame14   Ranking_banner_1 Flame14_2

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Makidama_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハッカすっきり

070604shampoo_1

 カラーが摺れて痛いのか、筋を違えていたいのか引き続き気になるところ。白夏を気遣ってくださるコメントに感謝。

 昨夜は小太郎が上のフロアまでやって来てベランダで寝そべっている白夏を見舞いに来ていた。犬とネコの異種でも心は通じることがはっきりと確認できた。今日は午前のしつけ教室が終わってから、白夏をトリミングサロン「Wan's」さんへ。カラー周りの潰れた毛を丹念に解していただいた。

070604shampoo_2

 おしっこが付きやすいお腹の毛も部分カット。そういえば、白夏はまだ足を上げないでおしっこをする。津久井では足を上げることもあるが稀のようだ。

070604shampoo_3

 自室で優雅に寛ぐ白夏。サモ友七福神さんに倣って、家の中ではカラーを外すことにした。それだけでサモエドたちが周囲の空間を奥ゆかしいものにしてくれるような…

070604shampoo_4

 白夏、急に眠くなったのか、もう我慢できない…とストンと夢の国へ。

Higakiline2

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (7) | トラックバック (0)

本日は不調なり

070604training_1

 白夏、今日も首に力が掛かると悲鳴を上げる。しつけ教室を休ませようかとも思ったが、昨日に比べて元気もあり、行きたい行きたい!と催促するので、会場まで連れて行った。

070604training_2

 調子が出ないのは白夏だけのはずなのに、今日のニッキもトレーニングにまったく身が入らない。「フセてマテ」も途中数回も中断、ピーピーボールにも興味を示さない。呼んだらあらぬ方向に駈けて行ってマーキング…。彼らが悪いというよりはこちらの不安が態度に表れてしまったのかもしれない。次回は前期最終回。ちっとは気合を見せてもらおうか。

Higakiline2

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小ドライブ

070603in_car

 白夏の首の周りを触ったら「キャーン」と鋭い声。カラーが摺れたのだろうか。2頭引きリードに強い力が掛かって首の筋でも違えたのではないか…。夕方、いつもお世話になっている「よこやまだい動物病院」へ急ぐも日曜日の午後は休診だった。それで、よこやまだいのK先生に以前紹介していただいた「ゼファー動物病院」の分院「あいはら犬猫病院」が隣町の相原という所にあることを思い出し、車を走らせる。

070603hospital_1

 ニッキは通常の健康診断とフィラリア予防薬を貰うだけで良いのだが、念のためにフィラリア検査をしていただく。体重が増えていたのが嬉しかった。白夏、いったんカラーを外してから先生が首をゆっくりと上下に向けたり左右に回したりしていたが、そのときは痛そうにしない。再びカラーを着けて私が軽く引いたところ「キャン!」。もう一度丁寧に触診してくださったが、とくに問題はないでしょうとのことで、考えられるのは首周りの毛玉化したコートがカラーに引っかかるのではないかとのこと。

070603hospital_2

 明日にも、白夏をシャンプーに出し、首周りを丁寧に処理していただこうと思う。白夏もフィラリア検査は陰性。チュアブルを出していただいて帰途に就いた。 

070603hospital_3

 待合室で一緒になったベアデッドコリーの「クレア」ちゃん。4歳。ニッキ、待合室でも愛を囁く。もう少し息子の心配をしなさい。

070603latte_1

 「あいはら犬猫病院」のある相原十字路から車で3分くらいで、乳製品を販売するラッテというお店に着く。

070603latte_2

 ジェラートが有名で、それほど便利の良い場所ではないのに結構たくさんの人で賑わっていた。

070603latte_3

 ほほぉ、ここが足柄乳業の前線基地だったのか!

070603tadaima

 ただいま~

070603okaeri

 お帰り~

Higakiline2

Hotate12 Tsuboyaki Cyasyumen2_1 Matutake_osuimono1_12779 Unadon102_1   Maguro12_1 Namabeer20 Tako11 Geta1 Peace_ani_2 D_uni F_4_36_1 Purin D_akamaki  Ranking_banner_1 Ika11Maguro14_2 Atsukan Kazu11  Ebi12 Tamago11 Kappa13 Ikura11_1 

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Higakiline2_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バケツプリン

070603puttin_1

 仕事帰りに疲れた頭で買ってしまった特大の(´,_ゝ`)プッ陳腐りん、もといプッチンプリン。

070603puttin_2

 どれくらい大きいかというとこんくらい大きい。高さも携帯端末と同じくらいある。一度に食べて食べられない量ではないが、理性のどこかが注意信号を発する。が、情けないことに結局食べてしまった。プッチンはしない主義なので、次回は容器を再利用して自作してみよう。目指すはニッキ、白夏と一緒に食べるバケツプリン。

070603peropero

 カラメルがおいちいね。

070603hakkapc

 こんなこと書いてんのか…

*******************************************

Hanabi_5  Ranking_banner_1 Hanabi_4

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

*******************************************

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アラルとのお別れ

070602owakare_1

 8歳になるサモエドの女の子アラル。4月初めに患った急性膵炎からいったん回復して、膵炎に伴って併発した糖尿病と闘う日々を送っていたが、昨夜容態が急変して虹の橋を渡った。

070602aral

 上の画像はちょうど1年前のもの。午睡中のアラル。急性膵炎発症時、獣医さんからはあと1日と思ってくださいと告げられたそうだが、心安く過ごせる王国百友坊に戻ると目の輝きが戻ったそうである。それからの奇跡ともいえる50日…。病を得た後、投薬や注射の影響もあり、やつれてしまったようで、王国サモの中で一番優美な美犬アラルの面影はなかった。今の私を撮らないで…という思いが伝わってくるようで、カメラのレンズを向けるのが辛かった。アラルの心の気高さも知っている。それだけになお。 

070602owakare_2

 アラルとのお別れ。人にも犬にも慕われて…。普段、どちらかといえば淡白なエニセイが今日は自分にぴったりとくっついて離れなかった。アラルと自分に「大丈夫、アラルお祖母ちゃんの血は私が必ず伝えますから」と言っているように思えてならなかった。

070602owakare_3

 いしかわさん曰く、「私のけじめです」と王国3代目の親分候補であるオビを、母との別れに臨ませる。実質上の喪主ともいえるオビ。

070602owakare_5

 いしかわさんの気持ちを了解したのだろうか。オビ、凛とした表情。

 アラル、やすらかに

| | コメント (9) | トラックバック (0)

兄弟でRUN!

070602touchan

 本当は昨日わが家に帰ってくるはずの白夏だが、叔父夫婦が大磯まで海を見せにいったためもう1泊することになった。白夏、砂浜を勇んでギャロップしたそうである。

 昼過ぎに迎えにいったら、ニッキの背中にもたれかかって「父ちゃ~ん」とやっていた。今日は、お前の兄弟、プーシンカがドッグラン・プチに遊びに来ているんだってさ。さ、出発だよ。

070602puchi_1

 プチには、プーシンカ君以外に、サモエドのブラン君、瑠璃ちゃんが遊んでいた。白夏、早速プーちゃんの匂い嗅ぎ。あ、ボクと同じ匂いだ。昔一緒に遊んだ、なつかしい匂いだなぁ…

070602puchi_2

 プーちゃん、白夏とは同胎の兄弟だから似てはいるんだけど、生後9ヶ月も経つとそれなりに違いも出てくるようになった。でっちりの白夏(左)に比べてスマート。ただ、毛吹きはふたりとも大変よろしい。行動も、遊べ遊べと積極的な白夏に比べると落ち着いた感じがする。

070602puchi_3

 瑠璃ちゃんを挟んでプーシンカ君(右)と白夏(左)が並ぶ。遠目でも3男のプーさんの方が、長男の白夏より大人びているのがわかる。

070602puchi_4

 プーシンカさん、近影。額が広くって優しい表情。親ばかだけど父のニッキ似かな。

070602puchi_5

 かといって、ニッキほどガツガツしたところもない。サモエドの貴公子。

070602puchi_6

 よぉ、兄弟!と話しかける白夏(向かって左)。耳のぽやぽやがまだまだ遊び足りないやんちゃな性格をよく表しているようだ。白夏は男顔。真正面から見るとノンノ母さんによく似てるんだよね。

070602puchi_7

 アラルさんの出棺を済ませてからドッグランに戻る。単縦陣で行動するサモエドたち。

070602puchi_8

 プーシンカ君と相性の良かった瑠璃ちゃんのことを白夏もやっぱり大好き。瑠璃ちゃんは、昨日亡くなったアラルさんの最後の娘。白夏もアラルさんから見て曾孫にあたる。ふたり、きっと何かを感じて話し合っているんだろうね。

070602nonno

 発情の始まったノンノ母さん。白夏の元気な弟妹たちを産んでね。

*******************************************

Ranking_banner_1

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

*******************************************

| | コメント (2) | トラックバック (1)

土砂降り

070531doshaburi_1

 昨日はちょうど仕事場に向かう時間に大雨に降られた。

070531doshaburi_2

 それなりに生きてきたが、生まれてから一番凄い土砂降りだったんじゃないだろうか。もう確実に地球は狂い始めているんだな。

070531doshaburi_3

 ちょいと小奇麗に見える新しい建造物は意外と大雨に弱い。随所で雨漏りがしていたり、水捌けが巧くなかったり。

070531doshaburi_4

 ホームの屋根が掛かっていないところは川。

070531doshaburi_5

 エスカレーターの降り口上のダウンライトからじゃばじゃば水が落ちている。漏電しないのだろうか。電流が滝のように流れてきたらおっかないよね。この雨では留守中のニッキも排泄できずに困ったことだろうと思う。

Makidama

Flame14   Ranking_banner_1 Flame14_2

「にきにき日記」も「ブログランキング」に

参加しています

ひと思いにポチッ!とやってくだされば

元気がじわっ!と滲み出るというものです

Makidama_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »